« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月に作成された記事

2016年10月30日 (日)

全国展が無事終了致しました

2016年度のイワヒバ全国展が無事終了致しました。

 巻柏連合会会員にとっては年に一度の大イベントの日です。会場に全国の巻柏界オールスターが集合しました。今日は会期の最終日。植え替え講習会も、表彰式もつつがなく進み、展示物の搬出や車両の出庫も特に大きなトラブルは無かったと思います。東京支部は当番として例年最後の後片付けをしておりますが、参加者の皆様のご協力もあり、テキパキと作業を進め、無事会場を後にすることが出来ました。どうも有難うございました。
 公園スタッフの方とも、「来年もまた宜しくお願いします」、「こちらこそまた宜しくお願い致します。」と、ほっとしながら挨拶をすませて、我々も無事帰路につくことが出来ました。

 遠方から来られている方は、まだ車で走行されているかと思います。是非、休憩や食事を挟みながら、ご自宅まで安全運転でお願いしたいと思います。そしてご自宅に着きましたらゆっくりと休養をとって下さいませ!

 今日は例年のように、全国津々浦々の巻柏のベテランの方々とお話することが出来ました。まとめてのお礼になりますが、改めまして皆様、どうも有難うございました!
 
全国展が終わると、2016年も残すところ約2ヶ月です。残りの期間でもう少し紅葉が進むと思いますので、もうちょっと巻柏の美しさを楽しみたいと思いますwink

| | コメント (0)

2016年10月29日 (土)

最終日の前日にちょっと観覧

全国展は明日10月30日(日)までですよ~

明日は最終日です。今日はその前日ですが、ちらりと覗いて来ましたcoldsweats01scissors

連合会のH会長や、埼玉支部のK様(仕事帰りにご苦労様です)、そして車で会場入りしていたM様とお話することが出来ました。M様の手がまだスズメバチに挿されて腫れが残っていたのが痛々しいです。受け付け、解説、お店番と誠にお疲れ様です。

 会長とお客さんの会話がちらりと耳に届いたのですが、明日の植え替え講習会(無料配布苗あり)は10時??10時開始かもしれません。
間違えてブログに案内を出していた可能性があり、訂正致しますm(_ _)m。

 今日は、私が少し手間取って会場入りが遅かったので、全ての写真を撮ることは出来ませんでしたが、ちょとだけご紹介を。
Rimg1398
会場内の様子
Rimg1449
環境大臣賞!shine東京都のK様っshine
Rimg1443
東京都知事賞!!shine栃木支部ヒバsuki様っshine

flairdiamondnoteパチパチパチパチdiamondflairnote


Rimg1429
創作の部、紫玉の石付です。東京支部E様。
Rimg1538
見事な古木の「紅王龍」。愛知支部H様
Rimg1549
大き~~い「群龍王」。静岡県T様
Rimg1527
目がつい惹きつけられてしまう佇まいの「龍之王」。茨城支部K様。
Rimg1512
「中物の部」入賞作品群。手前から特別最優秀賞「紫金襴」、最優秀賞「君ヶ代」、、、、と奧に向かって続いております。

| | コメント (0)

2016年10月28日 (金)

帰ってきました。

今日は寒かったです。
今週は出張でした。出張先はタイだったので、32℃でジメジメ。外で信号待ちしているだけでも汗がたらたら、そこから東京に戻ってきたら、、、、寒っっ!この気温差にはやられますが、時差が小さいことが救いです。納豆、味噌汁、バンザーイ。

現在、神代植物公園でイワヒバの全国展が開催中ですwink
30日(日)は会期最終日。表彰式、搬出があるので勿論行く予定です。たーくさんのイワヒバ愛好家の方々が全国から集まるので、会場内ではイワヒバ談義に花が咲きます。それはそれで楽しみにしているのですが、地元の利点を活用して明日(土)顔を出してみようかなと検討中です。写真撮影しながらゆっくり眺めようかと思っていますbleah

写真が無いと寂しいなと思いまして「泉獅子」を。
Izumijishi_b Izumijishi_a_2
 どちらも「泉獅子」です。私の好みとしては巻きの強い右のタイプです。

 環境や培養方法で差が出るといわれるイワヒバですので、同一品種の中で形質の違いはしばしば見られると思います。一方で、同じ株から挿し芽増殖をして、同じ人が同じ環境で100株作っても、100株全く同じになるとは限らない、ということも認められています。先祖返りをする準固定種ではもっともな現象ですが、固定しているといわれる品種でも、増殖過程や成長の途中で「変異」がある程度起こっていると、私は考えています。

