« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月に作成された記事

2016年12月31日 (土)

2016年大晦日

Meikanh28
 今日は2016年の大晦日。あっという間の1年間でした。

 イワヒバ関係でこの1年を振り返ってみますと、今年も思い出深い出来事はいろいろありました。

 中でも、釜爺様宅(海松園)に初めてお邪魔した事、そして南相馬市の野馬追、震災と原発事故の爪痕を自分の目で見た事。この出来事は私の頭の中に深く刻みつけられました。妻ともども温かく迎えて下さった釜爺様、ご家族の皆様、ご近所の皆様そして大堀相馬焼松永窯様改めて御礼申し上げます。

 2016年東京支部の秋の展示会(@昭和記念公園)は大盛況でした。初めての場所でうまく行くのか不安もありましたが、時節柄、予想以上の来場者(3日間で5千人?)が訪れ、スタッフは逆に大わらわでした。次回へ弾みがつく大きな一歩であったと思います。
 そして愛知から○○○様が東京支部の展示会に合わせて、我が家の小さな棚を訪れて下さいました。私の棚を初めて見に来られたお客様です。我が家は小さいものばかりで大して面白みはないのですが、イワヒバ談義に花が咲き、私の方が楽しませて頂きました。有難うございます。

 今年も、交換会、各支部展示会、全国展、お棚訪問、広報委員会と、多くの方と交流しながら、楽しい時間を過ごし、またお心遣いを頂きました。まとめての御礼になりますが、皆様に深く御礼申し上げます。
 今年も大変お世話になりました。また来年もどうぞ宜しくお願い申し上げますm(_ _)m。

| | コメント (0)

2016年12月30日 (金)

1位 12月(2016)

さて、いよいよ我が家の紅葉ランキングの1位は、

1_20161203sachi_no_hana1
 浜松産とされるこちらの品種。今年度の新登録品種。芯から出芽する際は、枝組が粗く、ウロコを感じさせる姿です。よく下垂し、9月頃から綺麗に斑がのり始めます。展示会仕様で花台にのせて撮影してみました。
1_20161203sachi_no_hana2
上から撮影。




























さて、この品種の名前は、、、、、。

続きを読む "1位 12月(2016)"

| | コメント (0)

2016年12月29日 (木)

2位 12月(2016)

我が家のイワヒバ紅葉ランキング2位です。

2_20161119thn
 登録外品種です。「御所錦」系とうかがっています。まだそれほど培養経験を積んでいる訳ではありません。胞子葉の芸が楽しめそうで、錦に染まるグネグネとした葉を展開しています。地色の深緑との対比も綺麗です。
2_20161119taihounishiki_summary
 別角度やアップの画像です。






















さてこの品種の名前は、、、、

続きを読む "2位 12月(2016)"

| | コメント (0)

2016年12月28日 (水)

3位 12月(2016)

 我が家のイワヒバも1日かけて冬囲いが終わりました。我が家の場合は、ベテランの皆様ほど数が多くありません。大きい物もさほどございません。コンテナに収納して、軒下に仕舞い込んで終了です。と言いつつ、鉢の数は間違いなく増えているので年々時間がかかっています・・・。

 光栄なことに我が家にもイワヒバでお世話になっている方々から、お歳暮が、「!?」という程届きました。旧年中に頂いたご厚意に対して私からはたいしたご返礼が出来ていないのに恐縮です。改めてこの場を借りて、御礼を申し上げますm(_ _)mm(_ _)m。

 今年も残すところあと僅かとなってまいりました。2016年のブログ記事もあと少しです。

いよいよベスト3の発表になります。

我が家の紅葉ランキング3位はこちら。
3_20161204yubae1
 もう有名すぎて名前を伏せるのも虚しくなってきますが、今年度の登録品種○○です。今年は例年に比べるといまいちな感じではあるのですが、それでもこの巻柏の色合いは、棚の中でも目立ちます。秋の紅葉が美しい品種といえば、この品種を無視することが出来ません。
3_20161204yubae2
もう一枚 別角度から。


























さてこの品種の名前は、、、、。

続きを読む "3位 12月(2016)"

| | コメント (0)

2016年12月27日 (火)

4位 12月(2016)

