« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月に作成された記事

2017年1月31日 (火)

春日錦 2016

Kasuganishiki_2016

 我が家の「春日錦」の定点撮影(2016年版)です。
定点撮影と言いつつ、抜けている月があったり、向きを考えずに撮っていた月もありますbleah。この写真の株は全て同一個体ですので、色の変化の参考にはなるかと思います。

 「春日錦」の春から秋までの色の変化はめまぐるしく、また賑やかです。紅葉時は花が咲いたようにも見えます。好きな品種の一つです。

| | コメント (0)

2017年1月29日 (日)

黄王冠 2016

Kououkan_2016

我が家の「黄王冠」の定点撮影(2016年版)です。
取り忘れている月があったり、向きを考えずに撮影しているものが所々入っていますネcoldsweats01
定点撮影シリーズの品種はなるべく毎月撮るようにしているのですが、次回撮ろうと思って忘れてしまったり、撮ったつもりになって忘れていたりというケースもありますのでご承知おき下さい。

 我が家の環境において、「黄王冠」は紅葉の色が褪めて成長が始まる5月頃が美しいです。全葉がつやのある黄色に染まっています(残念ながら、2016年は撮り忘れていますbearing)。
 この時期は、他のイワヒバ達も活性が高く、イワヒバだけでなく、私もウキウキしています。
 その後、黄色味が薄れて、夏はライムグリーンの姿になると思います。10月-11月にかけて再び美しく黄色く染まります。しかし2016年は、9月の雨続きで日照時間が乏しく、なかなか黄色くなりませんでした。残暑らしい暑さも感じないまま、10月に突入しました。その辺りから、日照時間を稼ぐことが出来たように思います。その後、寒気でギュッと凍えたせいかオレンジ色を感じるような色合いになりました。

| | コメント (0)

2017年1月24日 (火)

銀星冠 2016

Ginseikan_2016

我が家の「銀星冠」の定点撮影(2016年版)です。
1枚の画像にまとめてあります。

2009年5月31日入手です。
過去の定点撮影は下のリンクから見ることが出来ます。

2009年
2010年
2011年
2013年

 ちなみに、前回の富貴殿もそうですが、2013年までは旧居のベランダで培養していました。すなわち、雨のあたらない軒下培養であり、現在よりも日照時間が少ない場所でした(5時間程度)。
 2014年から現在のバルコニーで培養するようになりました。雨にあたり、日照時間も長くなっています(初夏は10時間以上)。そういった目線で眺めると、転居後の環境の方が、季節毎の色合いにメリハリが出て来たように思います。


 えーと、今のところ問題は発生していないのですが、こんな自己満足写真でも資料として有用性がありそうな気がしてまいりました。商業利用や無断配布はどうかご遠慮下さい。世の中の流れに従って、「転載・複製はご遠慮下さい」のロゴを埋め込ませて頂きました。

| | コメント (0)

2017年1月22日 (日)

富貴殿 2016

Fukiden_2016
 定点撮影の醍醐味です。毎月撮影した写真を並べると楽しいのです。

 ブログを始めた当時、企画ネタとして(むしろ自己満足として)やっていました。イワヒバは春から秋の間に目覚ましい色の移り変わりをする品種があります。また成長が遅く、本当に大きくなっているのかよく分からず、記録したかったのです。
 そこで、毎月同じ向きから撮影して写真を並べたら面白かろう、という動機でやっておりました。
ブログを始めた当初は真面目に並べていたのですが、最近はさぼっていましたねbleah

こちらは2010年、2011年、2012年の定点撮影(1年分)です。
ちなみに上と同じ株ですよ!

2010年

2011年

2012年

2009年の秋にこの株を手に入れてから、毎月撮っています。
我ながら「阿保かいな?」と思う時もありますがcoldsweats01、楽しいからまだ続きそうですよ。
10年追跡したら自慢できそうですねsmile

ところで、こんな飲むヨーグルトが我が家の冷蔵庫に入っておりました。
Omitama_yorgurt

「おみたまヨーグルト」~(ドラえもん風)!

 茨城県小美玉産ブルーベリー、石岡市八郷地区の福来(ふくれ)みかんが入った飲むヨーグルトです。小美玉市や石岡市といえば、T支部長、K林様、文爺様、石岡巻柏研究所のお膝元。ちなみに小美玉市は、小川町、美野里町、玉里村の頭文字を一つずつとって命名されています(茨城空港があるところ!)。

 このヨーグルトは妻のおみやげでして、最近ちょこちょこ行っているようです。いいなー。イワヒバ界の重鎮、愛好家の皆様がいらっしゃり、私にとってはヨダレが出そうなエリアです。

 小美玉市の四季文化館みの~れ、の企画で、文化振興の学校公演が毎年実施されているそうです。
Act161120_2
 code”M”もこの事業に参画している音楽団体の一つです。幼稚園や小・中学校を廻っております。1-2月も何カ所か廻るそうですよ。こんなつながりが出来るなんて、世の中、面白いですcoldsweats02

| | コメント (0)

2017年1月14日 (土)

カナリア!

