« 暁牡丹 9月(2018) | トップページ | 複数株ある品種 »

2018年9月24日 (月)

剪定、細切、そして防風シート

20180924scene_2
 どうしてもやりたかったこと。
「風対策」
 我が家の作場はすごい風が吹き抜けます。
 葉先は成長点ですから活発に呼吸(蒸散)していると思うのです。しかしドライヤーを当て続けるように風がビュービュー吹く環境ですと、すぐに乾きますし、ろくに夜露もつきません。イワヒバにとってこれは良くないので、何とかしたいとずーっと思っていました。
 いろいろ考えた案の中から、防風ネットを張ることにしました。しかし!その前にもう一つ大きな作業がありました。目隠し用として、塀際に高さ2-3mの木(ネズミモチ)が植わっており、塀の外まで枝を旺盛に伸ばしていたのです。この塀の外に飛び出た枝をバッサリ切ることから始めなければなりません。
※ちなみにこの目隠し用の木は、人の顔の高さに枝が繁っており、下枝がなくてスカスカの幹だけなので、イワヒバにとって防風の役目はちっとも果たしていないのでした
 ノコギリ、剪定ばさみ、ナタをフル活用。剪定が終わった後は、枝を細かく切断。45Lの袋で間違いなく10袋以上は出ましたね。後は、シートを結束バンドと両面マジックテープで固定して、完成しました。やっと一安心

|

« 暁牡丹 9月(2018) | トップページ | 複数株ある品種 »

日記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。