4_20161204beniyoukihi
 登録外品種です。親は有名なあの品種(世界3大美女とも言われる女性の名前)です。斑のりが良い点や紅葉時に美しい朱橙色に染まる点は親譲りで、さらに葉元に紅が出るという美味しい品種です。巻柏仙人様が世に送り出した品種です。




















さて、この品種の名前は、、、、

続きを読む "4位 12月(2016)"

| | コメント (0)

2016年12月26日 (月)

5位 12月(2016)

5_20161204ryu_no_ou
 「富士之華」を親に持つ龍葉の登録品種です。紅葉の色合いは親譲りで綺麗です。
5_20161203ryu_no_ou1
 我が家には今2株あります。本当はどの葉も一本葉になって欲しいところですが、葉先で枝分かれしています。


















さてこの品種の名前は、、、

続きを読む "5位 12月(2016)"

| | コメント (0)

2016年12月25日 (日)

6位 12月(2016)

6_20161203kasuga_no_tsubone1
 もう説明は要らないと思いますが・・・。12月の姿です。地色の緑が渋く紫がかっております。あの品種の細葉変異種で、登録外品種です。漢字3文字です。最初の2文字は親の名前から来ていますね。巻柏仙人様が世に送り出した品種です。
6_20161203kasuga_no_tsubone2
上から撮影した画像です。



さてこの品種の名前は、

続きを読む "6位 12月(2016)"

| | コメント (0)

2016年12月24日 (土)

7位 12月(2016)

7_20161204miyako_no_hana
 登録外品種です。「都紅」が親になります。親よりも斑のりが良いと言われている品種です。うーん、すみません。地色の緑が紫がかっており、この色合いでは「紫峰乃光」に見えるかもしれませんが、そちらではございません。




















さて、この品種は、、、、

続きを読む "7位 12月(2016)"

| | コメント (0)

2016年12月23日 (金)

8位 12月(2016)

8_20161204tukiorinishiki
 登録外品種です。染め分け品種と表現すればいいのでしょうか、黄色の葉が混ざります。秋の紅葉はオレンジ~ピンク色を感じさせ、目を惹きつける色合いに染まります。品種名の読み方は、漢字を見ただけでは戸惑うかもしれません。地名に由来しています(山や温泉にこの名前があるんですよ)。いつもお世話になっている茨城県S様が親元になります。




















さて、この品種の名前は、、、、、

続きを読む "8位 12月(2016)"

| | コメント (0)

2016年12月22日 (木)

9位 12月(2016)

9_20161204kououkan
 平成21年の登録品種。全葉が黄色に染まる萌黄葉類。丈夫で成長も早く、育てやすいと思います。ベランダで軒下培養していた時代でも、育ってくれた印象があります。以前は「黄金立浪」と呼ばれていたとベテランの方からうかがったことがあります。



















さて、この品種の名前は、、、、

続きを読む "9位 12月(2016)"

| | コメント (0)

2016年12月21日 (水)

10位 12月(2016)

10_20161119benikujakuryu
10位

 登録外品種。親は有名なあの品種です。葉元がやや長く伸びる様子から”龍”の漢字が入っているようです。親よりも色が濃く染まるように思います。この株は、私がイワヒバを始めた頃に入手した株で、付き合いの長い株です。でもそんなにサイズ大きくないのは、何度かガレてしまったからweep。漢字4文字の品種名はイワヒバの世界では珍しいと思います。

















さー、この品種の名前は、


続きを読む "10位 12月(2016)"

| | コメント (0)

2016年12月20日 (火)

さて、撮りためた写真ネタが無くなってきました。

 12月に撮影した写真も、日々ブログ記事で紹介しているうちに残り僅かになってまいりました。

 

