« 春日局と春日王 | トップページ | 都ノ華と金龍 »

2016年10月26日 (水)

尾鷲錦、笑獅子

Rimg1379
 登録外品種の「尾鷲錦」です。まだ2.5号鉢サイズ。成長がとても遅いです、、、bearing

 紅紫斑類といえば良いのでしょうか。秋になるとほぼ例外なく紅~紅紫~紅茶に染まる品種があると思います。登録品種で言えば「紅孔雀」、「茜錦」、「新生錦」、「墨染錦」、「墨獅子」など。登録外品種で言えば「紅孔雀龍」、「紫水ノ舞」、「新生獅子(赤獅子)」など。そして「尾鷲錦」もこの類に入ると思います。

私の印象ですが、
赤色の強さでいえば
「紅孔雀」>「紅孔雀龍」>「尾鷲錦」

色の”濃密さ”でいえば
「尾鷲錦」≧「紅孔雀龍」>「紅孔雀」のように感じます。

「尾鷲錦」は黒色を感じるような色合いで、ほぼむらが無く、赤ワインや完熟したソルダムの色のイメージに近いです。冬に向けてまだもう少し濃くなりそうな予感

 ちなみに、「茜錦」も色が濃いのですが、やや茶色よりの印象があり、「新生錦」や「墨獅子」の系統はさらに茶斑(ちゃふ)の傾向を感じています。

 「尾鷲錦」のこの頑なな赤黒さに、もし黄色の刷毛込み斑や白い爪斑が生じたら格好いいんですけれどネ~catface

20161010waraijishi
 こちらは登録外品種の「笑獅子」です。10月上旬撮影の写真です。今はもう下旬ですので、葉元はもっと赤くなっています。「尾鷲錦」の色合いも好みですが、この、葉元が赤くて砂子斑がいっぱいの「笑獅子」もいいですね。

|

« 春日局と春日王 | トップページ | 都ノ華と金龍 »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。