 先天的に芸が良く出ている個体とあまり出ていない(もしくは本来の芸を出していない)個体が生じるということ。この現象を認識していることは大事だと思いました。

 このような遺伝的な個体差を一部のベテランの方が”性(しょう)”と呼んで、流通や鑑別の過程で”性”のいい個体と”性”の悪い個体を区別しておられます。本芸を現す品種を維持して後世に残すという意味合いでは重要な考えだと思っております。

 このように書く理由は、私自身が失敗したり試行錯誤している途中でもありまして、、coldsweats01。大事に育てていた株が実は性が悪いと呼ばれる部類だったのかな?とネガティブな思考が頭をもたげることがあります。一方で、後天的に何とか本芸に近づけられるんじゃないかな?という試行錯誤を繰り返しながら、結果的に知識や経験値がアップしていることがあります。

 今では、これはイワヒバ培養の奥深さの一つであり、イワヒバの道を追求していく上では楽しみを隠した秘密の箱に向き合っているとも受けとめています。

ちょっと写真を載せようと思ったつもりで、だらだら書いてしまいましたdelicious

| | コメント (0)

常磐獅子、幸ノ華

20161010tokiwajishi
 登録外品種の「常磐獅子」。「常磐ノ光」の葉先が獅子葉状に巻き込み芸をするタイプと考えれば良いでしょうか。夏の間は主張せずに棚の中に佇んでいました。ふと気付いたら、色を出して、ちゃんと芸を出してるようなので撮影してみましたcoldsweats01
20161010sachi_no_hana
 こちらは、あかぴょん自作苗の「幸ノ華」。斑を出しながら成長してきましたよ。次に植え替える時に数株寄せて植えようかと思ったのですが、結構な大葉になる品種なので加減が必要そうです。

 その上の青葉品種は「瑠璃獅子」です。「瑠璃獅子」は仙人様のオリジナル品として仙人様のHPに紹介されています。引用致しますと、「「玉獅子」の色違いの葉を挿し芽増殖させたもの」と記載されております。肥料を多めに与えると夏は「中国之華」のような深緑になる。秋の紅葉は紫を帯びる、とあります。来年は肥料を多めに与えて管理してみようかと思っていますconfident

| | コメント (0)

2016年10月27日 (木)

都ノ華と金龍

20161010miyako_no_hana
 登録外品種の「都ノ華」です。斑のりがいい品種です。しかし、我が家は秋、冬になると、建物の影が伸びて、棚場の日当たり悪くなります(十分に日照時間がとれるエリアが限られてきます)。「都ノ華」の葉先が緑を戻して来てしまいました。
20161010kinryu
こちらは金龍です。青いっ。でも一本葉オンリー!!現在8号サイズになりました。

| | コメント (0)

2016年10月26日 (水)

尾鷲錦、笑獅子

Rimg1379
 登録外品種の「尾鷲錦」です。まだ2.5号鉢サイズ。成長がとても遅いです、、、bearing

 紅紫斑類といえば良いのでしょうか。秋になるとほぼ例外なく紅~紅紫~紅茶に染まる品種があると思います。登録品種で言えば「紅孔雀」、「茜錦」、「新生錦」、「墨染錦」、「墨獅子」など。登録外品種で言えば「紅孔雀龍」、「紫水ノ舞」、「新生獅子(赤獅子)」など。そして「尾鷲錦」もこの類に入ると思います。

私の印象ですが、
赤色の強さでいえば
「紅孔雀」>「紅孔雀龍」>「尾鷲錦」

色の”濃密さ”でいえば
「尾鷲錦」≧「紅孔雀龍」>「紅孔雀」のように感じます。

「尾鷲錦」は黒色を感じるような色合いで、ほぼむらが無く、赤ワインや完熟したソルダムの色のイメージに近いです。冬に向けてまだもう少し濃くなりそうな予感

 ちなみに、「茜錦」も色が濃いのですが、やや茶色よりの印象があり、「新生錦」や「墨獅子」の系統はさらに茶斑(ちゃふ)の傾向を感じています。

 「尾鷲錦」のこの頑なな赤黒さに、もし黄色の刷毛込み斑や白い爪斑が生じたら格好いいんですけれどネ~catface

20161010waraijishi
 こちらは登録外品種の「笑獅子」です。10月上旬撮影の写真です。今はもう下旬ですので、葉元はもっと赤くなっています。「尾鷲錦」の色合いも好みですが、この、葉元が赤くて砂子斑がいっぱいの「笑獅子」もいいですね。

| | コメント (0)

