« 大星光 9月(2014) | トップページ | 第二作場からイワヒバを移動しました »

2014年9月 8日 (月)

春日局

 過去のフォルダを整理していたら見つけてしまいました。

「春日錦」の細葉変化種の「春日局」です。5月撮影。
201005kasuga_no_tsubone_n2
 細葉で枝組みは粗く、「春日錦」に比べると中葉~大葉の部類でしょうか、
平性あるいはやや弓なりにしなる(やや垂れる)ような性質もある気がします。また、春先や秋は、緑、黄色、赤と賑やかな色合いになると思います。※画像右上は「鳳冠」です

201005kasuga_no_tsubone_n1
 なぜこんなに沢山あるのか、、、?
 それは親元のN様のお棚だからです。2010年に訪問した時のことで、撮影者は私です。その後N様は巻柏の世界から退かれてしまい、巻柏愛好家の皆さん(特にネット上でN様の巻柏の講義をおおいに楽しみにしていた方々)の間に落胆の声が広がりました。そして今もなお”出来るならば戻ってきて欲しい”という気持ちで充ちているだろうと推測します。

仙人様、戻ってきて~
(って、仙人様のことだから、女性の声じゃなきゃ振り向いてくれないのかもしれません

 「夕映」、「華麒麟」、「鎧扇」など、登録品種にあらずとも知名度、人気を博す品種を多く世に送り出しています。この「春日局」も、最近愛好家の間で注目度が高まっていると感じます。
 この撮影をした時、N様は子苗を作っていないと仰っていた記憶があります。そして、そのまま管理放棄の道を選ばれたので世の中に残る「春日局」の数はあまり無いことがうかがえます。

201408kasuga_no_tsubone
 これはとある場所で撮影した「春日局」。夏の姿です。綺麗だなあ
銘品の一つと思います。登録外品種ですが、後世まで受け継がれて欲しいと感じるのでした

|

« 大星光 9月(2014) | トップページ | 第二作場からイワヒバを移動しました »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。