« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月に作成された記事

2018年6月30日 (土)

6月中に梅雨明け

早っ!
私が住む東京は、昨日(6月29日)梅雨明けしました。記録が残っている中で、一番早い梅雨明けだそうです。関東甲信地方が6月に梅雨明けするのは初だそうです。ちなみに梅雨入りから梅雨明けまでの期間は23日間で、これも最短とのこと。
なんだかなー、週初めにそんな予感はしていたんですよ。週間天気予報を見ていたら、晴れマークが続いて、連日30度越え。このまま梅雨明けしたら笑っちゃうなー、なんて思っていたら、本当に梅雨明けしてしまいました。もう笑うしかありません。
ははははは
 白物と呼ばれる「白王」や「丹頂」、「銀星冠」なども、白色を深めようと、さぁこれから!という時期に、いきなり盛夏モードに変わって驚いているようです。
ははははは
もー、しょうがないですdespair
Tsuyuake
 月曜日は梅雨明けの33度ということで、今まで無遮光でしたが葉傷みを警戒して寒冷紗をベタがけしました(フレームはまだ設置していないのです)。
 この週の東京は、日中は32-33℃に達する真夏日で、しかも風が止むこと無く吹き続けていました。寒冷紗をかけると、葉の巻き込みは少し抑えられるのですが、仕事から帰ると基本的にイワヒバはくるんくる~ん。
 ”ベタがけ”は応急処置として良いのですが、風で寒冷紗が動くと、擦れて葉先が傷みそうです。何よりもイワヒバがよく見えないので、この状態はあまり続けたくないです。
 
 頑健な品種は、無遮光に馴致させて寒冷紗なしで培養してみようかなと思っています。

| | コメント (0)

2018年6月29日 (金)

登録外品種いろいろ4 6月(2018)

20180617kinkouden1
 クリクリっとした単頭づくりの「金晃殿」です。
20180617kinkouden2_2
 同じ株を上から撮影。
20180617kinkouden3
 こちらは、多芽な「金晃殿」 。
20180617inazawahime
 「稲沢姫」です。白くなってきましたよ~。

| | コメント (0)

2018年6月28日 (木)

登録品種いろいろ3 6月(2018)

20180617tanchou
 「丹頂」です。梅雨時期に白さを増していく姿を楽しむことが出来ます。
20180617tenshikan
 「金麒麟」ではなくて「天賜冠」です。この時期は、全体的に明るい斑をのせて、棚の中で目立ちます。
20180617tofunishiki
 新しい登録品種「十符錦」です。今、幾つかの品種で葉先が赤くなる現象に悩まされています。
 転居して環境が変わったばかりです。思い当たることとすれば、一つは風。夕方になるとほぼ毎日強い風が吹き抜けます。まだ、しっかり風よけ対策が出来ていません。もう一つは、過肥の可能性。今年液肥の頻度を少し高めました(株立ちのイワヒバが増えたので)。
 環境を変えると思いがけない現象が起きて悩まされます。

| | コメント (0)

2018年6月27日 (水)

登録外品種いろいろ2 6月(2018)

20180617seiryu_no_hana
 「清流ノ華」。大子のS様が世に送り出した品種です。盛夏に向けて益々白くなっております。株全体が明るい白色になりますので、棚の中で目立ってきましたヨ。
20180617ryokuounishiki
 コチラも大子のS様が世に送り出したオリジナル品種。萌黄葉類ですね。日を強く当てると地色のライムグリーンは黄色味を増していきます。葉形に特徴があり、ウロコのギザギザを感じます。成長は早いと思います。7号サイズで既に溢れてきたので、現在8号サイズになりました。
20180617nikkou
 「友白髪」のよく斑が出る品種を「日光」と呼んで区別して扱っていたと学び、無理を言って手に入れた品種であります。色が出過ぎると溶けそうなイメージがあります。しかもこの株は、私のウデが悪くて、根茎がヒョロッと立ち上がってしまいました。放置すると益々弱りそうでしたので。今年は深植えをして、日照を抑え気味に培養しています。緑色の葉先が伸長してきました。
20180617aoginseikan
 登録外品種「青銀星冠」です。

| | コメント (0)