2016年10月25日 (火)

春日局と春日王

20161010kasuga_no_tsumone
「春日錦」の細葉変異種「春日局」です。登録外品種です。成長はやや遅めでしょうか。私の予想では、平性あるいはやや下垂気味にまだ葉丈が伸びるように思います。
20161010kasugaou
「春日王」。登録外品種です。世に出回り始めた時、面白そうだなぁ(人気が出そうだなぁ)と感じていました。機会があるとつい手を出してしまい、実は複数個あります。培養経験はそれほど長くありませんが、これまでの印象ではそんなに気難しさは感じず、育てやすい品種かなと思いました。

| | コメント (0)

2016年10月24日 (月)

登録外品種2 10月(2016)

20161010himekokin
 「姫古金」。あの震災があった2011年、大子町が主催して、避難生活を送られている方に向けて大型バスを用意し、大子町の温泉にゆったりつかって、音楽を楽しむというイベントを実施しました。そこには妻が仕事で向かい、私は、栃木のF様、そして野木町に避難されていた釜爺様と共に大子へ向かったのでした。そこで初めてお会いしたのが大子町のS様でした。長い話になるので割愛しますが、巻柏を通じた縁で皆様には大変お世話になりながら、今に至っております。この「姫古金」はその時に大子のS様から頂いた品です。
20110709himekokin
 これは2011年7月の写真です。2.5号サイズであったと思います。当時は一つ頭だと思っていたのですが、成長しながらモコモコ分けつして、現在の姿になっております。傷んでボロボロになったこともありますが、不屈の精神で復活してまいりましたangry

20161010shisui_no_mai
 「紫水ノ舞」。葉元から紅色が出て来ました。細葉の品種なので最初はドキドキしていましたが、株自体が我が家の環境に慣れてきてくれたのか、最近は旺盛に伸びています。
20161010koukaden
「黄華殿」。「天黄冠」らしい濃い黄色を出す特徴がある品種と思います。今年はやはり日照不足が影響していると思います。片鱗を覗かせていますが、本来到達しうる黄色に至っていないと思いましたdespair

| | コメント (0)

2016年10月23日 (日)

大鳳錦  10月(2016)

20161010taihounishiki1
登録外品種の「大鳳錦」です。
グネグネです。
20161010taihounishiki2
上から撮影した写真。
グネグネです。
20161010taihounishiki3
ちょっとアップで撮影。
グネグネです。
 我が家に来てまだ一年の培養経験です。胞子葉が出来やすい品種のようですが、胞子葉にも色がついて、巻き込み芸をするので面白いです。この胞子葉は来年も残っていてくれたらいいなあ。

 「泉獅子」に色が出たら面白いだろうな、と思っていました。親は違えど、そのような特徴を示す品種が現れて、一人喜んでいます。葉が太いので、豪快な動きで視覚に訴える点も楽しいと感じます

| | コメント (0)

登録外品種 10月(2016)

20161010jindainishiki
 成長の遅い「神代錦」ですが、ジワジワと大きくなってきました。紅葉もほんのり進んでいます。愛知の匿名様のお棚から嫁いで来た株です。元気にしていますよー。
20161010yumegokoro
 こちらも愛知の匿名様のお棚から来た品です。人気品種の「夢心」です。こちらも元気にしていますよ~。でも今年は青いっbearing
20161010rikyuhou
 詰まった感じで4号サイズになりました。登録外品種の「里宮鳳」です。「黄真龍」みたいな、柄の長い葉をヒョンヒョン出して欲しいです。

| | コメント (0)

2016年10月22日 (土)

登録品種  10月(2016)

20161010reihou
「麗峰」の小苗。現在3.5号サイズ。
20161010togyokusen
「吐玉泉」の小苗。こちらは現在4号サイズ。
20161010meihou
 「明宝」の小苗。今年は東京支部Sさん特製高圧ジェット(水流)でコケを吹き飛ばしてみました。育てづらい「明宝」もひょっとしたらいけるかも?という感じがしてきました(来年以降に期待)。
20161010ariake
 「有明」。日当たりの良くない場所に置いていたのですが、結構深く斑を広げてきました。

| | コメント (0)

