« 愛知でお棚巡り3 | トップページ | 玉獅子 7月(2015) »

2015年7月 6日 (月)

愛知遠征で手に入れた株

 長らく続いた愛知お棚巡りの記事もこれで最後となります。この旅で得られた巻柏のご紹介を。有難くも分与頂いたり、密かに探していた株達でもあります。ウレヒー。

20150613izumi_beniyouki
上2つ:「泉獅子」、下2つ:「紅楊貴妃」
 「泉獅子」は、関東よりも西の方が手に入りやすそうだなぁと想像していたのです。案の定、見つけちゃいました。私は、手葉にならずピースサインのようにV字に葉を伸長させていく「泉獅子」がお気に入りです。「紅楊貴妃」は巻柏仙人様のオリジナル。葉元のエンジ色や秋の紅葉が美しいです。既に一株持っているのですが、見つけた時に「もうちょっと欲しい」と思って所望しちゃいました。
20150613fukiden 20150613akatsukibotan
左:「富貴殿」、右:「暁牡丹」
「富貴殿」は現在のバルコニーの環境に来てから、環境変化と強い日照で実はガレてしまったのです。リベンジとして再入手。「暁牡丹」は、夏の終わりから9月にかけての緑と白の強いコントラストを伴った牡丹芸が見所です。愛知はお膝元ですので、しっかりキープいたしました
20150613rikyuuhou 20150613haku_unryu
左:「里宮鳳」、右:「白雲龍」
 いわずもがな、ブレイク中の「里宮鳳」。昨年入手しておりましたが、私が半年ほど培養した感想では、葉肉が薄く、強い日や病気に対して抵抗力が弱いのかなと、、、(私が下手っぴなだけかもしれません)。面白い特徴を持っているので、うまく育てられるよう保険のために入手しました。「白雲龍」は、初めて入手します。白さが美しく混生葉で最初何の品種か分かりませんでした。あまり見ない品種だと思っています。ちなみに、「白雲龍」の龍葉が消失した「白雲海」という珍種があり、以前あるベテランの方から小苗を分与頂きました。「白雲龍」と「白雲海」を比較してみたいと思ったのも入手理由です
20150613yumegokoro 20150613jindainishiki
左:「夢心」、右:「神代錦」
 今回の訪問先で園主様のご厚意で分与下さった株です。ありがたや~(-人-)。関東でも人気のある品種でございます。「夢心」のこのサイズ、しかも一番綺麗で活き活きしている株を選んで下さいました。「神代錦」もタマ数の少ない品種です。渋いえび茶色は「紫金蘭」とは違う特徴を持っています。なお、「神代錦」は成長が遅い部類に感じます(小苗を培養している経験です)。この株は確か4号鉢位のサイズですが、結構年数は経っていると思いました。
 これらはツウ好みな品種なのか、愛知のお棚巡りでは、ベテランの方がこの2株をさりげなく手元でキープしてらっしゃる印象を持ちました(独断と偏見です)。
20150613koushinryu3
 さてこの品種。お分かりでしょうか?
20150613koushinryu4
 別角度です。
20150613koushinryu1
 「黄真龍」です。なんで今更?って思われるかもしれません
 私が園主様に「コーシンリュー、ありますか?」ってお尋ねしたら、キョトンとされて「どんな漢字だっけ?」と逆に聞かれてしまった位です。私みたいなマニアック(?)な輩が、なぜ「黄真龍」なのかと言いますと、西の方には”龍葉”を多く伸ばす「黄真龍」がありそうだなと予想していたからです。常葉を使って挿し芽をすれば増殖しやすいけれど、常葉の比率が多い「黄真龍」になるであろう、という先達のお告げが頭に残っていました。こういう龍葉の多い「黄真龍」を探していたのです。浜松や愛知の展示会では、龍葉の多い性の良い「黄真龍」を目にしていたので、東海エリアでは見つけやすいのかな?と淡く考えていたのです。ビンゴでした。手に入れることが出来ました
20100906koushinryu
 ちなみに、これは以前私が持っていた「黄真龍」。常葉が多いタイプと思います。

 本芸を出す性の良い株を得るには、挿し穂を選んだり、苗になってからの選別が重要であるという話をベテランの方から教えて頂きました。品種本来の芸を持つ株を後世に残していくためには、挿し芽増殖の際や、入手する際に注意するべきポイントなのだろうなぁ、と頷く次第です。

合計で10数鉢になったでしょうか?新幹線を利用したお棚巡りでしたから、小さめの鉢を選んだつもりでも結局いい数になってしまいました。スーツケースの中に詰め込んだり(苦笑、ホントです)、倒れないように手提げ袋の中に何鉢も並べて帰途につきました。こういう時は重さがさほど苦にならないから不思議です。送るという方法もあったのでしょうが、すぐに持って帰って手元で眺めたい気持ちが強かったです

 今はこれらの鉢も植え替えを済ませ、雨の中で気持ち良さそうにしておりますよん。
愛知お棚巡りの記事、長らくのお付き合い有難うございましたm(_ _)m。

|

« 愛知でお棚巡り3 | トップページ | 玉獅子 7月(2015) »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。