« 夕映 11月(2014) | トップページ | ベランダのイワヒバ培養 【1】、【2】 »

2014年12月30日 (火)

2014年もあとわずか

 2014年も残すところ後わずかとなりました。明日は更新できる余裕が無さそうなのでこの記事が今年最後の記事になります。

 2014年を振り返ってみました。

 今年は春に引っ越したことが私の中で大きなトピックでした。物件探しは、間取りや駅からの距離など、妻と共に何度も相談しましたが、私の提案した条件の一つとして「イワヒバを培養できるスペースを確保する」ことが大きな位置を占めていました。自分でも、まさかここまで入れ込むようになるとは思っておらず、我ながらびっくりしています。そのおかげもあり、今年は以前よりも色をのせるイワヒバが増えたかな、と感じています(環境の変化で傷んだものもありますけれど)。
 旧居のベランダに比べると日照時間は長くなりました。また、張り出したバルコニータイプなので、これまでの軒下培養と異なり雨にあたるようになった事は利点に感じます。一方、以前のベランダより高階層になったので、風当たりが強く、土が乾きやすい事はやや難点に感じています。
 この1年間を過ごしてみて置き場の環境がだいたい解ってきました。夏至と冬至の日差しの入射角、台風や大雨に遭った時の状況、真夏日の土の乾き具合、これらは培養する上で大きなキーポイントと考えています。来年は置き場所や水やりなど、もう少し工夫出来る余地がありそうだと感じています。頑張るぞ~。※ 以前までの雨の当たらない軒下での培養方法のコツは、それはそれで何かのお役立ち情報になれば幸いと思い、年明けにでもまとめて書いてみようと思います。

 今年は、連合会の仕事に大きく関わる年でした。連合会のWEBサイトを立ち上げるという途方もない命題をかかえる委員の一人に選ばれてしまいました。結果的に多くの方のご協力と応援を受けて、連合会のWEBサイトが2014年9月23日に理事会で承認され、一般公開されました(私の中で忘れられない日です)。
 本件はこれまでに一部の理事の方々の間で何度も声を上げてきた課題であり、盛り上げた空気が熟成して、連合会としてGOサインが出た事が何よりも大きな到達点であったと思います。レールがなければ電車は走りません。最初の起案から実現に至るまで、何年にも渡り、浮かんでは消えを繰り返しながら検討が重ねられたとうかがっています。新しい風を呼び込むために多大な努力をされた歴代・現役の理事の方々に敬服いたします。貴重な機会に参加させて頂いたことを有難く思います。

 日本巻柏連合会のイワヒバカレンダー(2015年用)の作成も、今年の課題として取り上げられ、限られた時間の中で打ち合わせをしたり美術品を持ち寄って撮影会を実施したりしながら、見事完成するに至りました。素晴らしい!パチパチパチ
 
「カレンダーを作っている」というだけでも、組織力があって頑張っているぞーってイメージがありませんか。しかも、写真や紙なども質のいいカレンダーです。

 今年は連合会の仕事やブログを通して、イワヒバを通じた交流がまた深くなった気が致します。あっという間に過ぎた1年間だったようにも感じるのですが、充実した体験をする事が出来ました。今年の私のブログはイワヒバの写真撮影が不十分で、効率の良い更新も思うように出来ませんでした(反省)。いつも閲覧して下さる方々がおり、外で会うときに話題にして下さるなど有難いかぎりです。2015年も頑張ります。

 今年一年有難うございました。また来年も宜しくお願い致します。皆様良いお年を~!

|

« 夕映 11月(2014) | トップページ | ベランダのイワヒバ培養 【1】、【2】 »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。