出張・・・こんなときに

急に出張の予定が入ってしまいましたbearing
24日(月)から28日(金)までまるまる5日間東京を離れることになりました。

ぐぅ


(↑グゥの音です)

 24日は全国展の搬入日なのです。かつ、全国展の審査員が入賞作を選び、環境大臣賞と都知事賞が決定する大事な日でもあります。あぁ~~~っ、気になる~っ。
出張中やきもきしそうです。

 全国展に出す予定の品を私も一応用意しています(特別最優秀賞は無理でも、落選を免れて展示されて欲しいですangry)。東京支部内で参加される方に週末お預けして、お願いしようと思っています。

| | コメント (0)

2016年10月21日 (金)

白い斑が綺麗

20161010kimigayo
 登録品種「君ヶ代」です。
20161010shirane_ayataka
こちらは、「銀世界」の細葉と言われる「白根」(右)と、「綾鷹」(左)です。
20161010hokuen_no_hana
 登録外品種の「北遠ノ花」です。独特の白さで全葉を染める姿は美しいのです。太陽にあてて白くしすぎると来年が怖いので、抑えめに培養しています。

| | コメント (0)

銀星冠 10月(2016)

20161010ginseikan
 登録品種「銀星冠」。こちらも付き合いの長い株です。7時方向が緑っぽいです。鉢を廻してあげないと、同じような色合いにならないのでしたdespair

| | コメント (0)

2016年10月20日 (木)

夕映 10月(2016)

20161010yubae
 「夕映」です。9月は日照時間が少なかったので、10月に入ってからは、日当たりが良い場所に置くようにしてみました。

| | コメント (0)

鸞鳳 10月(2016)

20161010rampou
 登録品種「鸞鳳」です。水をあげる度に倒れて地面にへたり込むのが気になって、ついに支柱を作ってみましたhappy02

| | コメント (0)

明星 10月(2016)

20161010meisei1
登録品種の「明星」です。今年は色の出が悪いです。
20161010meisei2
入門時の頃に手に入れてから培養しているので、つき合いは長い株です。

| | コメント (0)

富貴殿 10月(2016)

20161010fukiden1
 登録品種「富貴殿」です。定点撮影シリーズでいつも被写体にしていた株です。一時期もうダメかと思っていたのですが、新しい環境にも慣れて持ちこたえました。この品種は地面の上での栽培しなきゃダメなのかな、と思っていたのですが、バルコニーでも生き抜いてくれています。

| | コメント (0)

2016年10月19日 (水)

中国之華 10月(2016)

20161010chugoku_no_hana1
 登録外品種の中では「屋久島」と並んで古くから愛培される優良品種と思います。
20161010chugoku_no_hana2
 こぼれ芽を挿して作った自作苗からここまで大きくしたのですが、いいセン行ってるんでない?と思える大きさになってきました。4号サイズ位で木っ端微塵になるかと思ったのですが(笑)、現在5号サイズで溢れる位になってきました(一度ボロボロと傷み始めると、ボロボロが終息しないでちょこちょこ傷んでいくイメージがあります)。

| | コメント (0)

黒姫山 10月(2016)

20161010kurohimeyama1
 登録外品種の「黒姫山」。「黒牡丹」の姫性・八房性といわれております。イワヒバの世界に入門して間もない頃に、石岡巻柏研究所様からこの株を手に入れました。初心者ながらいきなりマニアックなものを所望したことで、石岡様の記憶に残っていたと、後で教えて頂きましたcoldsweats01。2007年秋入手です。
20161010kurohimeyama2
 上から撮影した写真。関東エリアの愛好家の方のお棚でちらほら見かけるように思います。交換会ではなかなか出て来ない品種かもしれません。

| | コメント (0)

屋久島 10月(2016)

20161010yakushima
 頭一つ一つが大きい割に、重ならずになんだかんだ顔(中心部)を見せてくれているのがちょっと不思議wink

| | コメント (0)

2016年10月18日 (火)

ぼちぼち

 巷ではやっている「PPAP」という動画を見たら、やっている内容は単純なのに、そのリズムとあの奇妙な踊りが頭にこびりつき、布団に入ってもずっと頭の中でループしていて困りました。
 さて、ブログに写真がアップ出来るようになったので、ぼちぼち10月分のイワヒバの写真をアップしようと思います。って、もう下旬になってしまうのに、まだ10月の我が家のイワヒバの写真を一枚も出していなかったんですねcoldsweats01