2018年6月26日 (火)

2018 茨城支部春のイワヒバ展示会@水戸市植物公園

Rimg9265_2
「玉獅子」。多数の頭(芽)がみっしりと連なった古株。
Rimg9267_2
「栄獅子」。全体的に黄色くなっていますね~。太陽が当たるようにぐるりと廻しているのかなと推測します。
Rimg9288
「守門龍」。高さがありますよ~。
Rimg9293
「黄真龍」。文爺様出品の展示品です。バランスよくて見栄えが美しい美術品です。
Rimg9278
「水府錦」。珍しい!なかなか見ることがない「水府錦」。文爺様出品の展示品です。
Rimg9313
「天乙女」。T支部長出品の展示品。すごい多頭のつくり。
Rimg9347
 多芽な「泰平冠」。N様出品の展示品。ご自身で挿し芽されたものとのこと。十年以上は経っているそうです。
Rimg9337
 二つとも「天鵞絨(ビロード)」です。左は日が強めの培養。葉丈が詰まり、葉先にちょっとだけ白い爪が見られます。右は日が弱めの培養。葉丈が伸び気味で、白い部分も多くなっています。
 日の当て方が違うとこのようになる、ということで、お客様に説明出来るように敢えて隣り合わせて並べているそうです。

| | コメント (0)

2018年6月25日 (月)

茨城遠征の続き

Rimg9394
 「扇歌」って結局どんなお菓子なの?というご質問が多いと判断し、写真をアップしてみましたwink。私も初めて実物を拝見し、食べてみましたよ。薄い最中にもっちりとしたお餅が挟まっています。うまーいhappy02。素材が良くて、品のあるお味。お茶受けにもぴったり。味の違う二種類が入っています。
 江戸時代末期に庶民の民謡として一世を風靡した都々一(どどいつ)節の創始者である、初代、都々一坊扇歌は、石岡市で永眠し、墓碑が存在するとのこと。石岡市国分寺境内には扇歌堂も建立されているそうです。
 このお菓子は、扇歌が生涯手放さなかった”三味線の胴”を模して、郷土の銘菓として生まれたそうです。詳しくお知りになりたい方はこちらに。
Rimg9397
 もう一つ紹介し忘れていました文爺様から頂いたお土産。ずっしりしていると思ったら、、、、。純米吟醸「筑波」!地元石岡市のイチオシ、石岡酒造株(株)のお酒です。文爺様~。こんなにして頂かなくていいのにbearing。滞在中も良くして下さって本当に有難うございます。
Rimg9393
 下の写真は茨城県支部のイワヒバ展示会会場に架けられていたもので、昭和45年茨城巻柏展示会を紹介するポスターです。
Rimg9361
 展示品目が500点!?え~~! 現在の全国展示大会の展示品数より多いですよcoldsweats02茨城県内だけでこんなに展示していたんですね。搬出入や会場設営など考えるとすごい規模!

| | コメント (0)

2018年6月24日 (日)

登録外品種いろいろ1 6月

登録外品種の写真のご紹介。
20180617fuji_no_asahi
 「不二ノ旭」。この時期、白くなってきました。
20180617byakko
 「白虎」。太葉で白いのです。「金猛虎」と異なる色合いや根茎の特徴から「白虎」は「朝日滝」の太葉ではないか、と指摘されたのがイワヒバ仙人様です。長年の経験と鋭い観察力にはまさに脱帽です。今年、挿し芽に挑戦してみました。我が家の株は葉をちぎられてスカスカ気味なのです。
20180617hakurou2
 「白狼」はますます白くなりました。色合いとしては「白晃麒麟」のような印象を受けています。「白狼」は成長すると葉先を捻転させる、と釜爺様から教わりました。
20180617oukan_1
 「王冠」です!この品種もこの時期は白く染まって綺麗なのです。
20180617oukan_2
 もういっちょ「王冠」!印象としては「雲仙」に似ている感じなんですよ。ということは、春の曙斑類ということですかね。

| | コメント (0)

2018年6月23日 (土)