フォルダの中には、お気に入りの品種や、綺麗な紅葉になったなぁというものが残っていますsmile

 我が家の2016年紅葉ベスト10を決めました。10日間かけて大晦日までつなごうと思っています。今日は、惜しくもベスト10に入らなかった品種を紹介致します(勿体つけていますが、この辺りまでくると、もう好みの問題かもしれませんcoldsweats01)。
20161204reihou_2
 「麗峰」です。今年はあまり深く斑を伸ばしませんでした。「麗峰」にしては大株だと思っています。いかがでしょうか?入手時に比べて芽数は増えました。
20161119himekokin
 登録外品種の「姫古金」。今年は交換会で茨城のS様が大変見事な「姫古金」の大株を競りに出されていました。成長の遅い「姫古金」ですから、何十年と経っている株だと思われます。「姫古金」は齢を経るとあのようになるのだ、というイメージを掴めました。
20161204taiheikan
 イワヒバの銘鑑(番付)では最高稀貴品に位置する「泰平冠」です。紅葉としてはいまいちだったので、選外でのご紹介。
20161204tofunishiki
 「十符錦」。いい感じに黄色葉がアクセントになっております。渋さと個性があって良い品種なのですhappy01
20161204hotaru_no_hana_2
 登録外品種「蛍ノ華」。細葉で、細かく分岐した葉形をしています。「蛍ノ光」という名前も使われていたことがあったようですが、それでは”終わっちゃう”ということで、名称変更したという話をうかがいました。綺麗な紅葉で、現在気に入っている品種の一つです。「紅玉錦」に似ているのかなと思いましたが、葉形は違うようですし、より繊細さを感じました。線香花火のように、暗闇でパチパチと火花が散っている印象です。手に入れた時は手こずりましたが、成長が遅いということを念頭に置いて培養していたら、我が家でも順応して来てくれたようです。

| | コメント (0)

2016年12月19日 (月)

いろいろ10 12月(2016)

2016120kasugaou
 「春日王」の12月の姿です。地色が紫がかってきたせいか、夏の姿とはまたひと味違った印象です。
20161203sankei_no_hana
 愛知県産の登録外品種「三恵ノ華」です。今年手に入れたばかりでまだ経過観察中です。春先はどんな色合いになるかなぁ。
20161203aoi_no_mon
 登録外品種の「葵ノ門」です。こちらも確か愛知県産でしたね。12月は日陰作りになってしまい、黄色が褪めて、黄緑色になったような気がします。
20161203shihoukaku
 確か今年から出回り始めた「志峰閣」。おっと、確かこれも愛知県産ですね。「古金蘭」の変異種とうかがっています。まだ手に入れたばかりなので、これから培養経験を積んでいきたいと思います。
20161203izuru_no_hana
 登録品種の「出流ノ華」です。親元である栃木県タカチャン様のお棚を見学に訪れた際に分けて頂いたものでありますhappy01。今年は、交換会でタカチャン様オリジナルの「初音ノ華」を手に入れました。そちらも、今後の成長が楽しみです。
20161203fuji_no_hana
 イワヒバの銘鑑(番付表)で横綱にあたる最高稀貴品には5品種あり、そのうちの一つ「富士之華」です。この澄んだ色合いのオレンジに染まる紅葉は「富士之華」ならではと思います。「富士之華」系の子供達は値段も高いように思います。「龍之王」とか「麗峰」とか。「妙秋」は、、、、。

| | コメント (0)

2016年12月18日 (日)

いろいろ9 12月(2016)

20161203kimigayo_2
 「君ヶ代」です。茨城県T支部長の登録品種です。美術品クラスは白が美しくはぜて展示会等でもおっ!?と目を引くように思います。
20161203fukuebisu
 こちらは登録外品種の「福恵比寿」です。まだ小苗ですcoldsweats01
20161203hakusan1
 こちらは「白山」。作上がりさせたいのですが、手こずっています。葉緑素の無い真っ白な芽は、つぶれるのかなぁ?と不安も感じます。
 敢えて摘芯して、延命しつつ多芽にするという手法がイケルのでしょうか。来年、覚えていたら試してみようと思います。
20161203hokuen_no_hana
 登録外品種の「北遠ノ花」です。お気に入りの品種なので、複数株手元にあります。ベテランの方から教えて頂いたように、どうも脇芽を吹きづらい特徴がありそうです。

| | コメント (0)

2016年12月17日 (土)

いろいろ8 12月(2016)

