« 常陸ノ錦 | トップページ | 新しい棚では »

2018年7月14日 (土)

常陸ノ錦2

2014年以降、私の「常陸ノ錦」はどうなったか。
2017051_2
ちゃんと生きています(写真は2017年5月の姿)。
 記憶が正しければ、その2014年の夏、○様のお棚訪問時に持参しました。お見せしたところ、うん本物だね、と仰って頂きました。そして○様にお願いしてバキッと株を割り、F様由来の「常陸ノ錦」の一部を置いてきたのであります。
 これは何故かと言いますと、私はいつ枯らすか分からず、貴重な株はリスク分散でベテランの方のお棚に確実に残しておきたい、という勝手な願いを持ち、私のワガママで○様に押しつけてしまったのでありましたm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)mm(_ _)m
 ところで、流石○様といいましょうか。巻柏仙人様が所有されていた派手に柄が出る(溶けやすい)「常陸ノ錦」、石岡巻柏研究所様が所有されている青みの強い「常陸ノ錦」もお持ちです。さらには「常陸ノ錦」の増殖を試みる過程で、変異種も複数作出されています。
2016091
 これはそのうちの一つ。「常陸ノ錦」の変異種「天照(あまてらす)」(2016年9月の姿)。私の印象ですが、黄色い葉が生じ、親に比べて小ぶりにまとまる感じで、私の棚では秋口になると葉先がくるんとなります。
20180707hitachi_no_nishiki1
 こちらは2018年7月現在の我が家の「常陸ノ錦」です。元気にしていますよ~punch

|

« 常陸ノ錦 | トップページ | 新しい棚では »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。