« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月に作成された記事

2018年1月23日 (火)

雪下ろし

昨晩は夜中に雪が止んだ頃を見計らって、雪下ろしをしました。

我ながら、真夜中にはーはー息を吐き出しながら雪と格闘して、怪しいヒトですね、、、。

でも、その雪おろしが功を奏しました。

今日帰宅して確認すると、イワヒバの棚の上の雪はなくなっていました。

ひとまず、ほっconfident

| | コメント (0)

2018年1月22日 (月)

大雪です

今日は大雪。帰宅時点において、都心でも既に10数cm積もっているようです。

 豪雪地帯からすれば、かわいい響きかもしれません。しかし、東京という街は雪に大変弱いです。5cm積もっただけでも大わらわ。交通に遅れが出て、連鎖的に大規模な乱れが発生していきます。

 今日の帰宅時、普段電車1本、30分で移動できる区間を、運休やら入場規制を避けて、2時間かかりました。今夜は帰れただけでも、ましかもしれません。

 「入場規制」って何?と思われる方がいらっしゃるかもしれません。私も、今回このような事態になって驚きました。駅舎やホーム上にヒトがあふれて危険なので、ロープを張るなどして、ヒトがそれ以上入れなくする措置とお考え下さい。降りしきる雪と寒風の中、戸外でいつ動くか分からない電車を待つのは苦しいものです。

 帰宅難民確定でビジネスホテルを探している方もいらっしゃるようです。賑わった駅ですとビジネスホテルもすぐに満室になるようです。こんな時は、ラブ○テルがまだ空いている、なんて裏情報がツイッターで流れていました(インターネットの世界は凄いです)。

 今日の雪は明日未明まで降り続けるそうです。明朝は降り積もった雪の凍結が予想され、路面も滑りやすくなると思います。明日、通勤やお出かけの際は皆様どうぞお気を付け下さいませ。

 さて、我が家のイワヒバ君達。カリカリに乾ききった姿で眠っております。しかし、引っ越し作業で運びきったところで(私が)燃え尽きて、土曜日までは平面的に並べただけなのでした(雨が降らないのをいいことに、冬囲いを延期していたのです)。
 しかし、この大雪のニュースを聞いたあかぴょんは、さすがにこのまま放置するのはマズイなと思いました。雪が積もって、イワヒバの頭の上で雪が凍りつき、氷漬けになるのは避けたかったのです。日曜日を1日使ってなんとか冬囲いしましたよ。これで少し一安心confident

これでイワヒバの氷漬けを避けることは出来そうです。ただ、今の心配は雪が積もった重みで、イワヒバがつぶれないかと心配になってきました。

夜中に雪下ろししようかな・・・。手がかかりますcoldsweats01

| | コメント (0)

2018年1月21日 (日)

イワヒバの根

 イワヒバは、冬季に休眠していますのでオフシーズン。シーズン真っ盛りの春~秋に比べると、水やりや植え替えが無いので、まったりとした時間が流れます。

 そんな中、この週末は日本巻柏連合会、東京支部の総会でした。2018年の支部活動について議論してきましたよ!

 東京支部の平成30年度のイワヒバ展示会の候補日が出てまいりました。会場となる国営公園側と調整された日程ですので、ほぼ確定になるでしょう!5月下旬と11月上旬です。
 有難いことに、私達東京支部のイワヒバ展示会は平成30年度から、秋だけでなく春も公園側主催になるようですscissorsscissors。広報活動や会場設営でお力添えを頂くことがかない、マンパワーに限りがある東京支部にとっても大変な朗報なのでした。
 昨秋の展示会では、一昨年に続き、会場への来場者数が数千人規模となっております。今年の春の展示会では、大勢の来場者の方々にイワヒバ全国展@神代植物公園もアピールしたいと思っています。