20161203takasago_2
 登録品種の「高砂」です。葉先がくるんとしています。
20161120takasago_2
 こちらの写真の株は、私のものではありませんがついでにcoldsweats01。とあるお棚で撮った株立ちの「高砂」です。
20161203biroudo
 こちらは「天鵞絨(びろーど)」です。苔松様に交換会でお会いしたときにお土産で頂いたものですm(^ ^)m。葉丈の詰まった美人さん。大事にしまっすhappy01
20161203ayataka
 栃木県 I 様が登録された「綾鷹」です。「白綾」の太葉変異種といわれています。単に葉幅が太いだけではなくて、枝組みが粗く、しなるように葉を伸ばす特徴があると思っています。
20161203himeaya_futoha
 こちらは以前紹介したものです。「白綾」の姫性である「姫綾」が、先祖返りして太葉に戻った株です。では「白綾」に戻ったのかと言いますと、この個体はどうも「白綾」とも葉形が違うように見えます。こういうことがあるのでイワヒバは面白いです。
20161203sirane
 登録外品種「白根」です。「銀世界」系の細葉品種といわれています。白い色がうまく出せると棚の中でも存在を主張してきます。

| | コメント (0)

2016年12月16日 (金)

いろいろ7 12月(2016)

20161203waraijishi
 登録外品種「笑獅子」の12月の姿です。寒さと乾燥のせいか、チョリチョリしてきています。
20161203zuikounishiki
 「瑞光錦(太)」です。黄色の刷毛込み斑がややオレンジ色がかっていました。
20161203shisui_no_mai
 「紫水ノ舞」です。紅色になる細葉の品種です。繊細な美しさがあってイイデスネ~。
20161203tokiwajishi
 「常磐獅子」です。トップの「笑獅子」と色合いが似ているように見えるかもしれません。でもベテランの方が見れば、一発で見分けて下さいますよ。
 ほーら、じっくり見てると、段々、色も葉形も違って見えて・・・・。
20161203kinmeihou
 こちらはあるお棚から嫁いで来た「錦明鳳」です。頑健な品種のようです。私はこの株を”ベリベリ”の「錦明鳳」と呼んでいます。

 この株は株立ちの古株です。幹の直径は5cm以上ありますが、ずっと長い間2.5寸鉢に入っていたのです。根が水を求めて鉢穴から伸び、トレーに張り付いた状態で培養されていました。

 「錦明鳳持っていく?」と仰って下さった時、真上から見ていたので、そんな状態になっているとは、つゆにも思いませんでした。鉢を持ち上げるとベリベリベリと根を引き剥がす大きな音がしました!さらに、幹の太さと鉢のサイズのアンバランスを見て、二度たまげましたcoldsweats02

 イワヒバの培養って押さえるべきポイントを押さえていれば、丈夫に育つなんだなぁと思った出来事でした。ちなみにこの「錦明鳳」は、現在4号鉢に入っていますcoldsweats01。胴から芽吹きして葉が茂り始めました。

| | コメント (0)

2016年12月15日 (木)

いろいろ6 12月(2016)

20161203fukuju_futo_hoso
 葉幅の違いがお分かりになるでしょうか。「福寿(太葉)」と「福寿姫」です。
20161203magorokunishiki
 登録品種「孫六錦」の12月の姿です。
20161203kinsei
 こちらは「錦星」です。「明星」の細葉変異種といわれる登録品種です。そして準固定種です。太い葉がニョロッと出て来たので、すわ先祖返りか!と懸念して、ブチッと引き抜きました。
 腕の産毛の中に他よりも一際太い毛が出てくるケースってありませんか?それを引き抜く気持ちに似ています。
20161203kahou
 登録品種「華鳳」です。青葉品種です。ピンピン突き出して伸びていますが、龍葉ではないんですよ。地味に見えるかもしれませんが、他の品種とも区別しやすい個性を持っており、結構好きです。

| | コメント (0)

2016年12月14日 (水)

いろいろ5 12月(2106)

20161203hakubotan
 「白牡丹」です。あまり紹介したことがなかったかもしれません。株立ちでそれなりに、いい大きさなんですよ。昨年我が家に嫁いでまいりました。我が家の環境に慣れてきた気がします。もう2年位したら綺麗に色を出して、まとまってくれるのじゃないかと、期待していますrock
20161203kotobuki
 栃木県S支部長のお棚から嫁いで来た「寿」です。いい色になりました。なお、浜松産の「寿」とは別品種になります。
20161203kihoukan
 秋に植え替えた小苗達。「白牡丹」、「尾張富士」、「瑠璃獅子」、「黄豊冠」等が写っています。
20161203koukaden2
 登録外品種「黄華殿」。12月になったらやや色は濃くなった感じはあります。鮮やかさが
プラスされたら良かったのですが、今年はもうこれで水切りに入っています。

| | コメント (0)