 写真は撮りためてあるんです。しかし10月10日撮影です。紅葉の進みが甘い頃の写真ですが、とりあえず10月の残りの期間でこれらをアップしていこうと思います。
20161010xxx
先日紹介した山取りイワヒバです。
20161010iroiro
ここに何が写っているかといいますと、夢心、銀星冠、黒姫山、金麒麟、緑翠冠、唐花、春日王、都ノ華、出流ノ華です。あ、(秘密)が一個入っています。

| | コメント (0)

全国展示大会がいよいよ来週25日から開催

2016年のイワヒバの全国展示大会がいよいよ来週から開催されます。

 一般公開は10月25日(火)~10月30日(日)。
場所は東京都調布市、神代植物公園です。
お近くの方、ご興味のある方は是非足をお運び下さい。

 日本巻柏連合会の全国の会員が参加、出品する年に一度の大会です。創作の部や銘木の部など複数の部門があり、各部門中で1位(特別最優秀賞)の中から、さらに選り抜かれた二点に対して環境大臣賞と東京都知事賞が授与されます。一見の価値ありです。

 会期の最終日30日は参加無料の植え替え講習会もあります(イワヒバの無料配布苗も用意)。例年通りであればAM11時~の開始になるかと思います10時開始の可能性があります。
 イワヒバの銘鑑やカレンダーの販売、そして新規入会も会場で受け付け中です。この機会に是非~。
※日本巻柏連合会のHPに全国展示大会の情報が記載されています。

(この記事は暫く画面のトップに掲載されています。更新記事はこの下に続きます)

| | コメント (0)

2016年10月17日 (月)

え~~っの2連発

更新したくても出来ませんでしたwobbly

 先ず、このブログの許容量が2GBでして、もう上限に達しているという警告が来ました。過去の不要なファイルを消す必要が生じました。

 やれやれと思っていたら、もう一つ警告がありまして、「このニフティのブログサービスが11月10日で終了します。」なんてメッセージが来ていました。

 一応、ニフティ側で別に無料サイトを用意しているらしいです。そちらに引っ越しなさい、という強制退去命令のような通知が来ておりました。

 さらによく読むと、本当は9月末で終了予定だった、ということらしいです。いやー、ちっとも気付いていませんでしたcoldsweats01

 さてどうしようか、と頭をひねっているところです。いやひねる前に、行動に移せばいいのですが、引っ越し作業は手間がかかるんですね。そんな、通常業務以外の作業が入って面食らっているところです。ふ~。

 とりあえず、不要写真を削除し、東京支部秋の展示会の写真を加工してアップしました。
この下の記事になりますwink
↓↓↓

| | コメント (0)

東京支部展示会(秋)

10月8~10日に国営昭和記念公園花木展示棟で催された東京支部の巻柏展示会の様子です。※ココに紹介しているものは展示された作品の一部です。
20161009miyakobeni 20161009goshonishiki
「都紅」、「御所錦」
20161009kagamijishi 20161009kirinjishi 20161009kououryu1
「鏡獅子」、「麒麟獅子」、「紅王龍」
20161009takasago 20161009tamajishi2 20161009tamajishi_2
「高砂」、「玉獅子」、「玉獅子」
20161009kinmouko 20161009fukuju
「金猛虎」、「福寿」
20161009koushinryu 20161009ryuoujishi 20161009ginseikan
「黄真龍」、「龍王獅子」、「銀星冠」
20161009kinbotan 20161009youkihi 20161009gyokuhou
「金牡丹」、「楊貴妃」、「玉宝」
20161009shigyoku 20161009kimigayo 20161009sachi_no_hana
「紫玉」、「君ヶ代」、「幸ノ華」
20161009kououryu_2 20161009benikujaku
「紅王龍」、「紅孔雀」
20161009seigyokubotan_etc_2 20161009tofunishiki_etc
「天鵞絨」、「青玉牡丹」、「墨獅子」、「玉獅子」、「金宝錦」、「十符錦」、「泉獅子」
20161009botankan_1_2 20161009kinkujaku 20161009kohakunishiki
「牡丹冠」、「錦孔雀」、「琥珀錦」

以上ですscissors
ご来場頂きました沢山の皆様、有難うございました。
来年も是非いらして下さ~いpaper

| | コメント (0)

2016年10月10日 (月)

東京支部展示会 無事終了

東京支部の秋の展示会を、国営昭和記念公園で3日間にわたって開催しました。

ご来場下さった皆様に改めて御礼申し上げますm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m

結論から申し上げますと展示会場を訪れた来場者数は5,000人越え!

