カテゴリー「日記」の1176件の記事

2018年12月11日 (火)

2018秋 金晃殿

20181118kinkouden
 登録外品種の「金晃殿」です。この株はあくまで単頭づくりで行ってみようと培養し続けています。が、何だかんだと脇芽を吹いてきて、これまで3回脇芽をもぎとりました(勿論、もぎ取ってポイするわけではなく、植え直して保持しているのですけれど)。
 下葉が密になってこんもりとした球形になっている姿はかわいいです。

| | コメント (0)

2018年12月10日 (月)

2018秋 黄金ノ華

20181118ougon_no_hana
 我が家の「黄金ノ華」です。2010年5月に巻柏仙人様のお棚を訪問した時に頂いた株なのです。4号サイズだった株も、今や尺サイズの鉢に入れる大きさに成長しました。えっ?なんで2010年とすぐ出てくるかですって??
 我が家に出入りするイワヒバはみんなリストに記録しているのでした。ラベルの字が消えたり、カラスにラベルを盗まれても(!)、最終的にリストを見返せば、まあ判別できるようになっております。

| | コメント (0)

2018年12月 9日 (日)

2018秋 華金襴

20181118hanakinran
 登録外品種「華金襴」。小葉でキラキラ光るような斑を出し、見所ありの品種と思います。春先は葉重ねよく、ある程度うまく作ることが出来ていたのですが、夏の管理に失敗して下葉を落としてしまいましたdespair

| | コメント (0)

2018年12月 7日 (金)

2018秋 墨絵黄冠

20181027sumieoukan
 登録外品種「墨絵黄冠」です。10月下旬の色合いです。培養経験が浅いためまだ何ともいえませんが、成長は遅そうです。水のやり過ぎや過湿に気をつけたいと思います。カラッとサラッと。

|

2018年12月 6日 (木)

12月になりました

前回は、人混みの中を歩くストレスの多さから愚痴めいた記事になってしまいましたcoldsweats01
 今年もいつの間にかもう12月。紅葉時期に撮った我が家のイワヒバの写真を、またポツポツ掲載していこうと思います。
20181118ryusei
 登録品種「竜勢」。登録前は「龍ノ華」で知られていました。私としては「龍ノ華」の方が馴染み深く、つい「龍ノ華」と口走ることも。登録年度は比較的新しい品種ですが、その時には既に大株をお持ちの方がいらっしゃったと思います。
 にゅーっと1本で伸びて「手のひら」が出来て、その後、「手の指」がまたにゅーっと伸びる二段芸が特徴だと思います。

| | コメント (0)

2018年12月 5日 (水)

脇目も振らずに

脇目も振らずに
最近街を歩いていると、この言葉が別の意味として感じられます。
辞書を見ると
「周りの様子を見ず、一心不乱に集中している様子」だそうです。
とあります。
ふむふむ。
では、この例文はどう読み取れるでしょう。
脇目も振らずに駅に向かう。
 以前の感覚であったら、電車に乗り遅れないよう、駅に辿り着くことに専念してまっすぐ向かっている様子が伝わってきます。つまり、強い目的意識と緊迫した空気や必死さを感じます。
 しかし最近の街中では、多くの方が携帯電話を見ながら横断歩道を渡り、狭い階段を上り下りして、駅に向かっています。ふらふらしたり、道をふさいだり、携帯電話を見ることに大変集中しています。
 行き交う人の波の中で、避ける様子も道を譲る様子も感じません。「避けてくれるだろう」という前提で歩き、誰かにぶつかられようなものなら、舌打ちする人までいる始末。
脇目も振らずに駅に向かう。
 現代の状況では、目的意識や必死さを形容する言葉ではなく、ながら作業をして注意力散漫な様子を表している気がします。
メロスは、メロスを待つ友の元へ脇目もふらずに走った。
メロスが携帯電話を見ながら走っている姿を想像すると切なくなります。

| | コメント (0)

2018年11月25日 (日)

2018秋の巻柏7

20181027suruganishiki2
 「駿河錦」です。10月下旬の写真です。頭の数は多いのですが、形がちょっといびつなので、来年補正してみようかと思案中。
20181118ryuoujishi
 我が家の「龍王獅子」、11月中旬の姿です。丈夫で成長は早いと感じます。芽が増えやすく、葉がよく繁るので、神経質にならずともこんもり綺麗なドーム型になってくれる印象があります。
20181118tamahimeryu
 「玉姫龍」です。小苗ながら、こんもりとした佇まいに惚れて今年手に入れました(増やしちゃいけないと思っているのですが、、)。

| | コメント (0)

2018年11月24日 (土)

2018秋の巻柏6

20181118kohakunishiki
 我が家の「琥珀錦」の小苗です。11月中旬の写真です。
20181118kinshunishiki
 今年手に入れた「金鷲錦」。「尾鷲錦」の変異種とうかがっています。赤黒く墨色が出るのかなと思って観察していたのですが、そのような色を確認できないまま、今年は水を切ることになりました(残念)。
20181118owasenishiki
 我が家で挿し芽増殖した「尾鷲錦」。こちらは赤黒くなっていました。

| | コメント (0)

2018年11月21日 (水)

2018秋の巻柏3

20181118yumegokoro
 登録外品種の「夢心」です。強光で日焼けして、その後傷んで弱った葉を放っておいたら、病気が広がりそうになって、慌ててクスリで止めました。
20181118takasago
 こちらは「高砂」。白い葉先を抱える姿、いいです。

| | コメント (0)

2018年11月20日 (火)

2018秋の巻柏2

20181027sainoou
 登録品種の「彩ノ王」、10月下旬の姿です。旧名「春日王」。あまり日を当てなかったので青みがちです。
20181118sekkakinryu
 遠目に見ても一発で品種が判る「石化金龍」。立性で、葉裏を見せるほど内側に巻き込みます。たまに”ほつれ”を取ってあげるようにしています。芯(成長点)がよく見えないので、元気なのかどうか不安になる品種です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