« イワヒバの全国展2014は今月26日(日)まで開催しています | トップページ | 2014巻柏の全国展示大会 後記2 »

2014年10月28日 (火)

2014年巻柏の全国展示大会 後記

 今日三重県尾鷲から戻ってきました。仕事です。全国展の片付けが終わってから、撮影写真を整理して、その後出張準備をして三重に向かいました。どたばたして、ろくにお礼の返事やブログメッセージを残せず、このたびお世話頂いた方には失礼いたしましたm(_ _)m。
-----------------------------------------------
 巻柏の全国展示大会が先の日曜日(26日)に無事終了しました。

 最終日は、植え替え講習会、都知事賞授与ならびに表彰式そして搬出日でもあり、全国のイワヒバのベテランの方々が一堂に会しました。
 ここぞとばかりにイワヒバ談義に華が咲き、普段会えない遠方の方々と楽しい時間を過ごすことが出来る日でもあります。展示会自体も盛り上がりをみせ大きな問題も無く無事終了することが出来たと思います。搬出作業や会場の清掃・片付け、車の誘導は地元東京支部の重要な役目でもありますが、参加された皆様のご協力を頂き、スムーズに進めることが出来ました。一支部員ではありますが、この場を借りてお礼を申し上げます。

表彰式でO副会長の講評にもありましたが

・WEBサイト開設などインターネット情報を通じて展示会に来られた方がいらっしゃったこと(秋の薔薇フェスタの開催期間に重なっていたこともありますが、天候にも恵まれ確かに来場者は多く賑わっていたと思います)。

・展示品の脇の札に、入賞、品種名及び出品者の他に、所属支部の都道府県名を加えたことで、全国規模の展示大会であることが一般来場者にもご理解頂けたであろうということ。

・<創作の部>は、これまで「石付け」を基本としていたが、解釈を広げた。今回「懸崖づくり」という大作が審査委員の目にも素晴らしい作品として評価され、見事「特別最優秀賞」に受賞したこと(これは一般来場者にも、イワヒバでこのような創作が出来るのだという声が聞かれ、新たな視点が出来たという点で喜ばしい)。

・出品数が去年より増えたこと。去年が約110で今年は約180であった(審査員の方は大変かもしれませんが、全国展の盛り上がりと共にレベルの高い戦いになるということでもあると思います)。

 さて私の話をしますと、今回の全国展では「丹頂」、「華鳳」、「銀星冠」を持参した結果、3つとも展示されることとなりました。大きい古木ではなく、また1位(特別最優秀賞)ではないのですが、愛培品が展示されるのはなんだかんだと自信になります。これからも頑張ります

 そして会場で話しかけて下さったり、お土産を下さった方に。

苔松様へ。自宅で採られた柿や柚を会場係で汗をかいている東京支部の皆さんで分けて下さいと沢山持ってきて下さいました。ちゃんと皆で分け、有難く頂戴いたしました。代表してお礼を述べさせて頂きます。有難うございましたm(_ _)m.

U様へ。遠方から車でいらっしゃり、帰りもさぞや大変な道中であったと思います。手土産で頂いた濃厚なエビのおせんべい、美味しゅうございました(妻がエビ好きで、知らぬ間にパリパリ食べています)。秋空の下、F様やヒバsuki様と共に外のテーブルでお茶をしながらイワヒバ談義が出来て楽しかったです。

F様へ。交換会などで会う機会は多いのですが、いやはや、いつも手土産をいただいてしまいまして、申し訳ありません。今回もまた貴重なニホンミツバチの蜂蜜を分けて頂きましたm(_ _)m。F様のように巻柏界に長く身をおかれている方のご意見には、本に書かれていない重要な情報が沢山含まれています。またご教示下さい。

D様へ。全国展ではいつも話しかけて頂き有難うございます。そしてブログの細かいところまで見て頂いて恐縮です。イワヒバの棚をペンキで塗った話や、イワヒバのゲノム(遺伝子)について書いた過去の記事等、D様から頂く視点とコメントは鋭く、私もハッとさせられます。さらに、苔松様の田んぼに立っていたジョアンナ(マネキンのかかし)の命名は「良かった」と仰って下さったことが、私の中身も深く理解して頂けたようで嬉しかったです。今度ジョアンナの生い立ちと恋人について考察したいと思います。

 文爺様へ。まずはおめでとうございます(これは新年度になってからのお話なのでまたその時にですね)。初めてお会いしたのは2009年の水戸植物公園の巻柏展示会でした。時間が経つのは早いです。石岡へのお誘いと貴重な品を有難うございます。以前、釜爺様やS様とお邪魔した時は時間が限られていましたが、また今度お邪魔出来る機会があるときはじっくり見学させて下さい!

 T支部長様。「いいじゃ、ないの~」、「ン駄目よ~~、駄目駄目っ!」。今年はもうこれに尽きますね。栃の葉会S会長は「うわっ、気持ちわりーなぁ。」と身をかわされていましたが、私はそんなT支部長が大好きです。インターネットで「日本巻柏連合」を検索しようとすると予測変換で「日本エレ○テル連合」が出てくるので私も以前から気になっていました

他には、滋賀のT様、Y様、愛知のH様、埼玉のK様、茨城のTa様、N様、K様、Te様、栃木のS様、K様、ヒバsuki様、栃木・茨城に所属されているKo夫妻、三重のO様、静岡のH様、F様、東京のO様、Sh様、Sa様、E様、T様等々、多くの方とご挨拶や巻柏談義が出来ました。まとめてのお礼となりますが、皆様どうも有難うございました。

 今回、会期最終日に私に連絡なく、妻が不意に会場に現れたのが何よりビックリしました。しかも私は外でF様、U様、ヒバsuki様とお茶しながらのんびり話をしていたのです。その間(30分位?)にあかぴょん妻の相手をして下さったのが苔松様!m(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m。会場に戻ってみると苔松様から「待っている方がいますよ。」と言われて指し示された方向に、女性の姿を通り越して男性高齢者の姿を探していました(巻柏界ですから)。今でも変な汗が出てきます。「来るなら来るって言ってくれー。」と思ったら、携帯には既に着信履歴が沢山あって、、、。私はこのとき、携帯電話を携帯していなくて、、、。
 釜爺様のご尽力もありまして、妻や妻の音楽活動のことを知っている方は知っている状況にあります。せっかくの機会ということもあり冷や汗をかきながら挨拶して廻りました。

 全国展の様子を画像で紹介したいところですが、今回は文字情報だけとなってしまいました。なかなか画像編集の時間がなくて。そうこうしているうちに、東京巻柏愛好会の展示会が11月8日(土)、9日(日)に決まりました。いつもの八王子市、中野市民センターです。こちらの準備もしなければ~。

ということで、今日は長文となりましたが、以上です!

|

« イワヒバの全国展2014は今月26日(日)まで開催しています | トップページ | 2014巻柏の全国展示大会 後記2 »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。