「500」じゃなくて、「5,000」です。

 東京支部所属O副会長が、カウンターで展示会場を訪問した人をカチカチ数えた結果を最終日に見せて下さいました。

 国営昭和記念公園の人を呼び込む力、恐るべし!

Rimg1187

 10月の3連休、8日から10日の3日間で展示会を行いました。初日と二日目は雨がザーザー降っておりまして人の影がまばらでした。この写真は残念ながら人影が見えませんねbearingbearingbearing。二日目の午後に雨が上がって晴れ間がのぞいた時に撮った写真です。3日目の写真を撮っておけば良かった、と大変悔やまれます。

 例年この時期は、1日に数万人が訪れる公園です。3日目は天気が晴れて行楽日和となり、園内に多くの人が行き交いました。我々のイワヒバ展示会場にまで、人が沢山訪れて下さったのです。
 目の前を横切る通りが、園内のメインストリートになっておりまして、休日のデパート1Fのような人混みが流れている、とお伝えすれば想像がつくでしょうか。このイベント会場(花木園展示棟)は通りから目につく位置にあります。物珍しいイワヒバ即売品コーナーや、展示会のノボリも目をひいたのでしょうか。事前に公開された公園HPの案内やポスター、パンフレットも効いている気がいたします。一度人だかり出来たり、メインストリートから、こちらの会場へ足を向ける流れが出てくると後は次々に・・・・。家族連れやシニア世代の方、そしてこの時期の被写体を追いかけるカメラマングループが足を向けて下さいました。
 次から次に人がいらっしゃるので、3日目はとにかく急がしかったです。広い園内にも連日放送が流れました(この3日限定で珍しいイワヒバが見られる事や、植え替え講習会がある事等)。公園スタッフの方も何人ものぞきに来られました。良い評価を頂く事が出来たように存じます。「こんな植物は見たことがない」、「育てるのは難しいの?」、「イワヒバって知っていたけど、こんなに色が出るなんて知らなかった」、「綺麗なのねー」、などなど。
 来年にも繋がる大きな一歩だなあ、と思いました。
Rimg1099
(講習会の様子)

 書き込む順番が前後しましたが、他支部の方も応援に来て下さいました。改めて御礼申し上げます。

 昨年私が愛知遠征した際にお世話になった○○○様が、名古屋からいらっしゃいました!丁度東京でご用事があり、延泊して滞在日数を増やしての来訪です!有難うございます。しかも、東京支部S理事のお棚や私のお棚まで見学に来て下さいました。私の棚は、小さいものばかりで恐縮なのですけれど。ちなみに、私の棚に来訪者をお迎えするのは初体験でした(しかも遠方から○○○様のような方がわざわざ)。感激と共にその時間を楽しませて頂きましたhappy01。あとbottleも!。

 静岡支部のD様は物腰が柔らかい知的な紳士な方です。イワヒバ談義では、いつも私の気付かぬアイデアやご指摘を頂き、深く頷くことがしばしば。私のブログを細部まで読み込んで下さっており、大変有難いです。D様とお会いして話す時間を楽しみにしています。雨で足下が悪い中、おいで頂き有難うございましたhappy01
 このお二方は初日にご来場されまして、上述の5,000人来場の話を俄に信じて頂けないかもしれませんcoldsweats01
 3日目は本当にスゴイ人数だったのです。それを東京支部以外の方で目の当たりにされたのは、3日目の朝からおいで下さった、栃の葉会会長S様!遠路、お越し頂き誠に有難うございました。次から次に人が来た様子を、ご実感頂けたのではないかと存じます(当の本人である東京支部員が、なんでこんなに???と思う程で、解説や販売、講習などでドタバタしてしまい、十分にお話が出来ず大変失礼しました。)重い差し入れ(飲料ケース)を、正門から会場まで徒歩でお運び頂いたことを知り、涙が出そうですcrying。有難うございました。

 今回の来場者は人数が人数でして、私自身が他にどのような方がいらっしゃったのか十分に把握出来ないレベルです。まとめての御礼になりますが、ご来場、応援を頂きました皆様に改めて御礼申し上げます。

有難うございました!!

