« 久慈川のいのち | トップページ | 11月 玉獅子 »

2013年11月10日 (日)

高圧洗浄ノズル

 株立ちになった巻柏の幹(根塊)に絡みつく苔や、表土にはびこってきた細長い苔を除去するために、便利なグッズがあります。最近巻柏愛好家の間でジワジワと利用者が増えてまいりました。
Pa280290 Pa280293

 これは東京支部のS様がご自身で試行錯誤しながら作製されたものです。よってお店に行っても見つけることはできず。S様にお願いするしかありません。私も評判を聞いてS様にお会いしたときにお願いしたら、持参されていたのでその場で手に入れることが出来ました
 ペンシル型ですので手元に収まり、水流調節もできるので細かい作業ができます。そしてブラシ等で取るより作業が早いとの評判です。

※なお、S様が自作された部品は白い2本のノズル(プラスチック部分)で、それ以外はホームセンターで自己調達する必要があります。

・孔径の異なる二本のノズルが一組でセットになっています。
・水流の強さをコントロールするためのバルブをとりつけています。
・先端のノズルが水圧で(ミサイルのように)飛ばないように、ホースバンドで留めることをS様は推奨されていました。
・二種類のノズルを使い分ける際に、ホースバンドをいちいち外すのが面倒くさいので、それぞれのノズルに調節バルブを用意されている方もいらっしゃるようです。

-------------------------------------------------
 ところで、この週末9日、10日は東京巻柏愛好会の展示会です。これが終われば、私にとって今年の巻柏イベントは無事終了を迎えられそうです。後は、巻柏に水をたまにかけながら、12月まで紅葉を楽しもうと思っています。展示会の様子はまた日を改めてご紹介したいと思います。

 本日は、勿論会場でS様にお会いしました。昨年は都知事賞を取られ、「北杜錦」も審査パスして登録されたというWオメデタのS様です。釜爺様のブログの中で「北杜錦」が紹介されていることを、S様にお見せしようとインターネットを立ち上げたところ、釜爺様がタイムリーに「S様作製の高圧洗浄ノズル」も紹介されていたので、話が弾みました^ ^。
http://25960743.at.webry.info/201311/article_25.html

 

釜爺様のブログの「大株の植え替え法」という該当記事で、先ほどコメントを書き込んだのですが、私の方法がひょっとして悪かったのか反映されていませんでした。この記事と重複したことも書いていますがご容赦ください。

|

« 久慈川のいのち | トップページ | 11月 玉獅子 »

日記」カテゴリの記事