« 大胞子と小胞子 | トップページ | 春日局 2017 »

2018年2月18日 (日)

行ってきました 小美玉ライブ

20180217_163139
行ってきました、小美玉市四季文化館みのーれ!

 演奏家の皆様が無事公演を終え、会場入り口に集まっての集合写真ですよ。お客様のお見送りを終え、サイン会をこなし、晴れ晴れとした表情でございます。

 小美玉市では、幼稚園と小学5年生、中学1年生のタイミングで、市のプログラムにより、プロの演奏家による邦楽器の演奏を鑑賞するチャンスがあるとのことです。もう12年も続いているのだとか。凄い試みです。私の記憶が正しければ、平成29年度は、4アーティストで合計55回(55クラス)の公演をこなしたそうです。
Img_0394
 今日のコンサートでは、こんな格好で司会もこなしたミッキー・マッキー

 妻がこの学校公演にも参加させて頂いていることで、今回私もお邪魔してまいりました。ご来場頂いた皆様には列を作っての開演待ちで、終わった後もニコニコされた表情でした。イベントを企画し、運営して、無事終了させるのは、確かにとてもエネルギーが要ります。無事終わったことに、私も心からほっとし嬉しくなりました。
 小美玉市の職員の方々、「小美玉市四季文化館みのーれ」の館長をはじめスタッフの方々の厚い気持ちとサポートにただただ感謝です。今回、学校公演に参加したアーティスト全員を招くこと、そして全員が演奏に加わる豪華な集大成コンサートを企画し、開催にこぎつけたのも、そのような気持ちの結晶と思います(小美玉市の市長さんも会場内にいらっしゃっていたことを後で知りました!)。

 さてさて、イワヒバ繋がり、ということで、実は近在のあの方々がいらっしゃって下さったんです。
20180217_162348
 演者の皆さんとピースして写っていますよ。あかぴょんと文爺様です!※写真は、文爺様の左手側に尺八の岩田さん、続いてピアノと作編曲担当のMAKI、お箏(こと)の真奈さん、津軽三味線の伊藤さんとなります。

 この会場は、石岡市のご自宅から車で10分程度なんですと!会場内には、文爺様のご友人や近隣のお知り合いもいらっしゃったようで、文爺様のお顔の広さが伝わってまいりました。また、文爺様は演奏家の皆さんに、差し入れも持ってきて下さいました。誠に有難うございますm(_ _)m。
20180217_221924
 「植え替えたばかりだから持ってって!」と私にもお土産が!!アマリリスとニホンサクラソウ(品種もの)なのです。花物は妻も喜ぶので、私も家族サービスができますscissors

そして、さらにさらに。

 大ベテランのK様!!ご夫婦でおいて下さいました!!K様も、釜爺様と同じく岩田さんの尺八を気に入られたようです(国際コンクールチャンピオンなのです)。
20180217_222049
 こんな豪華に沢山花を付けた胡蝶蘭(シーナズリンゴ・ピコ)を会場まで持ってきて下さいました!!有難うございます!!
※ K様とも文爺様や演奏者と揃ってお写真を撮りたかったのですが、お帰りの時間は会場がまだごった返していて、撮影のタイミングがうまく合いませんでした。申し訳ありませんでしたm(_ _)m。
 MAKIは、水戸のイワヒバ展示会で文爺様と面識があったのですが、K様とは初めてでした。それなのにご夫婦でお越し下さり感謝感激です。

 ちなみに休憩時間は、当たり前のようにイワヒバ談義をしている3人なんですけれどsmile。会場の近くには、小美玉の花木センターがありまして、とても充実していました!これ幸いとばかりに、日光砂を買って帰ったのでした。

|

« 大胞子と小胞子 | トップページ | 春日局 2017 »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。