« 2015年 大晦日 | トップページ | さて »

2016年1月 3日 (日)

明けましておめでとうございます

2016年 申年

新年明けましておめでとうございますsun
本年も巻柏もブログも頑張ってまいります。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

 この巻柏のブログは2009年5月から始めました。かれこれ6年以上の月日が流れております。巻柏の培養も6年経過しましたが、ウデの未熟さを痛感します。

 日照、施肥、植え替えなど一つ一つの基本項目にしても、いろいろなやり方があったり、工夫を発見したりと奥が深いです。まだまだ修行が続きますangry

 さて、今日は妻と一緒に近所の回転寿司「○ってん寿司」に行きました。全国展開するチェーン店です。そこで見つけてしまいました、この魚「マハタ(真はた)」coldsweats02
3e69079ff4031d4e9992fd3752d28ab5

 私、仕事で10年以上ずっとこの魚と付き合って来たのです。幻の高級魚とよばれ、入手困難なこの魚。産地の生産者、地方自治体の担当職員の方、大学や国の先生方と共に頭をひねって、この次世代の美味しい魚が市場に出回るようになれば、と力を注いでおりました。

 安定的に生産出来るようにする、という歯車の一端をお手伝いしました。私の関わったところはほんの極小さな歯車です。しかし、一つ一つの歯車がうまく連動して大きな力となり、この数年間で生産量は現在倍以上に伸びました。

 産業ベースで安定的に生産(供給)が出来る=飲食産業がメニューにのせられる食材として利用が可能になった、ということであります。

 西日本が主要産地なので、東日本ではまだもうちょっと時間がかかるかな~と予想していましたが、ふと入った東京のお店で、まさかこのマハタに出会うことが出来るとは!!

 このブログでも、実は2年前にそのうちマハタ(そしてクエ)は流通量が増えます!と予想していたんです。
>>>コチラ

 で、肝心のお味ですが、やはり抜群です!いろいろな魚を食べた経験のある私が敢えていいますが、旨い魚です。いわゆる根魚系の白身です。ぎゅっと締まった筋肉で、もちもちとした歯ごたえとコクがあり、一般的に流通している魚の中では比べられるものがなかなか見当たりません。青物系(ブリ、カンパチ、アジ、サバ)、赤身系(マグロ)とはまず異なります。同じ白身のタイ、ヒラメやスズキとも異なりますよ。そしてマハタは寿司、刺身だけでなく、鍋や焼き物でもいける潜在能力の高い魚なのです。

 お値段も過去に比べれば手を伸ばせる範囲になってきたと思います。なんせ幻の高級魚の位置づけでしたからthink。以前、別のお店では、一貫/皿の扱いの期間限定品であったと思います。

 三重県や愛媛県には何度も通ったな~。今年は伊勢志摩サミットがあるんですよね。会場の伊勢志摩ホテルではマハタを取り扱っていると、以前TVで放映されていました。首脳陣が召し上がるディナーに入っていたらいいなー。

 知名度はまだ低いかもしれませんが、この魚が日本全国で食べられるような魚になったことが素直に嬉しく、もぐもぐ食べながらとても感慨深くなりました(妻に、なんだか静かだよ、とツッこまれましたcoldsweats01)。

マハタばんざーいhappy01happy01happy01

|

« 2015年 大晦日 | トップページ | さて »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。