 支部総会では会計や日程の確認だけではなくて、議論も活発に行われましたよ。
展示(プレゼン)、植え替え講習、即売コーナー、この「3大要素」は突き詰めていくと、まだまだ改善の余地があります。こういった課題というのは皆さんもなんとなーく感じていたものがあるようです。いざマイクを向ける(?)と「そういえばさー、」と出てきます。お一人が話し出すと、次から次に意見がが出てくるのものでして、例年になく、建設的な議論が続き、「今年から、新しくやってみようぜ!」というテーマが幾つか出てきました。

ということは、、、

Sa支部長、ご苦労さまです!!な状況でございます。

周辺環境と実働を若モンが支えていきますんで、宜しくお願い致しまっす。

さて、今日の写真。
株立ちになったイワヒバの幹ともいえる”根”の集合体。
展示会で初めてイワヒバを見た来場者の方から、以下のような驚きの声を頂きました。

- 「えっ、これ木じゃないの?」

- 「シダ?シダがどうしてこんな木みたいに枝を張っているの??」

根の集まり、ということが信じられないといったご感想でした。

そこで、実行してしまいました。活き活きと育つ高さ10数cmのイワヒバの切断ですcoldsweats02
Root_1

 イワヒバ愛培家としては悲しい写真ですが、別の実験の目的もあって決行しました。
※このように、イワヒバの根の切断面が接写された姿はあまり紹介されたことはないと思います。多くの方の目に触れ、イワヒバを知るご参考になれば幸いですm(  )m。

Root_2
 先ず、木ではありませんからご覧のように年輪はありません。樹皮もありません。細い根の集まりです。断面が白い根はしっかりと生きていると思われます。株立ちとはいえ、若い株で、芽の直下です。中心部もは腐ることなく、しっかりと生きた根が活動しているように見えます。
 イワヒバの根の伸ばし方からすると中心部の根が古く、周縁部の根が新しいと考えられます。中心部の根は、外側の根よりもやや太めに見え、一部は黒い鞘に包まれているようです。
 このように考えますと、外見では枯れているような黒い根であっても、(太ければ?)中が白くて生きている根が在りそうです。
Root_3
 こちらの写真は、イワヒバを表土の面で切断した状態です。「木」であれば「切り株」という状態です。周縁部は若い根と考えられ、やや白みを帯び、柔らかそうに見えます。

 私は、根が分岐したり、横断して伸長することで、網の目構造の切断面になっていると想像していました。どうやら予想と異なり、株立ちのイワヒバの根は綺麗に垂直方向に伸びて、わら束のようになっていることが分かりました。

 うーん。面白いですね~happy02

| | コメント (0)

2018年1月12日 (金)

昨年の秋のいわひば5

20171112ourin
 大子のS様のオリジナル。「黄琳(おうりん)」。登録外品種です。2017年は綺麗な黄色に染まってくれました。葉先は巻き込み芸をします。ちょうど良い写真がなく、この写真では申し訳ありませんが分かりづらいですm(  )m。
20171115gaisen
 登録外品種「鎧扇」です。成長に伴って、それなりに高さが出て来たように思います
青葉ものですが、個性たっぷりで、知名度も高いと思います。
20171125kumoiduru
 「雲井鶴」です。晩秋から冬に向けて、黄土色っぽく(金色?)に染まります。この時期の色合いも結構好きです。

| | コメント (0)

2018年1月11日 (木)

昨年の秋のいわひば4

20171125ryuoujishi
 我が家の「龍王獅子」の11月下旬の姿です。
20171125kohakunishiki
 登録品種「琥珀錦」です。現在4号サイズだったかな?小苗の時は成長が遅く、サイズが大きくなっているのかあまり実感できなかったのですが、これ位の大きさになると、成長が分かるようになりましたwink

| | コメント (0)

2018年1月10日 (水)

昨年の秋のいわひば3

20171125rikyuhou
 11月下旬の「里宮鳳」です。独特の色合いとツヤを持っていると思います。新しい登録品種です。
20171125akatsukibotan_2
 登録外品種の「暁牡丹」。この株は、ガレて”椰子の木状態”になっていましたcoldsweats01。リハビリをして少しずつ復活してまいりました。

