« 春日局 2017 | トップページ | 屋久島 2017 »

2018年2月26日 (月)

アイロン男子

Rimg8633

・仕事の内容が変わって、シャツを着て出勤するようになった。
・自分でシャツにアイロンをかけるようになった。
・妻が「こんなのあるよ。」と、アイロン作業時に皺を取りやすいスプレータイプの仕上げ剤をくれた。
・確かに便利で、よく使うようになった。
・元々使いかけの液剤だったので、残りが少なくなった。
・名前を確認して、同じ商品を買ってきた(←今ココ)

Rimg8635

何か違う!!
メーカーも商品名も一緒ですけれど、、、。

左は今回買ってきたもの。右は妻が渡してくれたもの。

裏面の効果を読んでみました。

(共通項)
・細かい洗濯ジワがらく~に取れる
・アイロンすべりが軽い

(共通項に追加して、新しい方のみに書かれていたこと)
・戻りジワを防ぐ
・しなやかなハリが続きます
・フレッシュグリーンの香りです

むむ、これは製品として違うものなのか???
Rimg8625
もう一つ気づきました。
メーカーのお客様相談用のお問い合わせ先です。
妻がくれたものは、フリーダイヤルではない!!

妻に尋ねました。

「以前くれたアイロン用のスプレーって、いつ買ったの?」

「うーん、だいぶ前だと思うな。引っ越す度に邪魔だから要らないかなと思って、結局毎回持って来てたんだよね~。」

「その引っ越しって、いつの引っ越しのこと?」
「うーん、記憶にないけど、スプレーはアイロン台とセットでいつも持ってきたことは確か。もしかしたら独身時代からかな。」

「(おいおいおい:少年探偵コナン風)。」

ここでさらに気づいたことが。

会社ロゴが違う!!

Rimg8623
※ 会社ロゴの変遷は、インターネットで調べると年号が分かるんですよ。

 妻がくれたもの(右のタイプ)は、どうやら1985年から2009年の改変までの間に作られたもののようです。もしかしたら製造後10年以上経過しているアイロン用仕上げ剤かもしれません。

 でも、臭いや色がおかしいとは感じませんでした。浮遊物や濁りも無いようです。肝心のシワを楽に取る機能についても、なんら問題はなかったです。

 むしろ古い方は、液が幾分蒸発して(=成分濃度が高まって)いるのではないかと思われ、効果が若干良い印象すら、、、?

だいぶ古い物かもしれないという推測が確認できた事、そして、古くても違和感なく使えた事に、素直に感動致しました。ちょっとあきれながらも、すっきりした一日でした。シャツもピンとしているし!

|

« 春日局 2017 | トップページ | 屋久島 2017 »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。