2016年12月13日 (火)

いろいろ4 12月(2016)

20161203ariake
 「有明」です。現在このような姿です。冬はほとんど日に当たらない状況になりました。オレンジ色まで進むかと思ったのですが、紅葉の進みも停滞したように思います。
20161203takaratamanishiki_2
 登録外品種の「宝玉錦」です。12月はこんな色合いになりました。
20161204hakkoukirin
 登録品種の「白晃麒麟」です。小苗のうちは可愛い頭(芽)をしているのですが、だんだん葉丈が伸びてきています。
20161203yumegokoro
 登録外品種「夢心」です。今年の埼玉大交換会で手に入れました。
20161203nikkoubotan
 登録外品種の「日光牡丹」です。この株は、以前巻柏仙人様宅を訪れた際に、お土産として譲って下さったものです。元気にしていますよ~。

| | コメント (0)

2016年12月12日 (月)

昨晩はとても良い時間を

Img_0215
 昨晩は、日本料理屋のカウンターで、私達の親世代ともいえるドイツ人のご夫婦と夕食をご一緒させて頂きました(カウンターの中からお店のご主人が撮って下さいました)。
 ロマンスグレーの白髪で、ポール・ニューマンのような出で立ち。そしてとても紳士。日本のことは、大変に、大変にお詳しいのです。日本でのお勤めは終えたのですが、今も短期滞在で来日し、日本の大学で教鞭をふるっている方です。
 日本の歴史についても詳しく、さらっと「参勤交代」の説明も出来てしまいます。私よりも日本のこと詳しいかも・・・?

しかーし!

さすがにイワヒバのことは知らなかった!!!

日本の伝統園芸をご存知?
イワヒバをご存知?
答は「NO!」

 写真にも写っているこの本をプレゼントしました。もう食い入るように見つめて、ページをめくっていましたよcoldsweats02coldsweats02coldsweats02、特に江戸時代に番付表を作って多様性を楽しむ文化があることや、園芸を楽しむ庶民を描いた風俗画等は興味深かったようですwink。奥様は台湾の方で、寒蘭や春蘭などは馴染みがあるようでした。綺麗な色とりどりの花物をじっくり眺めていらっしゃいましたhappy02

 本当はお二人にはイワヒバをプレゼントしたかったのですが、もう冬眠して丸まっており、今回はあきらめました。次回は展示会にお誘いしたいですねーhappy01。あかぴょん、海外の方にもイワヒバをしっかりアピールしてますよ~。

| | コメント (0)

いろいろ3 12月(2016)

 今年はイワヒバの斑をのせづらかった、と巷の評判です(え?あかぴょんのウデが悪いんだろうって??smile)。
 ご紹介するには物足りない色合いかもしれません。 「紅葉いまいちだけど」シリーズとしてアップしてみます。
20161203tamaorihime
「玉織姫」
20161203misono
「美薗ノ花」
20161203hanaguruma_hosoha
 この株は「雲上錦」ではなくて、「花車(細葉)」として扱っています。唐花系の細葉変異種が本来の「雲上錦」、とベテランの方々から教わりました。
20161203hanabotan
 登録外品種の「華牡丹」です。
20161203mangekyou
 「万華鏡」です。12月に入ったら、もう少し紅色が強くなると思ったのですが、冬はずっと日陰の環境にいたせいか、成長も紅葉も停滞した印象があります。
20161204daikouhou
 斑のりがとても良い「大晃宝」ですが、今年はこんな感じです。5月に外科手術をしたので、弱日で養生していました。来年は太陽の下で炙ろうと思っています。

| | コメント (0)

2016年12月11日 (日)

いろいろ2 12月(2016)

