« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月に作成された記事

2017年3月29日 (水)

まだ寒かった

Rimg3149
 日、月と本降りの雨。冬眠させているイワヒバの三分の一位を棚に並べて、2日間雨にあててみました。しかし思ったよりも気温が冷え込み、あまり葉は開きませんでしたweep。しょぼーん。

 2~3号サイズのイワヒバでしたら、8-9割開いているのですが、それ以上のサイズになると、まだ寝ぼけ気味で4-6割の開き具合でした。

 「バスチン」して目を覚ましたイワヒバは、葉を開いた姿をキープしていますangry。でも、寒そうcoldsweats01

 大きな株は、「玉獅子」や「白牡丹」。まだ葉は開ききっていません。
 「復活出来そうなら持っていってみる?」と言われて、昨秋あるベテランの方のお棚から手に入れてきた「天神龍」と「紫金蘭」も並べてあります。復活なるか??私は株立ちのイワヒバの培養経験が浅いので手こずりそうです・・・。

| | コメント (0)

2017年3月26日 (日)

バスチン

Rimg3146
 「レンジでチン(レンチン)」、ならぬ「バスルームでチン(バスチン)」して、一晩覚醒。

↓イワヒバにぬるま湯をざぶざぶかける。
↓風呂場の換気を止めて、湯気が立ちこめた状態にする。
(お風呂上がり直後でもいいですし、シャワーでお湯を四方の壁にざっとかけるだけでも湯気が立ちこめます。)
↓1-2時間後にもう一度ぬるま湯を追加でサラッとかける。
↓一晩放置。

4号サイズ位でしたら、一晩で開くと思いますscissors

<利用時のご注意>
浴室を一晩利用することを同居者に了解を得ておいた方がよろしいかと思います。

・利用中は、浴室にやや土埃の匂いが立ちこめます(終了後に換気をすれば、すぐに除けると思います)。脱衣所(歯磨きスペース)にもほんわか香りが漂ってくるかもしれません。

・空の浴槽の中にイワヒバを並べて、覚醒をしようとしていたら、妻が知らずに自動お湯張りボタンを押し、水没したことがあります(すぐに気付いて救出しましたが(笑)、湯船には鹿沼土が浮いていました(泣))。

| | コメント (0)

2017年3月25日 (土)

桜も咲いたし

 東京都心部では桜が開花しました!
 我が家は東京の西の方(山に近くて寒い!)なので、周りの桜の木が咲いている様子は感じられませんが、それでもイワヒバを起こしたいムラムラが止まりません。

Rimg3142
 ということで、この禁断症状のエネルギーを使って、今日は棚のセッティングを始めました。雨が降ったらいつでもイワヒバを出せるように。キキキキ。

| | コメント (0)

2017年3月21日 (火)

宮島で見つけた鉢

20170318_123531_3  
 厳島神社目当てで宮島を歩いている時に、何軒か民芸品屋さんに遭遇しました。歩きながらショーケースを眺めていると楽しいです。湯飲み、急須、しゃもじ、箸、木製のお盆、木彫りの置物等が並んでいました。こういうのを一つ一つ手で作っているんだろうなぁと思うとわくわくしますね。職人芸って結構好きです。

 こちらのお店は、お世辞にも商売繁盛で大盛況という様子ではございません。店先のガラス棚の中には木工品が並べられておりますが、商売っ気を感じないといいましょうかcoldsweats01。新聞紙は日に焼けてセピア色、幾つかは埃をかぶっておりました。ただ、戸は開け放たれて開放的です。店内には70前後のおばあちゃん二人が賑やかに茶飲み話をしているのが見えました。

 私がショーケースを眺めていたら、「中入りぃ、店の中も見たらええよー。」と声がかかりました。一人は女主人のおばあちゃん、もう一人は近所の茶飲み友達のご様子。

入った途端、

お店のおばあちゃん:「うわっ!兄さんでかいなっ、2mあるじゃろ!」

私「ないないない!」

お店のおばあちゃん:「そこ鴨居が低いから頭ぶつけるで!兄さんから見たら、わしゃーあんたの腰ぐらいしかねーよなぁ、かかかかか。」


近所のおばあちゃん:「いやでもこの前来とった外人さん、ほんま2m越えとる思うわ。神棚に頭ぶつけとったよな。」


お店のおばあちゃん:「あー、あん外人さんは背ぇ高かったわー。一緒に写真撮ったんよ、待っとき、今見せるけぇ。」

ここでアルバムを撮りに行くおばあちゃん。

 何故か、いきなり巻き込まれている、あかぴょんcoldsweats02。見知らぬ外人さんの写真を前にして、世間話が始まってしまいましたcoldsweats01

・・・・さて、話が一段落したところで、私の本題をおばあちゃんに問いかけました。
「あのショーケースの中の鉢が見たいんですけど?」

 埃まみれなのですが、綺麗な色とデザインに目が吸い付けられました。
 富貴蘭用でしょうね。瑠璃色で手の込んだ縁と3本足、そして細かな透かし文様。大きさは5.5号!。富貴蘭用の化粧鉢は3.5号や4号が流通品として多いように感じます。富貴蘭の世界ははっきり言うとよく知りませんが、5号を越える化粧鉢はあまり見ないような???
それにしては値札の金額がずいぶんと安いのです。

で、この鉢の来歴とおばあちゃんの世間話を総合しますと

・おばあちゃんからすれば、鉢の善し悪しはよー分からん。
・この鉢は、おばあちゃんの妹の旦那さん(義弟)が作った。
・その義弟さんが亡くなって10年近く経っている。妹さんは、残った鉢をどうして良いか分からず、姉さん(お店のおばあちゃん)の店で並べてくれたらいい、売値は半額にしてもいいから売れればめっけもんじゃろう、とのこと。

Rimg3130

 古い地方新聞の切り抜きを持ってきたおばあちゃん。工芸師の義弟さんが載っていました。確か内容は、富貴蘭好きで、趣味が高じてついには自身で化粧鉢を作るようになった、というものでした。国産、手作り、一品物です。

「あん人がH18年にのーなって(亡くなって)、妹が売れたら良かろと持ってきたんじゃぁ。手先の細かい人じゃったなぁ。じゃけ、鉢はここにあるのが全部じゃ。うちの(旦那)は作らん。うちの(旦那)も、去年のーなった(亡くなった)けぇ、ここに木工品並べとる、カカカ。」

 言い換えると、旦那さんと義弟さんの遺作(形見?)を並べて、それらに囲まれて暮らしているのですね。話すときはいつもニコニコと明るく話してくれるおばあちゃんでした。

 私のことは、冷やかしで眺めていた若もんだと思っていたのでしょう。この鉢を買いたいと言ったら、驚いた顔をしていました。

「ありがとな、ありがとな。」と一生懸命、鉢の埃を拭いて包んでくれました。

店を出るとき「大事にしてな。」と真面目な顔で手を合わせて、私を拝むのです。

そして顔をあげると「カカカカ。」とまた明るく笑うおばあちゃんなのでした。

大事にしまっす!(穴が小さいから、これなら小粒の土も漏れないよ)
Rimg3138

| | コメント (0)

2017年3月20日 (月)

広島へ

 社会人になってから仕事で長らくお世話になっていた恩師が広島におられ、この3月で退官されることになりました。愛弟子や一緒に仕事をしていた各方面の方々が、広島に集結して、盛大な謝恩会を開く運びとなりました(海外から来た人もいます!)。私も大変お世話になっており、勿論行ってまいりましたよhappy01

 午後15時からスタートでした。しかしこれだけでは終わるはずもなく、2次会、3次会と続き、結局私は4次会まで参加し、0時で解放されてホテルに戻りました。恩師は(おそらくもう記憶は無くなっていると思うのですが、意識はあって)、その後、5次会の店に向かっておりました。
 ここまで来ると、その日初めて会ったばかりの人達同士が肩組んでたり、たわいないことで大笑いしたり、男泣きが始まりそうな状況になっています。はた目にはオジサン達がギャーギャーしている様相で、ややご迷惑だったかもしれませんが、腹の中を全てさらけ出して、皆が笑顔のとてもいい会でしたhappy01

 プライベートでの広島訪問。せっかくですので週末を利用して広島巡りをしてきました。
20170318_111631_2
 世界遺産の原爆ドーム。前回来たのは確か20年以上前でした。通訳ボランティア、レンタルサイクル、交通網整備そして平和記念資料館もリニューアル中。初めて来た観光客が気持ちのよい時間を過ごすことができ、その取り組みが成功していると感じました。
20170318_111009_2
 まだ記憶に新しいです。去年(2016)は歴史的な出来事として、オバマ大統領がこの地を訪問し原爆死没者慰霊碑に献花をしています。平和記念資料館にも訪れ、核兵器廃絶のメッセージと共に、自ら作った折り鶴を添えられたそうです。
20170318_104242
 厳島神社!こちらも世界遺産。宮島は私にとって初訪問なのでした。気持ちいい海風に吹かれながら、フェリーで渡ります。春休み中の3連休ということもあって、人混みがすごいことすごいこと。こちらは有名な大鳥居。シーカヤック?でくぐることが出来るのですね。楽しそうです。
20170318_105200_2
 この写真は干潮の時間帯。干潟が見えています。ここは満潮になると海水で満たされ。社殿は水上に浮かぶような美しい風景になります。
Img_0432_2
 知らなかった~。あちこちに鹿が居る!!まるで奈良公園のよう。砂浜に鹿ってなんだか不思議・・・・・。
20170318_135808_2
 こちらはお酒の町、「西条」!。広島市のやや東に位置します。ご覧いただけるでしょうか。この限られたエリアの中に6つもの酒造メーカー、醸造所が。
20170318_140307_2
 私のイワヒバ脳はすぐに「白牡丹」に反応。散策しながら、この漢字が目に入り、「白牡丹」もいいイワヒバだよなー、と考えている自分に少しあきれます。
20170318_140242
 白壁と瓦、木造家屋。昔ながらの風情ある建物。
20170318_140029
 脇に立つ松の古木が歴史と格式を感じさせてくれます。

春を感じる陽気の中で、リフレッシュすることが出来ましたhappy01

| | コメント (0)

2017年3月12日 (日)

リングライナー取り付け

今日は朝からこれを取り付ける作業。
20160312_2
 寒冷紗をカーテンのように簡単に開閉できるようにしました(固定されたフレームを外しながら、リングを入れる作業なのでちょっと面倒でした。)。

 昨年は紐を張って、そこにフックをかけるようにしていたのですが、紐が時間と共に緩く、たわんで来てしまい、結局留め具で補う必要がありました。

 今回選んだのはカーテン用の部品。するすると滑るので開け閉めも楽ちん。

 何よりいいことは、妻が代わりに寒冷紗をたたんだり広げたりできること!。出張等で私が不在の場合も頼みやすくなりましたsmile

| | コメント (0)

2017年3月11日 (土)

静寂

今日は仕事関係で外出。

同じ分野の人達が国内から集まって大学の講義室に集まっていました。

昼過ぎに館内放送で説明がありました。

14:46分になった時、「それでは皆様ご起立下さい、、、。黙祷!」

あれだけザワザワしていたのに。しーんと静寂が訪れました。

咳払い一つ聞こえず、目を閉じていると周りに誰もいないのではないかと錯覚しました。

遠くで啼いている小鳥の声がやけによく聞こえました。

いろいろな思いが飛び交っていたと思います。

海に関係の深い人達の集まりです。東北の方もいらっしゃいます。私達はこの日を忘れないでしょう。

| | コメント (0)

2017年3月 6日 (月)

続き

Rimg3122
 室内に置いておくと、どんどん咲いてしまうことが判明coldsweats01。このままだと散るのも早そうなので、外に出すことにしました。この週末は咲きほころぶ様子を見ることが出来て楽しかったです。

| | コメント (0)

2017年3月 5日 (日)

とりあえず

Rimg3119
 家の中に入れておいたら、一日でオウバイが開いてきました。手前は植え替え終わったフウキラン。ネットで調べて四苦八苦しながらやっています。去年が人生初体験で、今年は二回目(笑)happy02。去年はふわふわを心がけようとしたら、ゆるゆる過ぎて株がぐらついていました。これはあまり良くないようです。今年は少しだけ固めに巻いてみました。

| | コメント (0)

2017年3月 4日 (土)

春めいて来ました

日が長くなってきました。暖かい日もたまに訪れます。

春一番、三寒四温、黄砂、花粉症、そして桜開花予想、、、

春を感じさせる言葉が身の回りで聞かれるようになったと思います。

イワヒバの覚醒にはまだ少し時間がありますが、ぼちぼち棚を出す準備を始めようと、今日はのっそりとバルコニーに出て、ぐるりと眺め回してみました。

↓まず、作場の掃除。冬の間にたまった砂埃やゴミを掃きました。

↓続いて、バルコニーの排水口まわりを綺麗にしました。ここが詰まって水が溢れると大変なことになりますので、ベランダやバルコニーで培養する私としては念入りにチェックします。

↓棚、寒冷紗、フレームのチェック。ゆがんだところを補正したり、ダメージを受けている器具を交換したりの作業です。今年は寒冷紗をより簡単に開閉できるようにしたいと思っています。

・・・。まぁそんな広くもないので、苦も無く終わってしまいました。しかるべき時期が来たら、棚を出してイワヒバを起こすことが出来そうです。

 今日は、イワヒバ以外の植物達を世話することにしました。(一度イワヒバを起こすと、他の植物にあまり注意しなくなるのでcoldsweats01)。
Rimg3110
 モミジやツルウメモドキ等の、なんちゃって雑木盆栽が数鉢ありますので、ちょっと枝の剪定をば。こちらの写真は、オウバイ。ひょんひょんと枝が伸びて、冬の間に切りたくなるのですが、剪定は花後に致します。この時期に黄色い梅のような花を咲かせることから、命名されたようですね。どちらかというジャスミンに似ているような?蕾が連なってかわいいです。
Rimg3112
 温帯性スイレン(コロラド。ピンク花)。我が家では3月に植え替えています。2年放置していたので根茎は30cm以上に伸びていましたcoldsweats01。頂芽7-10cmを切って更新します。肥料食いのスイレンさんは、肥料を入れて植え替えてやらないと、やはり花上がりは悪いようです。
Rimg3103
 フウキランが一鉢だけ(笑)あります。植え替えは時期外れですかね?ええーい、この週末でやってしまえ、ということで鉢から引き抜きました。
Rimg3089
 これは、通販で手に入れた金属製バスケット。ピンと来た方は鋭いです。タイの花屋で見かけたマツバランの培養方法に触発されてゲットしました。いい感じじゃありませんか??小サイズが5号鉢くらい、大サイズが8号鉢位。
Rimg3106_2
 培養土は何にしようか頭をひねりました。桐生砂はさすがにマズイでしょ~。ぼろぼろと隙間から落ちそうです。タイの売り場で見かけた時はバークっぽいものでした。そこで熱帯シダや熱帯ランをハンギングで培養している方々が、どんな培養土を使っているか調べたところ、どうもこちらが良さそうなので、手に入れました。
 とりあえず、これらが無事届いたのでイメージトレーニング。もう少し暖かくなったら、あのタイ産マツバランを植え替えようと思っています。
Rimg3091_2
 こちらは、冬の間の私の憩いの場。いえ、植物達の憩いの場ですshine。カーテン越しの日の当たる場所に置いてあります。まだ寒いので、マツバランは4-5月に外に出そうと思っています。

| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »