« 登録外品種いろいろ5 6月(2018) | トップページ | 常陸ノ錦 »

2018年7月 2日 (月)

お棚見学と交流会@東京

日曜日も暑かったですね。
 この日は東京支部で内々にベテランのお棚見学&交流会を致しました。
Rimg9401
 主たる目的は、ベテラン愛好家と入会して間もない初心者の方の間で、交流の機会を作るというものです。このような目的で行うのは支部でも初めての試みですが、春から企画を行い挑戦してみました。
 入会はしてみたものの、「結局のところどうやって育てたらいいのか分からない」、「病気が出ているようだけれど解決方法がよく分からない」、「交換会があるらしいけれどルールがよく分からない」等々、最初は誰もが苦しんだスタートがあったと思います。
 勇気を持って、イワヒバの輪の中に飛び込められればいいのですが、ハードルが高く感じる方もいらっしゃると思います。
 そこで年度始めの会報を配るときに、お棚拝見&交流会参加者募集の案内を廻して、希望者を募りました。5月時点では4人程参加希望の回答があったそうです。
 いいじゃないですか~。やっぱりお棚拝見希望や培養方法の悩みを抱えられている状況があるということが分かりました。
 で、当日になりました。予定が重なって結局2名不参加となりましたが、それでも2名の方が来られましたので、開催したかいがあります。
Rimg9411
 ここはSh理事のお棚です。屋上なんですよ。東京では広い庭を持つことはなかなか難しいですから、このように屋上で栽培されている方は珍しくないのです。
 ビル向けの大型空調室外機が設置されていまして、室外機の強風が廻らないように、室外機の周り3方を鉄板で囲っていたのが目を引きましたね。Sh理事は、ここで植え替えも挿し芽もされています。
 一通り見学した後、ビルの一部屋に場所を移して、飲み物を片手に涼みながら談話しました。お互いの自己紹介に始まり、Sh理事が用意されたイワヒバの培養の手引きの説明が行われました。私自身初めてお話する方もいらっしゃいました。顔と名前が一致するだけでなく、住んでいる場所やイワヒバ培養歴、そしてお人柄を知ることが出来ました。
 最初は、この企画どうなるかなーとドキドキしましたが、いやー、やって良かったです。
イワヒバという同じ趣味を共有出来るメンバーが増えることは有難いです。新しく入られた方々には気軽に交流の輪に加わって頂きたいと思いますし、今回のようなとっかかりを利用して、お棚拝見、交換会参加、そして展示会出品とどんどん活躍の場を広げていって頂きたいと思っておりますscissors

|

« 登録外品種いろいろ5 6月(2018) | トップページ | 常陸ノ錦 »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。