« 幸ノ華 6月(2013) | トップページ | 龍虎 6月(2013) »

2013年6月16日 (日)

ふ~!

 とりあえずベランダで培養している巻柏の植え替えが一通り終わりました(100鉢くらいかな)。毎年、植え替えというイベントをやっていると、段々手を抜くことを覚えてきますね
 植え替えしなくてもすぐ枯れはしないとある程度分かってきたのですが、やはり巻柏クンは良い顔をしていません。植え替えた方が成長は早くなるし、調子も良くなりますね。特に小苗や成長の早い株は、年に2,3回植え替えた方が良い結果になると思っています。
 植え替えたいのはやまやまですが、「植え替える」 = 「鉢が大きくなる」 = 「置き場が減る」 となりますので、ベランダ培養をしている私にとって気分が乗らない時があります。また仕事の合間に断続的に植え替えしていると、植え替え作業に時間をとられ、なんとか手軽に済まそうとするワザ(怠け?)を使うようになりました。

手抜きワザ1:
植え替え時に根鉢を崩さず、一回り大きな鉢にスッポリと入れて、土と肥料(マグアンプ)を足す。

手抜きワザ2:
表面の汚れた土だけへらで削ぎ落として、新しい土(小粒)を入れる。薄いプラ鉢やビニル鉢の場合はワシワシと鉢をもんで、根鉢を崩します(通気性を良くするため)。マグアンプを表土にのせて指でギュッと押しこむ。

手抜きワザ3:
植え替えずに葉切りする。切る長さは私の場合、元の長さの3~4割カット。上記と同様に表土に追肥(その年は成長の勢いがそがれると思います。当然見た目は悪いのですが、古い葉に行く予定の養分が新芽に注がれるので、新芽がリフレッシュする(斑のりが良くなる)効果があるともいわれています)。

手抜きワザ4:
4~6月の植え替えはあきらめて、表土に追肥のみ。秋に植え替えする(いや来年か?)。

 あまりお薦めすべきワザではないのですが、こんなやりくり方法でなんとか巻柏ライフを続けているあかぴょんでした。今回手抜きワザで済ませた鉢は1割位でしょうか。なお小苗や、表土が汚れて根詰まりした鉢は優先的にしっかりと植え替えるようにしています。第二作場はまだ半分位手をつけていないのですが、梅雨明けまでにある程度は終わらせよう、と目標にしています

|

« 幸ノ華 6月(2013) | トップページ | 龍虎 6月(2013) »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。