茨城県支部展示会 24日(日)までやっています。

 文爺様にお誘いを受けて、行ってまいりました。水戸市植物公園!
現在、茨城県支部展示会が開催されているのです。24日(日)までやっていますよ。日曜日は植え替え講習会もやっています。まだ間に合いますので皆様お誘い合わせの上、是非是非。
 私が、初めてイワヒバ連合会の支部展示会に行ったのは、ここ茨城県支部の展示会です。それが2009年のこと。その時にお会いしたのが、T支部長や文爺様です。I 前会長やT前事務局長(現会長)にもお会いしました。肩書の凄さに気づいていない初心者のあかぴょんと妻に対し、飴を下さったり、植え替え方法を教えて下さったり、随分良くして下さいました。
 今回、久しぶりに妻と再び訪問しましたヨ。T支部長は妻のことも覚えてくださっており、しかも、今回話しているうちに、T支部長と妻の干支は一緒ということが判明し、妙に意気投合していました。
20180623mito2
お昼ご飯を囲む文爺様、T支部長、あかぴょん奥さんMAKI
20180623mito2senka
 文爺様には、お昼をおごって頂いただけでなく大層な手土産も頂いてしました。左のお菓子は、石岡市名物のお菓子「扇歌(せんか)」!。ピンと来た方はツウですね。文爺様登録の「龍文ノ華」は、登録前は「扇歌」と呼ばれていたのです。お隣の瓶二つは、文爺様お手製のクリ渋皮煮とママレード。どちらもこの辺りの特産品で作られているのです。クリはもう見るからに大きくて、ゴルフボールくらいありますcoldsweats02。うへぇ、勿体なや。有難うございますm(_ _)m
 お土産のイワヒバは「九重錦(細葉)」と呼ばれており、砂子斑が良く出て「九重錦」より小さめにまとまる品種とのことでした。
20180623mito1
Nさまと文爺様!
 昨日紹介した「龍之王」は、私がイワヒバを始めた頃、交換会でN様が出品した小苗を競り落としたものです。我が家で元気にしていますよ~。
20180623benimangetsu
 N様といえば、、「紅満月」!登録おめでとうございます。今日の私の戦利品です。太葉で丈夫、紅葉も綺麗。胴からもよく芽吹くそうです。「紅満月」の紅葉は、やや遅めに色づく、との情報を耳にしました。晩秋にじっくり見守って、色の出を楽しみたいと思います。有難うございましたm(_ _)m。
20180623fuiri
 こちらはT支部長から「お詫びの印」といって頂いてしまいました。キョトンとしていると、妻が早春に小美玉で音楽の仕事で訪れていた時に、T支部長が行けなかったので、そのお詫びとのこと。
 え~~~~!?私はビックリ、妻はもっとびっくり、そして感激。9年前に少し言葉を交わしただけです。覚えていて下さったことだけでも有難いのに、そんな気遣いをして頂けるとはweep
 鉢サイズは6号位で、手首くらいの太さの幹を持つ株立ちの古典品種です。胴から斑をのせた芽がワラワラ吹いています。「面白いと思うよ。」と頂いてしまいました。
(棚のスペースをどうしよう)、とほんの一瞬アタマをよぎるのですが、口からは「うわーshine、有難うございまーす。」という言葉が出て、嬉しく受け取ってしまうのでした。
 そして釜爺様。本日はお仕事中であったことに気付かず、展示会会場からお邪魔な連絡をして失礼致しましたm(_ _)m、m(_ _)m。お元気そうな様子を、文爺様との会話からもうかがい知ることが出来ました。今年もまたどうぞ宜しくお願い致します。

| | コメント (0)

登録品種いろいろ2 6月(2018)

20180617ryu_no_ou
 「龍之王」や「富士之華」を置いてあるエリアです。日照条件としては「麗峰」や「栃木ノ華」もこのエリアに置いてありますね。
20180617kinranori
 砂子斑がまぶしく光り始めた「錦襴織」!
20180617sachi_no_hana
 我が家の「幸ノ華」です。成長は早いです。 この時期は大人しい色合いですが
お盆明け位からしっかり主張してきます。

| | コメント (0)

2018年6月22日 (金)

登録品種いろいろ1 6月(2018)

