カテゴリー「紫玉」の39件の記事

2013年9月20日 (金)

紫玉 9月(2013)

20130915shigyoku1
 青葉ものの代表格ともいえる「紫玉」です。盆栽のような株立ちの「紫玉」の渋さは、初めて巻柏を見た人にも「おっ!」と思わせるものがあると思いますconfident

| | コメント (0)

2013年8月24日 (土)

紫玉 8月(2013)

20130818shigyoku2_2
 8月の「紫玉」です。第二作場に置いています。ところで、第二作場の向かいのお宅には池があるそうです(塀があるので直に見たことはありません)。そのお宅が改築工事をされるらしく、最近あちらの池の住人が喧噪を逃れて第二作場の周りに出没します。

 イトトンボが、ツーっと飛んできたりして心が和むんですよ。一方、こんな来訪者もいました。

ヒキガエルです(あまり好きじゃない方はクリックしないでください)

20130818bufo_2

写真撮影をするために鉢を持ち上げたらいきなり居ました、しかも2匹!

「うおっ!」
と思わず大声出してしまいました。ぐっすり寝ていたのかもしれません。あちらも迷惑そうな顔をして、のそのそと暗闇に向かって這っていきましたcoldsweats01。蛙さんは害虫も食べてくれると思うのでこのまま居てもらおうと思っていますcatface

| | コメント (0)

2013年7月26日 (金)

紫玉 7月(2013)

20130720shigyoku1 20130720shigyoku2
 7月の「紫玉」です。表土に追肥だけして今年は植え替えをさぼってしまいました(鉢を大きくしたくないという我が儘のせいなのです。ごめんよ紫玉クンweep)。

| | コメント (0)

2013年6月18日 (火)

紫玉 6月(2013)

20130616shigyoku1 20130616shigyoku2
 6月の「紫玉」です。左側にもう一つ頭(芽)があるとバランスがよいのですけれど、、。

| | コメント (0)

2013年5月27日 (月)

紫玉 5月(2013)

20130512shigyoku2_2
 第二作場の「紫玉」です。我が家のベランダの棚では、玉獅子系統、黒牡丹系統の培養にどうも苦手意識があります。この「紫玉」、他に「金麒麟」、「黒姫山」等はそんな気持ちもあってこちらの第二作場に移動しました。ベランダでも5-6月はまだ良いのですが、盛夏や空っ風が吹き始める晩秋にこれらの品種が不機嫌な顔をしています。下葉が残らずせり上がる傾向にある気がしています(あくまで私のベランダの培養経験ですので、どこのベランダでもそうなるとは確認していませんけれど)。地面(土)に近い方が湿度があって良いのかなぁ、、、think

| | コメント (0)

2012年11月 2日 (金)

紫玉 10月(2012)

20121027shigyoku1 20121027shigyoku2
 「紫玉」です。株の形としては左側にもう一個大きな頭が欲しいですね・・。

| | コメント (0)

2012年9月11日 (火)

紫玉 9月(2012年)

20120902shigyoku1 20120902shigyoku2
 「紫玉」です。調子のいい頭(芽)は二つに割れてきたように思います。

| | コメント (0)

2012年7月26日 (木)

紫玉 7月(2012)

20120722shigyoku_2
 「紫玉」です。下葉が枯れてせりあがらせないように玉型にするのが理想です。適度な日照の他にある程度の湿度が必要なのかな~・・・。

| | コメント (0)

2012年6月28日 (木)

紫玉 6月(2012)

20120624shigyoku1 20120624shigyoku2
 「紫玉」です。青葉ものの代表格ですね。渋いですconfident。「紫玉」、「牡丹冠」、「玉獅子」、「黒牡丹」、「青龍」。このあたりの青葉ものの品種は定番の人気品種として、未来の巻柏銘鑑でもしっかり座席をキープしていることと思います。私はさらに「古今独歩」、「太平楽」、「華鳳」なんてのも、特徴が際立っていて好きですconfident

| | コメント (0)

2012年5月23日 (水)

紫玉 5月(2012)

20120513_shigyoku_b1 20120513_shigyoku_b2
 第二作場に置いてある「紫玉(b)」です。この写真は13日(日)のものです。その日は写真撮影だけしてきました。先日の日曜日(20日)は、朝から第二作場へ赴き、日がとっぷり暮れるまでひたすら植え替えをしていましたangry。月曜日は腰が痛くなりました(トホホ)。この「紫玉」も植え替えましたヨwink

| | コメント (0)