« 棚が出来ました | トップページ | 屋久島 6月(2014) »

2014年7月 1日 (火)

富貴蘭 「朱天王」

 このブログは巻柏を中心に記事を書いているブログですが、この春先に手に入れた富貴蘭が咲いたので、記事が古くならないうちにちょっとご紹介を。

 ホームセンターに並んで売っていたものです。私は富貴蘭の世界をよく知らないので品種が正確かどうか、”性”の良い物かどうかは判別不能です。(ホームセンターで売っている巻柏にしても、お客さんが勝手にラベルを間違えて差し直したり、苗を大量生産する過程で良い”性”も悪い”性”も混ざることがあったりして、目利きじゃないと良い物は手に入れられない可能性があるとたまに話題になります)。

でも私には、”初”の富貴蘭なのでわくわくしながら咲くのを楽しみにしていたのでした。
20140629shuten_nou1
 これ一鉢だけですが、無事咲いてくれてうれしいです。「朱天王」という赤系の花が咲く品種とのことです。開花と共に”富貴”な香り(!)を楽しむことが出来ました。紫から白に変わるグラデーションと、花弁の表面がパールのように白くきらきら光る姿は美しいです。
20140629shutennou2
 この尻尾のようにひょろりと伸びた部分を確か”距(きょ)”と呼ぶと聞いたことがあります。”距”の蛍光色のような紫が目をひきました。花茎のワインレッド、”距”の淡い紫そして花弁の白にいたるグラデーションは美しく、バックの葉の緑に映えていました。
 もしかしたらもっと濃い色になるのかもしれませんし、つくりも悪いものかもしれませんが、初めて手にした富貴蘭の開花は嬉しい体験なのでした。
 富貴蘭は花もさながら、葉の部分にこそ鑑賞価値を見い出す世界とも思います。私は巻柏だけでも十分に頭がパンクしそうなので、これ以上新たな世界へ足を踏み入れないように自制しておこうと思います

|

« 棚が出来ました | トップページ | 屋久島 6月(2014) »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。