20161203hanajishi
 登録外品種「花獅子」です。この株は茨城県S様のご厚意で我が家に嫁いでまいりましたm(_ _)m。成長は遅い部類です。人気は高く、レア品種の一つではないでしょうか。
20161203kokondoppo_thin
「古今独歩(細葉)」です。葉幅の細さが伝わるでしょうか、、、?
20161203nikkou
 「友白髪」の斑がよく出るタイプの「日光」です!現在は「友白髪」として統合されている品種ですが、「日光」のラベルで管理を続ける予定です。
20161204kinranori
 こちらは「金襴織」です。比較的安価で流通している品種と思います。今年はいまいちな色合いですが、砂子斑類の中でも結構いい色になるんですよ。お求めやすい値段で綺麗です。私は結構好きです。
20161203ryokusuikan
 我が家の「緑翠冠」の12月の姿です。季節の移り変わりと共にいろいろな表情を見せてくれます。

| | コメント (0)

2016年12月10日 (土)

いろいろ1 12月(2016)

20161203ougon_no_hana
 「黄金ノ華」。12月まで待ってみましたが、それほど紅くなりませんでしたdespair
20161203oumidaiou
 「近江大黄」。今年はだいぶ成長したと思います。残念ながら色は青々したまま。
20161203hokutosei
 「北斗星」。頭(芽)は分けつしやすいようです。年季が入ってくると多頭の株立ちになって、より風格を増してきそうです。チラリと黄色を出してくるところはアクセントになって、目が行きます。
20161203tanchou_2
 「丹頂」です。現在6号サイズだったかな。下葉が紫色を帯びておりました。渋いです。
20161203murasaki
 こちらも紫を帯びていました。光の加減で、葉先が青白くキラキラ光り、瑠璃色という表現も使いたくなります。

| | コメント (0)

2016年12月 9日 (金)

龍葉品種いろいろ 12月(2016)

20161203ryuoujishi
 登録品種「龍王獅子」です。他に類を見ない独特の葉です。
20161203kinryu
 「金龍」です。
20161203sekkakinryu
 「石化金龍」。じわじわ成長しています。
20161203fumei
 名称のない龍葉品種。斑が入ります(一本葉ではないのですが、柄がすっと伸びるので龍葉品種的に扱っています)。
20161203ryukaku
 登録外品種「龍角」。遠州のコボリ様が世に送り出した品種とうかがっています。枝の分岐の角度が広いのが特徴と思います。
20161203surugajishi_kawari
 以前、釜爺様がご紹介されていたと記憶しています。登録外品種の「大駿河獅子」。「駿河獅子」の太葉品種と捉えております。

| | コメント (0)

2016年12月 8日 (木)

富貴殿 12月(2016)

20161203fukiden
 「富貴殿」の12月の姿です。今年は肥料の加減が分かった気が致します。夏、調子が良い時の富貴殿は、つやのある黄緑色になりました。また、秋、冬には葉先がいじけるイメージがあったのですが、スタミナが残っているのでしょうか全体的に良い色になった気がします。

| | コメント (0)

銀星冠 12月(2016)

20161203ginseikan
「銀星冠」です。紅葉はいまいちです、、think

| | コメント (0)

金麒麟 12月(2016)

20161203kinkirin1
 「金麒麟」です。この株は、6号か7号サイズの鉢に入っていたと記憶しています。気温が下がり、空気が乾燥してきているせいか、葉先がチョリチョリ丸まって来ています。
20161204kinkirin2
 もう一株の「金麒麟」。冬はこちらの方が日が良く当たっていたためか、赤みのある紅葉になっておりました。

| | コメント (0)

2016年12月 7日 (水)

春日錦 12月(2016)

20161204kasuganishiki1
 我が家の「春日錦」、12月の姿です。芯がオレンジ色で、周縁の下葉の部分は緑色からやや紫色に変わってきておりました。

| | コメント (0)

中国之華 12月(2016)

20161204chugoku_no_hana
 登録外品種「中国之華」の12月の姿です。こちらも渋い色合いです。秋から冬にもっと日が当たっていれば、また違った結果になるのかなぁ、と思っています。それにしても、背景のコンクリートと似たような色合い。まるで「保護色」(!)。
 コントラストのない被写体を前にして、カメラが苦しんでいました。

| | コメント (0)

黒姫山 12月(2016)

