« 暁牡丹-2 8月(2016) | トップページ | 埼玉大交換会 無事終了 »

2016年8月28日 (日)

斑の出方がいまいち

 今年は、5月から早々に寒冷紗をかけていたせいか、あるいは猛暑日がそれほどなかったせいか、全般的に去年より斑のりが悪い気がしています。
 天気予報を見て、一日中、曇りや雨と確実視できれば寒冷紗を外して出勤しますが、雲が晴れていきなりカーッと真夏の直射日光に襲われるのは怖いので、私は安全をみて寒冷紗をかけっぱなしです。

今日はいまいちな斑のりのイワヒバ君達をご紹介。
20160827katsutafuji_2
 登録外品種の「勝田富士」です。去年より斑のりが悪いですbearing
 うまく斑をのせると富士之華と見紛うような、、、、、という参考書の文言を見て、それを目指しておりましたがまだまだです。
20160827kinryukaku
 登録外品種「金龍角」です。「金龍」の挿し芽変異種とうかがっています。出芽は龍葉のようにヒョロッと伸びますが、その後、鋭角に分岐して葉先で細かく枝分かれするようです。葉先は四角く角ばっています。斑を広げた姿を写真で見たことがありますが、我が家の株はそこまで至らず、葉先にちょこっと斑が入り始めた程度ですthink
20160827yubae_2
「夕映」の子苗達。大きくなってきましたが、色はもっと黄色味を帯びて欲しいところですgawk
20160827daikouhou
 登録外品種「大晃宝」:本来斑のりのいい品種ですが、今年の春に荒っぽい手術(?)をしたので日の弱い場所で養生していましたwink
20160827shirane
 登録外品種「白根」:「銀世界」の細葉といわれています。こちらは逆に日を弱めにした方が調子が良いのか、去年より白い色を出していました。

|

« 暁牡丹-2 8月(2016) | トップページ | 埼玉大交換会 無事終了 »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。