« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月に作成された記事

2019年3月23日 (土)

桜が咲きました

東京では桜の開花宣言がありました。イワヒバを起こす目安として、イワヒバ愛好家の方々もソワソワしていることかと思います。私はといえば、もう少し待って4月始めの雨が続く日に起こそうかなと思っています。
Rimg1451
我が家の植物達。手前はタイ産マツバラン。本数が増えてきたこともさながら、丈も長くなってきました。その奧は胡蝶蘭。さらにその奧は観葉植物のセロームです。日の当たるカーテン越しに置いてあります。
Rimg1445
昨年2月に妻が参加する音楽イベントの関係で小美玉市の「みのーれ」に足を運びました。この胡蝶蘭はその時にK様から頂いたものです。赤系の花が咲く矮性品種の寄せ植えでした。花を楽しんだ後、妻が一生懸命世話をしておりましたがなかなか難しかったようで、昨夏に3株中2株が枯れてしまいました。おそらく水のやりすぎで過湿になったものと思われます、K様、すみませんm(_ _)m。その後、私が引き継ぎましてネットで調べながら培養しておりました(責任重大)。植え替えをして、日当たりや水やりを考えて、なんとか冬を乗り越えました。復調してきたように思います。新しい葉が二枚展開し、太い根も伸びてきました。株が充実すると花芽も伸びてくるらしいので、今年もう一度花を見ることができるのか楽しみにしております😃。
Rimg1456
こちらは、同じくその時に文爺様から頂いたニホンサクラソウ!今年も生えてきましたよ。ってこんなに増えるんですか??これは予想外!
今年の2月も「みのーれ」でニホンサクラソウの複数の品種を頂いてしまいました(私の親が好きだというのを覚えて下さり、新しく鉢に植えつけたものを準備して下さっていましたm(_ _)m)。花が咲いたらまたアップ致しますね。
Rimg1454
こちらはベランダ。斑入りジンチョウゲは花が散り、新芽を伸ばしてきています。大子のS様から頂いたウチョウランも新芽が伸びて来ました。現在23区内に住んでおりまして、以前住んでいた多摩エリアに比べると気温が高く、芽出しが早いように思います。ウチョウランの新芽がみんな同じ方向を向いているのは太陽を求めて伸びたから。放置しておくとそのまま斜めに伸びるので、トレーをぐるっと回して伸長方向を矯正します(キキキ)。
Rimg1464
なんちゃって盆栽のモミジ。出芽から真っ赤な葉を出す「紅鶴」という品種。
Rimg1468
黄色い軸のマツバラン「金九十九華」。昨夏の間に真っ黄色に染まっていた軸も、日に当たっていないと緑に戻るように思います。日をしっかり当てられない冬の間はしょうがないですね。後ろのぐねぐねしている品種は「玉巻龍」。
明日は上野に行ってこようと思います。

| | コメント (0)

2019年3月10日 (日)

春らしくなってきました。

朝日が昇るのが早くなりました。朝6時はもう明るいですよ。
我が家のまわりでは梅が散り始め、ハクモクレンが咲き始めました。雨が降るたびに、地面や木の枝に緑の芽吹きが増えるような印象です。休眠中のイワヒバも、コンテナの中に吹き込んだ雨の水で一部寝ぼけたように起きているものがいます。でもまだ起こしません。桜が咲くまで待ちます。
 我が家の作場を見回すと、成長は鈍いながらも雑草がそこかしこに生えて来たので、今日は草むしりをしました。昨年は日照管理を失敗して傷めてしまったので、今年はしっかりと寒冷紗を張って対策するつもりです。頑張るぞ~。
昨年撮影した写真より。
Chugoku_no_hana
「中国之華」:名前の通り、中国が原産のイワヒバですね。登録されておりませんが有名な品種です。。
Ourin
「黄琳」:登録外品種。萌黄葉類、下垂して葉先を巻き込みます。
Kinkouden
登録外品種3点。「白雪姫」(奧)。金晃殿(左手前)。銀星冠龍(右手前)。
活き活きしているイワヒバの写真を見ると、春が近づいていることもあり、ワクワク感が増して来ます。

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »