カテゴリー「鸞鳳」の43件の記事

2017年4月12日 (水)

鸞鳳 4月(2017)

20170408rampou
 弱そうな葉姿で、毎年ちゃんと起きるのかどうか心配になる「鸞鳳」です。起きてきましたcoldsweats01

| | コメント (0)

2017年2月 8日 (水)

鸞鳳 2016

Rampou_2106
登録品種「鸞鳳」の定点撮影2016年版です。

 交換会でもなかなか出て来ない品種かもしれません。日本巻柏連合会の銘鑑(相撲の番付表のような一覧)から一時的に記載が保留されている品種となります(平成28年日本巻柏連合会会報より引用)。なお、銘鑑から漏れている品種とは、登録品種としてそぐわないという意味ではございません。昨今の数多い登録品種を銘鑑に全て掲載しきれない事情も背景にあり、流通量が圧倒的に少ない品種や、統合された品種等が外れることになります。”一時的に”という表現がその配慮として表れていると思います。
 平成3年の登録です。神奈川県から登録された数少ない品種として記憶に刻まれています。5、6月に乳白色を帯びた立ち葉が美しいです。株が充実するまで、無茶のない日照条件で育ててみるつもりです。

| | コメント (0)

2016年12月 7日 (水)

鸞鳳 12月(2016)

20161204rampo
 「鸞鳳」。12月の姿です。弱々しそうに立ち上がっております。いい加減に休眠させてくれと訴えているように感じますcoldsweats01

| | コメント (0)

2016年11月10日 (木)

鸞鳳 11月(2016)

20161103rampo
登録品種「鸞鳳」の11月の姿です。個人的には、春から初夏にかけて、白みがかった緑色の若い枝がスクスク伸びている時の姿が好きですconfident

| | コメント (0)

2016年10月20日 (木)

鸞鳳 10月(2016)

20161010rampou
 登録品種「鸞鳳」です。水をあげる度に倒れて地面にへたり込むのが気になって、ついに支柱を作ってみましたhappy02

| | コメント (0)

2016年9月16日 (金)

鸞鳳 9月(2016)

20160911rampou
 登録品種ですがレア品種の位置づけになりつつある「鸞鳳」です。初めて手に入れた「鸞鳳」は、大事に育てていましたが作落ちを繰り返し、最終的に夜空のお様になりました(キラーン)。
 この株は、光鳳園様で手に入れたもので、今度こそは!と大事に愛情を注いで育てております。入手時より作上がりしましたよ!
 春に植え替えて、梅雨時期の長雨に負けぬよう病気予防の薬剤散布して、梅雨明けに汚れた表土を新しく植え替えました。入り込んだコケもピンセットで丁寧に取りましたし!!頑張れ「鸞鳳」っrock。頑張れ自分っangry

| | コメント (0)

2016年8月 8日 (月)

鸞鳳 7月(2016)

20160731rampou
登録品種「鸞鳳」です。これ、水をあげると、ぺたん、って倒れるんですよね。乾くとまた持ち上がるのですが、負担がかかっていそうでちょっと気になっています。輪っかの支柱を作ってあげたくなりました。株元にあげれば解決しそうですが、いっぺんに水をあげているとそうも言ってられないしdespair

| | コメント (0)

2016年6月21日 (火)

鸞鳳 6月(2016)

20160612rampo1
「鸞鳳」:捩れの見られる少岐葉で立性。白みがかった明るい黄緑色をしています。
20160612sekkakinryu_2
皆様ご存知の「石化金龍」。こちらも同じく葉が立ち上がる性質を持っています。葉先は強く巻き込むので、中心部が隠れてしまいます。
20160612_xxsurugajishi
こちら「駿河獅子(変)」。立ち葉の3連チャンでした。

| | コメント (0)

2015年10月13日 (火)

鸞鳳 10月(2015)

20151010rampou
 登録品種「鸞鳳」です。すごく気に入っているという訳ではないんですけどねcoldsweats01。イワヒバを始めた頃に立ち葉のイワヒバに興味が湧き、手に入れたのが「鸞鳳」。苔を一つ一つピンセットで取ったり、風よけを作ったりさんざん面倒をみました。なのに、なかなか思うように成長させることが出来なかったので、内心は(今に見てろよ~)という感情で「鸞鳳」と張り合っているというのが正解です。

| | コメント (0)

2015年9月19日 (土)

鸞鳳 9月(2015)

20150913rampou
 登録品種の「鸞鳳」です。「燕尾」とか「龍登」とか、強い立ち性の品種は植え替えるのがとっても楽です。株の周りに土を入れやすいんですよねbleah。一方、一度芯に苔が入り込むと除去しづらいという短所もあります・・・despair

| | コメント (0)