 もし来年も同じようにこの会場で出来るとするなら、次に盛り込みたい反省点や課題も見えてきました。

イクゼ!東京支部、頑張るぞ~!

| | コメント (0)

2016年10月 2日 (日)

東京支部の秋のいわひば展示会

今日は3点ご報告を。

(1)東京支部の秋のいわひば展示会
 昨秋と場所が異なります。国営昭和記念公園園内の花木園展示棟になります。

・10月8日(土)~10日(月祝日)の3日間行われます!

・開場時間は9:30~16:30まで。最終日は15:30まで

・各日13時より植え替え講習を行う予定です。参加者は無料のイワヒバ小苗をプレゼント予定!(各回、先着約30名様)

・会員が持ち寄ったイワヒバの即売コーナーも併設予定です。

・最寄り駅は、JR青梅線西立川駅になります。駅の目の前が公園入り口ですので、電車で来られる方がアクセスは良いかもしれません(こちら)。
※入園料が別途必要になります。

・平成28年度巻柏(いわひば)の銘鑑(日本巻柏連合会発行)や、「いわひば平成銘品集」(監修 日本巻柏連合会、発行 栃の葉書房)も、受付に伝えて頂ければ入手可能です。
イワヒバに興味をお持ちの方そして初心者の方も大歓迎です!
東京支部新規入会も随時お待ちしていま~す。

・連合会のHPにも、東京支部秋の展示会のお知らせが掲載されていますよ(こちら)。

(2)日本巻柏連合会東京支部の活動が栃の葉書房「趣味の山野草」に
 東京支部の春の展示会の様子が、本誌8月号に掲載されました。
Rimg1084
 顔写真まで載っている~。この写真では解像度が悪いのですが、みんな笑顔でいい写真ですよ。取材・撮影に来て頂いたM様!大変お世話になりました。
 なお、私の勘違いで、「にっぽんの伝統園芸Vol.2(9月発売)」に掲載されるとばかり思っていたのですが、あれ記事がないぞ?となりまして。実は「趣味の山野草8月号」の中の”にっぽんの伝統園芸”のNews&Reportコーナーであったことが発覚!なんと、もう出版されていたの??となってバックナンバーを急いで取り寄せたのでしたcoldsweats01。ハズカシ。
Rimg1086
一番左の鉢。私の「墨獅子」です。

 大堀相馬焼松永窯の松永様~、見て下さい。二頭の馬が楽しそうに跳ねてますよ~。

 松永様が焼いた鉢が、ここでも活躍して多くの方の目に触れていますよ~。

この2016年8月号は、大事にとっておくつもりですangry
※ちなみに右のイワヒバはO副会長の「菊水殿」、真ん中はTさんの「銀龍獅子」です!

(3)ブログのアクセス数が、、coldsweats02
 秋が近づいてくると、各支部で展示会が始まってまいります。また、紅葉を迎えるにあたって、皆様のイワヒバの探求心が増すのでしょうか。
Access1
今月は PV アクセスカウンターがグングン上昇したのです。

PV(ページビュー):ページへのアクセス回数。1人が2ページ閲覧すれば「2」とカウントされます。
VISIT(ビジット):訪問者数。1人が1日の間に30分以上間隔を空けて、訪問すれば新たな訪問としてカウントされます。
UU(ユニークユーザー数):ブラウザや端末(スマホ、PC、iPad等)でユーザーを識別。1日に同一ユーザーが複数回訪問しても、訪問は1とみなされます。

ここ最近は、VISITが100前後、200~300PV/日で推移しているようです。500PV/日も2日ありました(オドロキ、モモノキ、サンショノキcoldsweats02

どうも有難うございまーーーすm(_ _)m

 殆どイワヒバのことしか書いておらず、(一般の方からしたら全く面白みのない)マニアックなサイトだと思うのですが、このように日々訪問してきて下さる方がいらっしゃることに改めて感謝申し上げます。

 最近は、スマホやパッドの普及で、インターネットがより身近に使えるようになったと思います。どこでもネットサーフィンできるようになったことが、PVの増加につながったという背景もあると思いますが、新たにこのサイトを見つけ、お気に入り登録して下さっている方もいるようです。有難い限りです。これからも頑張りますrock

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »