« 夕映 7月(2013) | トップページ | 玉宝 7月(2013) »

2013年7月15日 (月)

梅雨明けしたら猛暑で

人も巻柏もまいっています。
 先週はとにかく暑かったです。東京でも35度近辺に到達する日々が続きました。夕方に、雷を伴ったゲリラ豪雨が何度か襲来しましたが、我が家のベランダ環境は軒下に棚があるので、実はほとんど濡れません。夜に帰宅して棚を見ると何鉢かくるんと丸まっています。

 梅雨明けの今時分がきついです。私が培養1年目の初心者の頃は、ここで迷宮に入りました。水をあげればいいのかそれとも蒸れているのか、日が強すぎるのかそれとも日照不足で肥料負けしているのか、、。

最近なんとなく気をつけるようになったのは、
・梅雨の間にのびのびと成長して柔らかい新芽が出ているところに、ガツンと強い日射が降り注ぐ状況は良くない。
・水を沢山あげる = 肥料が溶け出す = 肥料過多。
・無遮光培養をしていると、日照時間が短くても傷むときは傷む。
・成長が旺盛ではない(日照時間が足りない、株が弱い)なら、頑健な品種もデリケートに。

 当初教科書通りに当てはめた世話をしていましたが、最近は一鉢一鉢の状況を見て少し調整を心がけるようになりました。

 なんて書いているとうまく培養しているように聞こえてしまうかもしれませんが、現在我が家のベランダはこの暑さに加えて、ヨトウムシ(ハスモンヨトウ)がついてしまって、四苦八苦しているのでした

|

« 夕映 7月(2013) | トップページ | 玉宝 7月(2013) »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。