« 暁牡丹が綺麗になりました | トップページ | 夕映-2 8月(2015) »

2015年8月30日 (日)

龍葉品種

20150829ryuba_iroiro
手前左から、「金龍」、「玉宝」、「龍王獅子」
中段左から、「?」、「秋葉龍王」、「燕尾」
後列左から、「金襴織」、「明星」、「唐花」

今日は龍葉品種で記事を書いてみます。
20150829kinryu
 「金龍」です。番付の横綱である最高稀貴品に位置する5品種の一つです(他の4つは「泰平冠」、「丹頂」、「富士之華」、「金麒麟」)。この5品種の中だけで考えれば一番お手頃な値段で手に入るのではないでしょうか?今でこそかなり普及していますが、「金龍」が初めて現れた当時を思えば一大ブームになったことも頷けます。常葉と異なるこのような龍葉で、しかも秋に見事に斑が入る品種が現れた時の感動たるや如何ほどであったでしょう

20150829akibaryuou
 「秋葉龍王」です。植え替えをサボっていたので、色の出が悪く、下葉も薄いです。培養経験は浅いのですが、私の印象としては、平性で大葉、出芽はすっとまっすぐに伸びる龍葉で、古い下葉は分岐が増えて常葉に近い葉形になるように感じます。成長は早いです。

20150829ryuba_fumei
 不明の龍葉品種です。頂いた時に既に「?」の札が。数年前浜松のH様のお棚で見た株に似ているような気もするのですが、その時もその株に名前はまだ無いというお話でした。写真では分かりづらいかもしれませんが、秋葉龍王より太い印象で、葉形も違うと思っています。色は良く出るようです。

20150829enbi
 「燕尾」です。登録品種です。立性ですっと伸びた龍葉の葉先が枝分かれします。青葉モノでそれほど人気がないのか、交換会でもあまり見かけません(競りに出ても安い?)

201308touryuu
 登録外品種の「登竜」です。私の株ではありません。栃木のあるベテランの方のお棚を訪問した折に撮影させて頂いたものです。登竜門(とうりゅうもん)という言葉があることから私は「とうりゅう」と呼んでいます。NHK出版の書籍「いわひばを楽しむ」には、「龍登りゅうと」とは違う品種として掲載されており、立性で一本葉と少枝葉と先岐葉を交えると書かれています。

20150829touryu
 こちらは我が家の「登竜」。青葉ものと思っていたのですが、気まぐれに色を出すようです。文爺様もお手持ちの「登竜」に色が出たとおっしゃっていたので、私のところだけではないようです(この株を下さったS様へ。傷めて復活中ですので予想より小さいのですm(_ _)m)

20150829enbi_kawari
 こちらは「燕尾」の実生品種。「登竜」と同じような印象の斑でして、毎年色を出すのかどうかもうちょっと経過観察したいと思います。

|

« 暁牡丹が綺麗になりました | トップページ | 夕映-2 8月(2015) »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。