20161204kurohimeyama
 登録外品種の「黒姫山」です。やや葉元が赤くなってきたでしょうか。旧居の棚は南向きで11、12月でもよく日が当たりました。しかし現在の棚はやや北向きでして、12月になるとほとんど日が当たりません。これはもう受け入れるしかないようです

| | コメント (0)

鸞鳳 12月(2016)

20161204rampo
 「鸞鳳」。12月の姿です。弱々しそうに立ち上がっております。いい加減に休眠させてくれと訴えているように感じますcoldsweats01

| | コメント (0)

2016年12月 6日 (火)

明星 12月(2016)

20161204meisei1
我が家の「明星」です。12月撮影。
20161204meisei2
上から撮影した写真です。

| | コメント (0)

御所錦 12月(2016)

20161203goshonishiki
 「御所錦」12月の姿です。しっぶーい色合いになりました。今年は斑のりが悪い状況でした。さらに冬は、我が家の環境は日当たりが悪い状況です。地色の部分が紫っぽくなったように思います。

| | コメント (0)

墨獅子  12月(2016)

20161204sumijishi1
我が家の「墨獅子」。12月撮影です。
20161204sumijishi2
赤い色が強く出れば綺麗なのですが、我が家の棚は冬の日当たりが悪く、くすんだ茶色の紅葉となりました。

| | コメント (0)

屋久島 12月(2016)

20161204yakushima
12月の「屋久島」の姿です。現在7号サイズです。

| | コメント (0)

2016年12月 3日 (土)

12月になりました。

 師走です。2016年も今月で終わりですね。振り返ってみればこの一年もいろいろありました。ホントニ。仕事の方は、2016年前半に良いことがあったのですが、後半によろしくないことも起こり、目まぐるしい一年でした。あ、でも私はマイペースでやっていますので元気ですよhappy01

 今日は12月分のイワヒバの写真を撮影しました。葉が一部チョリチョリになって巻き始めているものも出て来ました。これで撮りおさめ、として水を切ることに致しました(イワヒバを休眠させて、冬囲いします)。12月撮影の写真は、これから徐々にアップしていこうと思っています。

 今日撮影した写真はまだ編集中です。11月中旬に撮った写真が残っているので、とりあえずそちらでご容赦を!
20161119sumizome_no_fu_futoha
登録外品種「墨染ノ斑(太葉)」。
20161119ryujin_no_mai
登録外品種「龍神ノ舞」。11月中旬の姿です。
20161119kasugaou
「春日王」。11月中旬の姿です。
20161119mangekyou
新登録品種「万華鏡」です。
20161119sumijishi
「墨獅子」の小苗です。
20161119rikyuhou
「里宮鳳」。11月中旬の姿です。
20161119taiheikan
 最高稀貴品5品種のうちの一つ「泰平冠」。今年手に入れました。ついに手を伸ばしてしまったか、と自問自答している品種です。意外かもしれませんが、イワヒバに熱をあげている私が、この有名な「泰平冠」を今まで一度も手にしたことはありませんでした。
 私の中で、「泰平冠」はイワヒバの中で一番高い値段で君臨し続けている品種という認識です。それは、初心者はまだ踏み込んではいけない、という畏怖の念を起こしました。また、値段が最高の品種となると、イワヒバを見ているつもりが、「お金」として見ている自分が出てきそうな不安がありましたthink。「泰平冠」を「お金」として見ることを悪いとは思いません。私が心配したのは、「泰平冠」を手に入れると、泰平冠を「貴重品」として扱うあまり、世間の常識とかけ離れた価値観を持つ人になったりするのかなぁ?ということです。
 落語の「厩火事」をご存知でしょうか。瀬戸物が趣味の旦那さんは、奥さんと瀬戸物のどちらが大事か?というくだりが出てくる噺(はなし)です。
 イワヒバの培養を続けている今の私は、「イワヒバ>人間」ではない、という認識があります。値は張りますが、これは草です。枯れもすれば、不慮の事故でいきなり失われることもあるでしょう。不思議なことではありません。そんな”気の持ちよう”を知ってから、「泰平冠」も怖くなくなりました(貴重なものだったら、相応の準備や対策を講じておくことも必要だと学習しましたsun)。

 長々書きましたが、「悩んでいたけど、泰平冠をついに手に入れたぞ~」ということでありますcoldsweats01

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »