2017年5月27日 (土)

イワヒバいろいろ 登録外品種4 5月

20170514tsukiorinishki1
 5月中旬の撮影です。名残紅が綺麗な「月居錦」。中日で培養しています。このピンクを感じる色合い、好きです。
20170514ao_ginseikan
 「青銀星冠」。青みの強い「銀星冠」ということでこの名称になったと思います。
「金星冠」と呼ぶ方もいらっしゃると思います。この時期、「銀星冠」が白さを増していくのに対して、黄色味の強い色あいですので、その名称も頷けます。
20170514fumei1
 これは何に見えますか??
 昨年、放置管理されて傷みが激しく、しかも名札落ちで品種が何が何だか分からないイワヒバを1ダースほど譲り受けましたcoldsweats01。ダメ元で植え替えして管理を続けておりましたら、葉が伸びてそれなりに色が出て来ました。
20170514fumei2
 上の株を横から撮影したものです。
「晃明殿」だと思っているのですがいかがでしょう?

| | コメント (0)

2017年5月26日 (金)

イワヒバいろいろ 登録外品種3 5月

20170507alps_no_hana
 「アルプスの花」。遠州のコボリ様が世に送り出した品種ですね。ジワジワとした成長ですが、ちょっとずつ大きくなっていますよ。アルプスの雪をイメージした名前でしょうか。白さが綺麗~。
20170507kintsuru
 「金鶴」です。この写真では分かりづらいかもしれませんが、地色の緑色が独特な色合いをしています。
20170507sumizome_no_fu
 「墨染ノ斑(太葉)」の名前で培養しています。

| | コメント (0)

2017年5月25日 (木)

魅せる

 宇都宮遠征は広報委員会の仕事がメインで訪れておりました。ですので、交換会では私は何も買っていないんですね。
 もうちょっと補足しますと、置場所がどんどん足らなくなってくるので、衝動買いを抑えるように自分を縄に縛りつけている気分ですsmile
 そろそろ売らなきゃいけないですかね、、、。
Rimg4110
 写真がないと寂しいので、化粧鉢。
 だんだん株が成長して大きくなってきたので、最近ちょっと大きめのものを手にいれました。3つ足で、青い花の絵柄、上面にも柄が見て取れるので、鉢自体の華やかさもアップしているように感じますnote

 イワヒバを始めたばかりの頃、先輩方から鉢の正面を教えて頂きました。まず、絵柄や模様がある鉢は、鉢の正面が分かるように出来ているそうです。続いて3つ足の場合は、1本が真正面で、残り2本が後ろになるように置くのが正解だそうです。
 確かに展示会や園芸関連雑誌で鉢の置き方を見るとそのようになっております。

 3つ足の位置で正面を決めた時に、鉢側面の絵柄でみた正面と一致していない時もあるようです。そういう場合は絵を優先するとか?

 鉢の正面を決めたら、次は植え付ける株の正面を決めることになります。株をぐるりと回して、一番見栄えが良い角度を決め、場合によってはちょっと傾けて植え付けることもするとか。鉢の正面と、株の正面を一致させて植え付けます。

 最後に化粧土。イワヒバは鹿沼土単体の培養が主体ですので、そのままですと黄土色~白色の土が見えることになります。一方、展示会では表土を赤玉土や桐生砂の小粒に替えたり、真っ黒な富士砂に替えると、暗い色合いとなって全体がひきしまり、イワヒバ本体が際だって見える効果があるそうです。
 ちょっとしたことかもしれませんが、これだけで見栄えが変わり、むむ、この人考えて用意したな!?ということに繋がるそうです。

(私はこのように先輩に習ったということでして、展示用の植え付けや見せ方には、培養方法と同じく、それぞれ異なったこだわりがあると思っています。そのような情報として読んで下されば幸いです。)

| | コメント (0)

2017年5月24日 (水)

宇都宮遠征のあとは

 5月に入ってから連日残業でブログに向かうのも実は億劫な状態なのですが、合間を縫って宇都宮に行ってきましたcoldsweats01。いいリフレッシュになりました。

 昨年、福島県南相馬市・須賀川市訪問でお世話になった釜爺様。そして釜爺様宅で一緒に夕食パーティに参加されたご近所のアスリートS様父娘(ヒバガールあゆみちゃんネ)、お顔からして富豪のオーラが出ているY様に再び会えました。しかもイワヒバ連合会に入会されて支部会員に!?あゆみちゃんはこの春、お仕事の資格試験に無事合格し、就職も決められ、加えてもう一つおめでたいこともニュースとして聞きました。まさに祝福の嵐です。こちらも幸せを頂いた気分。昨年同じく釜爺様宅を訪問した妻に報告したら、今回の再開を喜んでおりました。
 福島の超美味しいお酒”口伝秘蔵”の吟醸原酒「絞しぼり」を頂きました。でも手渡して頂いた時に、「福島の酒を一番美味しく飲むのはやっぱり福島で飲むことなんで」、というお言葉を頂いてしまい、これはもう一度いらっしゃい、ということなんですねcoldsweats01いやー、また訪問する口実が出来ました。

 他にも、栃木県S支部長、ヒバsuki様、I様、K様が会のスタッフとして汗を流しておられましたし、栃木のF様(イワヒバを運んで、車も運転されてお元気!)にもお会い出来ました。埼玉のM様、茨城のK様、N様、石岡イワヒバ研究所様、いわひばくにちゃん様、宮城のE様、初めてご挨拶がかなったヒバの杜様(私が想像していたよりお若くて、イワヒバに対してとてもエネルギーと意欲に溢れている方とお見受けしましたhappy01)。他にも普段お世話になっている方がいらっしゃいましたが、ゆっくりと話す時間を取れず、挨拶もままならない方もおり、大変失礼しました。

午後は広報委員会でS支部長宅に直行。イワヒバの写真撮影などをしてまいりましたよ。

 ところで、S支部長宅から自宅までの帰り道のこと。人生最大の渋滞に巻き込まれました。高速道路に入ったところで、前方で10台?の玉突き事故があって車線規制中とラジオから流れてきました。夕方の上りラッシュも重なり、渋滞ピーク時は5km進むのに2時間。逃げるに逃げられず、のろのろのろのろ。高速道路の脇の田んぼの是道を、カブに乗ったオジサンが颯爽と駆け抜けていく姿が、こんなに羨ましく思えたことはありません。。。
 S支部長宅を出たのが確か16時半、自宅についたのは22時でした。飛行機でしたら外国に行けそうですbearing

| | コメント (0)

2017年5月20日 (土)

イワヒバいろいろ 登録外品種2 5月

 本日、我が家のある市は29℃に到達しました。夏日ですね。暑いなと思っていたのです。明日も予報は29℃despair

 今年は気温が30℃に到達するまで寒冷紗をかけずに培養してみようと、心を鬼にして(?)培養していましたが、傷んでしまっては元も子もありません。ちょっと心配になってきたので、弱日クラスの品種の上に寒冷紗をかけました。

明日は宇都宮にいってきまーすhappy01

20170504tenjiku_no_hana
 「天竺ノ花」。昨年は日照不足でイワヒバの色の出が悪いと各所で話題になりました。作年、我が家の棚も全体的に良い色を出ておらず、「天竺ノ花」や「紅真珠」は青いままでした。今年はどうなるでしょうか、、。

20170504touryu
 「登竜」。立性の青葉もの龍葉品種。
20170507hanabotan
 「華牡丹」。愛知産とうかがっています。植え替えたばかりです。
20170507hanakirin
 「華麒麟」です。以前単頭づくりの「華麒麟」を実物で見たことがあります。直系は15cm位あったように思います。
20170507ryujin_no_mai
 左は「龍神ノ舞」。これは、「龍神閣」の常葉が消失して、龍葉だけになった品種といわれております。親の「龍神閣」同様、うねりや巻きのある龍葉が見受けられます。
 右は「紅神龍」。「紅王龍」が「神龍」のようにゆらめいているので、この名前が命名されたのかな?と思っています。どちらも登録外品種です。

| | コメント (0)

2017年5月19日 (金)

イワヒバいろいろ 登録外品種 5月

20170507yumegokoro
 「夢心」です。出芽時に龍葉が伸びて下垂しながら細かく分岐するようです。葉先が明るくなって成長を始めてまいりました。
20170507daikouhou
 「大晃宝」。昨年は弱日作りにしたせいか立ち気味に成長しています。斑をのせやすい品種なので今年はうまく色を出してみたいです。
20170507nichigetusei
 栃木県F様から頂いた「日月星」。葉先のチリチリが個性的ですhappy01。しっかり日を当てると斑も出るようです。私は中日で培養しているせいか、あるいは施肥が甘いのかほんわかとした色合い止まりです。ウデが悪い、ともいうのかもしれませんbearing

| | コメント (0)

2017年5月17日 (水)

いろいろ 5月(2017)

20170507iroiro3
 さて、このケースの中には、4号サイズ11鉢のイワヒバが写っています。
 遠州牡丹、神代錦、墨染ノ斑(細)、墨染ノ斑(中)、常磐獅子、宝牡丹、万華鏡(茨城産)、初音ノ華、白星殿(太)、赤富士、不二ノ旭。
 こうやってみると我が家は登録外品種の割合が多いと改めて思うのでした。

| | コメント (0)

黒姫山 5月(2017)

20170507kurohimeyama
 登録外品種「黒姫山」。「黒牡丹」の変異種です。姫性なので成長は遅いのですが、なんだかんだと6号サイズに到達しました。下葉に残っていた名残紅は色が褪めて緑を戻してまいりました。

| | コメント (0)

龍虎 5月(2017)

20170507ryuko
 登録外品種の「龍虎」。今年はうまく黄色くなってくれそうな印象です。
 立ち葉で、龍葉と少岐葉の混生葉です。成長したら、一本葉の占める割合が多くなる、とうかがっています。「空へ昇る黄色い龍の群れ」かっこいーhappy01

| | コメント (0)

富貴殿 5月(2017)

20170507fukiden
 定点撮影している我が家の「富貴殿」5月の姿です。4月では紅色をしていましたが、5月に入り黄色くなってきました。

| | コメント (0)

2017年5月16日 (火)

墨獅子 5月(2017)

20170507sumijishi3
 「墨獅子」の芽の間に詰まっている「苔」をひたすらピンセットで取り除きました。芽が苔で覆われ、つぶれそうになっていたためです。ごっそりとれた苔を見るとエアコンのフィルターを掃除したかのようで、気持ちもすっきりhappy02
20170507sumijishi1
 苔を取り除いた後の「墨獅子」です。でもこのままだと、おそらく、すぐに乾燥して丸まってしまいそうです。苔が保湿成分となっていたと思うのですが、幹が剥き出しになり、根が露わになっています、、、。
20170507sumijishi2
 上から撮影した写真です。この後、夢想とケト土を混ぜたものを隙間に詰め込んで、根を保護しました。
 5月はイワヒバの活性が高く、一ヶ月後に梅雨を控えています。イワヒバを傷めそうな荒療治はこの時期に済ませるようにしています。

| | コメント (0)

黄真龍 5月(2017)

20170507oushinryu
 愛知遠征で手に入れた「黄真龍」。龍葉傾向の強い黄真龍を探していたので、迷わずゲット。成長は早いです。

| | コメント (0)

«金麒麟 5月(2017)