今日、恥ずかしながら初めて知りました。

カナリアというあの可愛い鳥は、漢字で書くと

「金糸雀」。

 知らずに見たら「きんしじゃく」と読めます。

 ここで私の頭はいきなりイワヒバに直結。「きんしじゃく」の読みを持つ登録外品種のイワヒバがあります。「栄獅子」の細葉変異種といわれる萌黄葉類の品種です。古くからある品種と思います。

 NHK出版の「いわひばを楽しむ」では、漢字は「金朱雀」ですが、読みは(きんしじゃく)となっています。

 「金朱雀」という当て字の方がイワヒバ界の認知度は高そうです。もしかしたら(きんすざく)という名前でも認知されていると思います。しかし、巻柏仙人様のHPの「品種の画像紹介」から引用しますと、入手当時は「金糸雀」であった、と記載してある点が興味深いです。

 この品種はもしかして最初は「金糸雀」と書いて、「カナリア」って読ませる品種だったのかな?と思い始めました。「金糸雀」はカナリアとは読み難く、「きんしじゃく」だけが会話で一人歩きした可能性がありそうです。「きんしじゃく」を手に入れた方が、ラベルに「金朱雀」と書きこんで、その後流通し始めたみたいな・・・。

カナリア→金糸雀→きんしじゃく→金朱雀(→きんすざく)

カナリアは黄色いしなー、萌黄葉類だから外れていないなー、

真偽はともあれ、そんな想像を巡らすだけでも楽しくなってきます。

明日は日本巻柏連合会の理事役員会です。2017年の活動がまた始まりますネ!happy01

| | コメント (0)

2017年1月10日 (火)

いろいろ2 1月(2016)

20161120ryumon_no_hana
 「龍文ノ華」:我が家の「龍文ノ華」は、あまり良い紅葉にめぐまれず、大人しい色合いでした。こちらは株の充実ぶりもさながら、夏の白色に覆われた姿から紅葉に移る様子が見えるのでした。
20161120ayataka
 成長の遅い「綾鷹」。大株です。紺性を感じる濃緑色の葉元から、葉先の白に至るグラデーションは秀逸!
201611201
 こちらは「白綾」。「白綾」の太葉変異種が上記の「綾鷹」です。葉組みの粗さや、地色の緑色が違うと感じるあかぴょんでした。

| | コメント (0)

2017年1月 9日 (月)

いろいろ 1月(2016)

昨年のお棚訪問で撮影した中から。

20161120suruganishiki
 「駿河錦」:成長が遅い品種です。頭も中型サイズですし、明星や九重錦などの砂子斑ファミリーの中では、矮性品種の位置づけと思っています。紅葉時の重厚な橙色と、葉先の金斑が魅力的です。多頭でカッコイイ株立ちです。
20161120kohakunishiki
「琥珀錦」:渋いえんじ色とクリーム色。頭が大きくなってくると、下葉が風になびくようにゆらめく姿になるように思います。そこもまた魅力の一つではないでしょうか。
20161120ougonryu
「黄金龍」:茨城県S様の作出。萌黄葉類で龍葉というレアな性質。健康優良株~。

| | コメント (0)

2017年1月 5日 (木)

今年、刈り込んでみようかな

20160911xxx
 山取り品種、小葉で青葉もの(9月撮影)。八房性と言えばよいのか、頭(芽)がポコポコ出来ます。
20161204sh3
 中心部はやたら密生しています(12月撮影)。
20161204sh4

 これ、葉丈が長い部分を摘んで、全体をまーるく刈り込むようにしたら、「明宝」や「鳳明殿」みたいな株姿になるのかな?なーんて思っているのですけれど。

| | コメント (0)

2017年1月 4日 (水)

今年、殖やしてみようかな、その2

20161119ows1
 赤黒さを感じる色合い。この紅葉、好きです。
20161119ows2
 この色合いを受け継ぐ変異種が出ないかと期待中。挿し芽で100株作ったとして、数%でイイから面白い株が出て来たらいいのにな~wink

| | コメント (0)

2017年1月 2日 (月)

今年、殖やしてみようかな その1

 正月は妻の実家に帰省中のあかぴょんです。
 ブログ記事は書きためてあるので、日々更新されるように、目覚まし時計のようにセットしてあります。

 今日はこちら。
20161119zzzz
 我が家の実生株。11月撮影。斑のりはいいのです。もうちょっと様子を見て、個性がしっかり分かるようでしたら殖やしてみようかな、と思っています。
 挿し芽がうまくいくのかワカランケド!!

| | コメント (0)

2017年1月 1日 (日)

2017年 明けましておめでとうございます!

C61
2017年酉年
明けましておめでとうございます。気持ちも新たに、今年もイワヒバ頑張ってまいりまーす。
今年も宜しくお願いしまっす。

Rimg3084
 年末の大掃除で綺麗になった我が家の作場!高圧洗浄機が大活躍しました。
Rimg3088
 おや?掃除中に気付きました。

 ツルウメモドキ(雄)の鉢になにやら緑色のものが・・・?

って、これはマツバランですね??胞子発芽したんだろうなぁ~。

我が家には現在5鉢マツバランがあるので、それのどれかですね。

びっくりしました。こんな簡単に生えて来ちゃっていいの?というのが正直な感想です。

 今までマツバランのために桐生砂用意したり、冬は室内に入れたり、それなりに世話を焼いていたんですけどね。

 寒風吹きさらしの、黒ずんだ土の中からこのように生えてくるとは、イメージが崩れました(笑)。

 たぶん、この鉢は2年間植え替えていないので、その間に胞子からここまでなったのだと思っています。

 これ、このまま雪に当ててもいいのかな、原種に戻るのかな、など興味が湧きます。

20161203rsn
 イワヒバの写真がないと寂しいので、昨年撮った中からご紹介~。我が家に嫁いでまいりました。11月撮影。

| | コメント (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »