« 東京支部展示会、無事終了いたしました。 | トップページ | 11月の写真撮影 »

2017年11月 8日 (水)

リンゴ、スタバ

2週連続の展示会を終え、”燃え尽き”症候群から回復。
よーく考えると、3日間売り場や展示場で立ち仕事だったんすね。
”泥のように眠る”ステージを抜けましたscissors

今日は、青森県弘前から産地直送で届いた「りんご」!職場の同僚のご実家からなのです。

黄色系の「王林」(黄琳はイワヒバねsmile)と「とき(鳥類のトキをイメージしたものかと?)」を詰め合わせで一箱ゲットです。ツヤツヤで、色も形もすごいです。

でも、今日ご紹介するのはその中でも、おまけで2個頂いてしまった「おいらせ」。
20171108_194902
先ず、とても大きい!。
紅色も鮮やかで肌もツヤツヤ!
20171108_195248
そして、この蜜、蜜、蜜。この品種は、このように多く蜜が入るのが特徴だそうです。

 先日、ヨーロッパからの帰国子女さんにもリンゴ事情を尋ねました。やはりあちらのリンゴは、日本に比較すると、酸っぱかったり、サイズもより小さいのが一般的だそうです。私と同意見で、蜜の入った物は見たことがない、とのことでした。

20171108_195728
今回はそのままシャクシャク食べました。うんまぁ~~~~happy02happy02
実は、お知り合い特権で、この「おいらせ」100%のリンゴジュースも飲んだことがあります。若者風に言えば、”ヤバイ”です。ヤバイくらいに凄い濃厚な味です。希釈して飲んでも市販のリンゴジュースと伝えてばれないと思っています。

これで”アップルパイ”とか~、”焼きリンゴ”とか~、

考えただけでもう「パブロフの犬」状態です。ご馳走様でした、青森県のN様!
※出演中の招き猫は、サイズ比較のために置いてあります(高さ9cm)。

もう一つオマケ。
 皆様ご存知、コーヒーショップのチェーン店Starbucksスターバックス、略してスタバ!
マイボトルという仕組みがあります。自分の持っているマグカップやタンブラーを持っていくと、そこに注文したコーヒーを入れてくれるというもの。

 さて、私の奥さん、「スタバのコーヒー、何でも一杯無料券」を手に入れまして、うきうきしながらマイボトルを持って店に入りました。

彼女が持参したボトルは、ステンレス製保温機能ありの蓋付きマグボトル。丈長なんす。

「何でも一杯」が無料になることに気をよくした彼女は、一番お高い”ラズベリーホワイトモカ”、というパフェのようなトッピング盛り盛りの飲み物(食べ物?)を注文しました。
20171108_143227

先に席についてコーヒーを飲んでいた私は、妻が後から着席して、これを楽しそうに卓上に置いたので、吹き出しそうになりました。

私:「え~~~!、これ、マグボトルに入れるの有りなの~~~??」

妻:「うん、大丈夫だよ(超ドヤ顔)。」

店員さんも四苦八苦したそうですが、”きっちりレシピに従って”作って下さったそうです。

妻。嬉しそうにマグボトルにストローを挿して、スプーンで突いて食べていました。

なんだかシュールな風景です。

で、

案の定と言いますか、


妻は「あっ」と声をあげて、

突き刺していたスプーンが底に沈んだのを見て落胆していたのでしたdespair

|

« 東京支部展示会、無事終了いたしました。 | トップページ | 11月の写真撮影 »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。