« 植え替えがまだ進んでいません | トップページ | 愛知でお棚巡り2 »

2015年6月29日 (月)

愛知でお棚巡り1

6月半ばに愛知県内のお棚巡りをしました。初めて訪問する場所ばかりでとても良い体験をしました。何回かに分けてご紹介したいと思います(今回、お棚巡りの調整や案内をして下さった○○○様誠に有難うございますm(_ _)m)。

まずはこちら!
P1010151
 全国展でお会いしたりメール交換もさせて頂いており、いつもお世話になっています!以前にも写真でご紹介頂いていたのですが、実際にお棚を拝見することが出来て感激しました。特別最優秀賞や最優秀賞などを取った品々が並んでいます!スペースの有効活用と日当たりを考慮した巻柏の配置には長年の経験と工夫が取り入れられています(先代から愛培されている銘木を受け継いでいらっしゃり、幼少の頃から先代と共に巻柏と過ごしていたことを教えて頂きました)。
 ごく一部ですが、ご紹介させて頂きます(許可を頂いています。写真は日の強い下で撮影したので反射や影が強く、本来の色とやや違うかもしれません。)
201506132_2  20150613_2
左:「玉川染」
 多頭であり、形良く株が立ち上がった玉川染の古木です。私がえっ!と思ったのは大変よく詰まっており、小葉と呼べる姿なのです。成長すると葉丈が伸びて幼苗の頃とは別の姿になるよ、と言われがちな「玉川染」ですので珍しい体験が出来た気がいたします。
右:「竹田ノ誉」
 「竹田ノ誉」は登録されてから既に年数が経っていると思いますが、大株は交換会でもなかなかお目にかかれません。流通するタマ数は少ないと思われ、このサイズの「竹田ノ誉」を見ると、拝顔できた~!という気分になります。
20150613_3 20150613_4
左:「玉宝」
 「玉宝」は園主のお気に入りの品種と以前からうかがっておりました。下葉を落とさずに球状の頭(芽)に作り込まれています。「紫玉」や「玉宝」をこのように作り込むにはきっと経験と工夫があるのだろうなぁと感慨にふけってしまいました。
右:「古金蘭」
 美術品ですねー。多頭の古木は、頭が一個でもつぼんでしまったりするとバランスが悪くなってしまいます。傷みや枯れ葉もなく、活き活きしています。
20150613_5 20150613_6
左:「遠州牡丹」、右:「晃明殿」
 浜松登録の「遠州牡丹」。 流石、東海エリアという地理環境でしょうか?比較的登録年度は新しい部類の品種ですが見事な大株と思いました。「晃明殿」はちょうどこの時期に白さを出してきていい感じです。株姿もビューティフル~。
20150613_11
左:「浜孔雀」
 このモシャモシャ感と黄色い立葉の株姿。「浜孔雀」は個性的ですね。ついパチリ。
201506132_3 20150613_7
左:「富貴殿」、右:「一天四海」
 「富貴殿」のこのサイズのものはなかなかお目にかかれません。「一天四海」も大株でなかなか良い黄色を出していました。この置き場は日照時間が比較的短めのエリアでした。

※訂正(2015/6/30):園主様からご指摘頂きました。上記右の写真の株を、私のミスで「四海明暉」で当初記載しました。「一天四海」の誤りでした。訂正と共にお詫び申し上げます。
 こちらが「四海明暉」ですよ、と写真を送って頂きましたので、併せてご紹介させて頂きますm(_ _)m
20150630shikaimeiki2 20150630shikaimeiki
「四海明暉」

20150613_8 20150613_12
左:「有明」、右:「青柳」
 「有明」!?このサイズ、なかなかお目にかかったことがありません。はぁー(溜息)。「青柳」は最近入手された株とのことでした。髪の毛のように垂れ下がる長い胞子葉を持ち、特徴がよく出ていました。園主様いわく、置き場がもう無いのに形のいい株を見つけると、つい欲しくなって手に入れてしまうとのことでした(ワカリマスッ)。
20150613_13 201506132_4
左:「日月星」、右:「夢心」
 このような登録外品種も拝見することが出来ましたヨ。
P1010152
 私のもう一つの驚き。寒冷紗がカーテン式で稼働するのです。しかもっ。滑車がついてロープをたぐり寄せると、自分は動くことなく開閉できるというスグレモノ!自分の棚にもいつの日か取り入れてみたい機構です。

 縁側に座ってお茶やお菓子を頂きながら、ぼーっと時を経つのを忘れて眺めてしまいました。至福のひとときですね。

 そういえば園主様は、巻柏に関連して私と同じマニアックな趣味をお持ちです。

 巻柏がおかず(酒の肴)になるのです。室内のテーブルに化粧鉢入りの美しい小物作品を置いて、それを眺めながら、ビールを楽しむという、巻柏愛好家にとって贅沢なひとときであります。お一人様貸し切りの展示会場と言っても過言ではありません!

 皆様も是非一度お試しになってみてはいかがでしょうか(家族の了解は得た方が良いかもしれません。事前に虫や臭いが無いことをご確認ください)。

|

« 植え替えがまだ進んでいません | トップページ | 愛知でお棚巡り2 »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。