« 龍ノ王 8月(2016) | トップページ | 国冠、夢心など 8月(2016) »

2016年8月16日 (火)

姫綾、綾鷹、春日局など 8月(2016)

20160812ayataka 20160812himeaya
左:登録外品種の「姫綾」。「綾姫」という名前でも流通しているかと思います。「白綾」の姫性と言われる品種です。準固定種であるため、挿し芽増殖で生まれてきたものや、生育途中で先祖返りして、通常の「白綾」に戻ることがあると言われます。この株も、一部の芽で先祖返りが起こり、どんどん葉幅が太く、丈も長くなりました。本来の「姫綾」の芽が埋もれて日が当たらなくなってきたので、今春外した(取り除いた)経緯があります。
右:私が最初にこの品種を知ったのは「白凰殿」という旧名でした。審査登録にパスして現在「綾鷹」という登録品種となっています!「白綾」の太葉といわれる品種ですが、葉形などをみると単純に「白綾」の太葉ではないように思います。成長は遅く、5号サイズのものでも二十年以上はゆうに経っているのではないでしょうか。現在日を弱めにしつつ、過湿にならないように育てています。
20160812kasuga_no_tsubone 20160812kinkei
左:「春日局」。何度か紹介しておりますので説明省略!8月の姿です。
右:「栄獅子」の姫性といわれれ登録外品種「金鶏」です。遮光ありの管理(中日管理)なのですが、「金鶏」はしっかり垂れてくれますscissors
20160812sumizome_no_fu_thick 20160812rikyuhou
左:「墨染ノ斑(太)」で大子のS様のお棚から嫁いできました。
右:「里宮鳳」。個人的に手こずった株です。これまでに3株手に入れたのですが、いずれも入手して間もなく傷む経験をしました。我が家の日照・湿度環境が合わなかったのか、我が家に土着する病気に抵抗力が無かったのか、茶変してボロボロになりましたbearing。薬を撒いたり、日照を抑えめにしたりする等して、何とか復活しました。やっと環境に慣れてきたように思います。しかし、良い状態の「里宮鳳」は今時期キラキラ輝く白黄色の萌黄色をしていると思うので、来年からはもう少し日を強めにしてみようと思います。

|

« 龍ノ王 8月(2016) | トップページ | 国冠、夢心など 8月(2016) »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。