20180617kohakunishiki
 「琥珀錦」です。芽の大きさがばらついて来たので、サイズ別に組み直してみました。
20180617rikyuhou
 新しい登録品種「里宮鳳」です。現在4号鉢サイズ。
 ツヤのある変わった色合いで葉形も面白いです。まだ登録される前、登録外品種としてこのイワヒバがお披露目された時、イワヒバ愛好家の間でも注目の的となりいい価格で取引きされました。その後、みごと登録されましたので、現在も新登録品種として、比較的高価格帯に位置しております。
 とはいえ、私が購入した時の値段を出せば、現在は5-6号サイズが手に入れられるように思います。 新しいものを手元にすぐ置きたいと思うなら、幾分高いお金を払う必要があるのでした。
20180617ryokusuikan
 「緑翠冠」です。この時期は葉表に白斑がうっすらとのって、涼しげな新緑の色合いが目に優しく映ります。ミルクをかけた抹茶かき氷?にも見えます。つい食べ物と結びつける癖がありますネcoldsweats01
 

| | コメント (0)

2018年6月21日 (木)

小さな小さな苗

20180617koboreme_2
 植え替え作業の時に、表土に葉が触れて芽吹いている姿を見つけることがあります。
そんな小さな小さな苗を拾って鉢上げしておきますと、いつの間にか小さな苗のライブラリーが出来上がっています。
 「華麒麟」、「暁牡丹」、「神代錦」、「花獅子」、「栃木ノ華」などなど。
20180617taiheikan_2
 むむ?「泰平冠」の葉先から芽吹いておるぞよ。拾っちゃおうっと。でも弱そう~coldsweats02

| | コメント (0)

2018年6月20日 (水)

雲井鶴 6月(2018)

20180617kumoiduru
 「雲井鶴」です。梅雨時は真っ白くはぜた姿になります。普及品ではあると思いますが、梅雨時の”白物”シリーズの中ではお気に入り品種の一つです。
20180617kumoiduru2_2 20180617kumoiduru3
 左は、1年前の姿。とあるベテランのお棚から引き取って来て、掃除をし終えた直後の様子です。「雲井鶴」というラベルが挿さっておりました。梅雨時期に訪問したので、葉が開いていたのが幸いしました。芽の状態も確認出来ましたので、我が家に持ち帰り復活を試みました。
 薬剤散布、施肥、雑草抜き(根茎の中に雑草の種子が振りまかれていたのか、抜いては生えて、の繰り返し)を経て、現在右の姿になりました。1年経ってこのような感じです。あと3年位経過したらこんもりしてくるかなー。

| | コメント (0)

富貴殿 6月(2018)

20180617fukiden1
 「富貴殿」。交換会でもしょっちゅう出るような品種ではありません。成長も遅めで、時に気むずかしく、高級品種の位置づけでしょうか。
 私のウデでは枯らしてしまうのじゃないか、この機会を逃したら次に「富貴殿」に出会うのはいつだろう、等と思っていた若かりし頃。手に入れられそうな時に積極的に手を上げていたのでした。こういう行動が、置き場不足に拍車をかけるんだろうなと最近学びましたcoldsweats01
20180617fukiden2
 富貴殿はぐんぐん伸びる品種ではないので、まぁ大丈夫ですよ。うんthink。何だかんだと失われず培養することが出来、現在3鉢あります。

| | コメント (0)

金麒麟 6月(2018)

20180617kinkirin
 我が家の「金麒麟」の6月の姿です。「金麒麟」は季節の移り変わりと共に、表情を変えていくところが面白く、葉重ね良くまとまりのある頭(芽)は上品さを感じ、銘鑑の最高稀貴品に位置するのも分かる気がします。盛夏の「金麒麟」は、葉がピンとなってまぶしく光り気に入っています。

| | コメント (0)

2018年6月19日 (火)

中国之華 6月(2018)

20180617chugoku_no_hana1
 水平に成長していく感じの「中国之華」。登録外品種です。
20180617chugoku_no_hana2
上から撮影。

| | コメント (0)

明星 6月(2018)

20180617meisei
 我が家の「明星」です。斑が出て来ましたね~wink。下葉を落とさずにうまく作ってみたいです。

| | コメント (0)

黄王冠 6月(2018)