※ 椰子の木状態=根茎が剥き出しでひょろっと伸びて、先端だけ芽が繁っている状態。

 どいういう対策をしたかと言いますと、植え替えをして深植えにし、湿度確保のために鉢の周りを透明のセロハンで覆いました(高階層は風が強くて、乾燥が激しいので)。上の写真は、撮影のためにセロハンを外して撮っています。

| | コメント (0)

2018年1月 9日 (火)

昨年の秋のいわひば2

20171115kokuunkai3
 「黒雲海」。「黒雲龍」の小葉変異種といわれる登録外品種です。大子のS様のお棚から嫁いでまいりました。
20171115kokuunkai1
 「黒雲海」は、茶斑を出すのが特徴と思います。この写真は寒い時期に撮影しています。地色の紅葉で赤味が強く 出ているのかな、と考えています。
Hokuen_no_hana
 遠州のコボリ様が世に送り出した「北遠ノ花」。日を当てると真っ白に染まり、その白さは他のイワヒバに見られないような上品さがあり、とても綺麗に感じます。個人的には登録品種でもおかしくないと思っているのですが、、、。
 あまり日を当てると茶シミが出て傷みそうなので、これ位で抑えて今は成長に専念させています。お気に入り品種として、いつの間にか集めちゃったんですね、コレガ。

| | コメント (0)

2018年1月 8日 (月)

昨年の秋のいわひば

 イワヒバの休眠期は、写真ネタを撮ろうにも被写体がありませんdespair

 昨年撮った写真の中でまだ紹介していないものを引っ張り出して、暫くしのいでみようと思います。

昨年の11月に撮影したイワヒバの写真より。
20171125takasago
登録品種の「高砂」。11月下旬撮影です。葉先はクルンと丸まっていますよ。
20171125kimigayo
登録品種の「君ヶ代」。
20171125shirane
 「銀世界」の細葉変化種といわれる「白根」。登録外品種です。 地色の紅葉でしょうか、晩秋は少し赤紫色を帯びてきます。

 「白根」は準固定種なのでしょうか??(細葉変化と言うけれど「銀世界」の葉幅と同じに見える)というお話や(出回り始めた時は細かったのになぁ)というお話を耳にすることがあります。
経過観察したいと思います。

| | コメント (0)

2018年1月 7日 (日)

2018 新年明けましておめでとうございます

Dog
旧年中は、お世話になりました。
今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

居住スペースと生活の基盤を立て直すのに時間がかかりました。この3連休でやっとのどかな休日を過ごしている気がします。

年末年始は、妻実家(岡山)に行きました。
妻は3姉妹なので、3家族とお孫ちゃん達がジージ、バーバの家に集合します。

久々にのんびり出来るかと思いきや、
「あかぴょーん、遊ぼ~~~。」
小学生低学年のちびっ子達の追跡の手を逃れることができませんでした。

布団を頭からかぶっていようが、コタツの中に隠れていようが、上から乗ってくるわ、布団をひっぺがすわで逃げ切ることができませんでした。

 最終的に下は5才、上は72才のジージ、バーバも加わって、10人以上が入り乱れるドッジボール大会が繰り広げられました。

※ここで分かったこと。大人達は子供達に、やんわり投げるのですが、夫婦間では、奥さんが旦那さんをねらって100%のフルパワーで投げてきますcoldsweats02

 午前・午後を通じて7ゲームのドッジボール大会を行い、その後、バドミントン大会に突入。そして、(予想通り、)調子に乗った大人達は筋肉痛になりました。

痛みに呻く大人達の群れ。

※ちなみに、”あかぴょん”という名前は、義妹が私につけた名前です。ちびっ子達は文字通り、「あかぴょーん、遊ぼー」と迫ってきます(筋肉痛であろうが容赦なく!)。

Fuji_no_hana
「富士之華」11月下旬撮影。

| | コメント (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »