« 伝統園芸植物@牧野2 | トップページ | 富貴蘭 「朱天王」 »

2014年6月23日 (月)

棚が出来ました

20140620balco
 棚と寒冷紗を張るフレームを設置するために頭を悩ませていました。納得のいく図面を書くのにまず時間がかかり、次に資材を選んで調達するのに時間がかかりました(優柔不断なA型の悲しい性です)。

 現在、棚とそれを置く台がようやく設置されました。棚は耐久性の高いアルミボードとしました。そして、足下がコンクリなので真夏の直置きは危険だと思い、棚を浮かせるために台を設置しました。これもブロックを置くのが手っ取り早く安価に済むのですが、それほど棚を高く持ち上げる必要はなかったので、ホームセンターの園芸資材コーナーで販売している木目調のプラスチック素材を選びました。軽いことに加え、積み木のようにつなげたり伸ばしたり出来るので形が自由に決められます。

 中央の空間にも棚を設置予定ですが、これから寒冷紗フレームを作るための作業場所が必要なので、とりあえずまだ残しています

 当初、フレームは塩ビパイプで組むことを考えていましたが、軽いので躊躇しました。突風が来たら、寒冷紗を帆にして凧のように飛んでいってしまう気がしたのです、、、(それは怖い)。いろいろ調べていくうちに、中は金属、表面はプラスチック加工の「イレクター」という素材が目をひきました。ジョイントやオプション(フックや補強パーツなど)が多数取りそろえられ、パイプの切断もできるので、自在に組み立てがしやすいものです。適度な重さと強さに加え、後は見た目が綺麗という点がお勧めポイントでしょうか(塩ビ設計より高くなります。広い庭だったら、コストが高いので採用しなかったと思います)。これもやっとすべてパーツを手に入れたところで、後は組み立てるところまで来ました

 フレームが出来るまでの現在、どのように遮光管理しているかと言いますと寒冷紗をそのまま直接巻柏の上からかけています。意外と大丈夫ですが、頂上部分を寒冷紗で押さえつけられているので、早く解放してあげたいです。

 そんな理由(ワケ)で、培養中の巻柏の写真撮影が出来ていません

 そんな中、ウチョウランが綺麗に咲きほころびました。こればっかりは是非写真に収めておこうと思い、夜に室内に持ち込んで撮影してみました。
20140620uchourans
 これらは昨年茨城県のS様に無理を言って分与いただいたものです。私は初めて世話するので、年が明けてからというもの本当に芽が出てくるのか、花は咲いてくれるのかと結構冷や冷やしていました。つぼみが上がってからずっとワクワクしていたところでして、ついに無事咲いてくれましたやっぱり綺麗ですね~。可憐です。化粧鉢に入れてあげたいっ。
20140620lip1 20140620lip2

20140620purple1 20140620purple2

20140620uchouran4 20140620uchouran3

20140620uchouran5 20140620uchouran6

※ウチョウランは写真に撮るのが難しい、とS様からお言葉頂きました。カメラの特性が影響するのか、光の加減なのか、”機械の眼”と”ヒトの肉眼”で見た色がだいぶ違うように思いました。

|

« 伝統園芸植物@牧野2 | トップページ | 富貴蘭 「朱天王」 »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。