20180617kououkan_2
 「黄王冠」です。登録者は文爺様!「黄王冠」が新登録品種として流通し始めた2009年のこと。茨城県支部の展示会に行った時に文爺様に初めてお会いし、この「黄王冠」の小苗を手に入れたのでした。
20090628kououkan1
その時はこれ位のサイズだったんですよsmile

| | コメント (0)

2018年6月18日 (月)

銀星冠 6月(2018)

20180617ginseikan1 20180617ginseikan2
 「銀星冠」です。紅葉が褪めて、白色を帯びて来ました。この時期の「銀星冠」って洋菓子のような造形と色合いで美味しそうに感じるのです。
って私だけ??
20180617ginseikanryu
こちらは登録外品種の「銀星冠”龍”」です。

| | コメント (0)

屋久島 6月(2018)

20180617yakushima
 登録外品種の「屋久島」です。屋久島は南国生まれだからでしょうか。夏になると調子をあげて来る気がします。

| | コメント (0)

御所錦 6月(2018)

20180617goshonishiki
 「御所錦」です。太陽に結構当てても大丈夫なんだなと気づき、現在は無遮光で育てています。

| | コメント (0)

夕映 6月(2018)

20180617yubae
 「夕映」です。多芽の株はうまく葉をすいてやらないと、元気な芽に押しのけられてしまう芽が出てきます。

| | コメント (0)

墨獅子 6月(2018)

20180617siumijishi
 6月の我が家の墨獅子です。植え替えましたよ~。

| | コメント (0)

2018年6月17日 (日)

梅雨らしい季節になりました。

 今月は普段の仕事に加え、帰宅してから連合会の広報委員の仕事をコソコソ(?)やっていました。そのお話はいずれ!
 各週末は、雨の合間を縫って植え替えをしていました。合計で100鉢以上はやったと思うのですが、思うように捗っていません。株や鉢のサイズが大きくなると、作業もちょっと時間がかかります。土が足りなくなって、ストップせざるを得なかったり。
 そうは言いつつも、綺麗な色を出してきたイワヒバにはカメラを向けたくなります。6月の巻柏の写真を徐々にご紹介してまいります。
20180616kusamushiri
 草むしりを終えたところ!気温が高くなって、雨の恵みもあるので、草がどんどん伸びるのです。イワヒバ達は日照斑が出て来ましたね。
20180616suiren
 手前は夜になると真っ赤な花が咲く熱帯性のスイレン。花が咲いたら、またご紹介したいと思います。
 スイレン鉢の左奧の大株は、「金龍」です。諸般の事情で放置されてしまったあるベテランのお棚から、昨年引き取ってきたものです。落ち葉に埋もれ、苔むして、先端の芽だけ生きているような状況でしたが、だんだん葉が伸びて来ましたよ。
20180616uchouran
 5月下旬の東京支部展示会に、つぼみが7割位咲いたところで持っていったウチョウラン。まだ咲いている!というか今が満開かも。3週間位経過していますよ??木陰に置いておいたら、ゆっくりゆっくり咲き進んだようです。
20180531sashime
 欲張りな挿し芽。レジ袋もいいのですが、今年は育苗トレーで通常の挿し芽やっています。昨年試してみて、ちょっとコツが分かってきたところです、キキキ。

| | コメント (0)

2018年6月 1日 (金)

いろいろ 5月(2018)

20180527ougon_no_hana
 登録品種「黄金ノ華」。だいぶ大きくなってきたので、満遍なく太陽が当たるように、時折くるりと廻す必要があります。
20180527shihoukaku
 砂子斑がまぶしく、棚の中で目立つ色合い。登録外品種の「志峰閣」です。
20180527kizuna
 釜爺様が登録された「絆」!棚のスペースの関係で、中日弱めの場所に置いていましたが、現在より日照時間の長い場所に置いています。砂子斑を現し始めました。
20180527sumonryu
 以前、S様と釜爺様と共に福島県内の愛好家のお棚巡りをしました。この株はその時にW様からお土産で頂いてしまった「守門龍」です。旧居ではベランダに置いて雨のあたらぬ軒下培養をしていました。私のウデも悪く、だいぶ負担をかけてしまったと思いますが、元気にしていますよーcoldsweats01

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »