カテゴリー「中国之華」の42件の記事

2017年9月29日 (金)

中国之華 9月(2017)

20170916chugoku_no_hana1
登録外品種「中国之華」。6号サイズです。横から撮影。
20170916chugoku_no_hana2
上から撮影。この株は私が挿し芽してここまで育てたものです。
実は最近気付いたことがあります。この株に限って言えることなのですが、

一度も枯れ葉を取り除いたことがありません。

言い換えますと、
一度も枯れ葉を見た記憶がありません。

植え替えの時も、株本体を塊としてゴソッと持ち上げて、根鉢を軽く崩す程度です。ギッシリ詰まって状態が良さそうなので、株本体の中身は敢えていじっていません。どうなっているのか覗いて見たこともないので分かりません。内部の枯れ葉は、根を広げる媒体として活用されているのかな???

 ここ数年は毎年1号ずつ大きくなっています。来年は7号に植え替える予定です。このペースで順調にいけば、14年後に20号(2尺鉢)ですね。ケケケケsmile

| | コメント (0)

2017年8月23日 (水)

中国之華 8月(2017)

20170812chugoku_no_hana1
 こんもりしている「中国之華」饅頭!
20170812chugoku_no_hana2
 横から撮影。

| | コメント (0)

2017年7月15日 (土)

中国之華 7月(2017)

20170709chugoku_no_hana1
 我が家の「中国之華」7月の姿です。この春に6号サイズに植え替えたのですが、モサモサとまた伸びて来ました。
20170709chugoku_no_hana2
 横から。私が挿し芽した自作苗から育ててきたものです。我が家の環境に合って育ったせいか、有難いことに順調に育っております。
20170709chugoku_no_hana3
 横から、別角度で。上に伸びるというより横に広がる感じで育っております。

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

中国之華 6月(2017)

20170618chugoku_no_hana
 登録外品種の「中国之華」です。現在6号サイズです。5月はよく日に当たったせいか、葉元が少し黄色くなっていました。

| | コメント (0)

2017年5月28日 (日)

中国之華 5月(2017)

20170514chugoku_no_hana
 我が家の「中国之華」の5月中旬の姿です。現在6号鉢サイズ。

| | コメント (0)

2017年4月12日 (水)

中国之華 4月(2017)

20170408chugoku_no_hana
 前回ご紹介したときは、起こし始めだったので葉がくるんと丸まっていました。今はこんな感じです。

| | コメント (0)

2017年4月 1日 (土)

中国ノ華 4月(2017)

20170401xhugoku_no_hana
 名前を書かないと何だか分からないですねcoldsweats01
 今日から水をかけ始めた「中国之華」。早速開き始めていています(今日は雨も降っていますし)。

 同じように水やりしても、すぐ開く品種とそうでない品種があるように思います。

 「中国之華」、「北遠ノ花」、「墨獅子」は、起きるのが早いように思います。龍葉系は概して起きるのが遅いです。

| | コメント (0)

2017年2月18日 (土)

中国之華 2016

Chugoku_no_hana_2016
我が家の「中国之華」の定点撮影2016年版です。
 日本巻柏連合会には登録されていない、登録外品種となります。しかし、中国を原産とするこのイワヒバは、その由来や特徴からインパクトが強く、登録品種と同じくらいに愛好家の棚に広く普及しているように思います。一世を風靡したNHKの番組「シルクロード」の撮影スタッフの協力があったといわれています。中国雲南省地域の自生種だとか?

 他のイワヒバとは異なる独特の深緑、そして秋に葉元から広がる紅が特徴です。
 しかし!我が家のこの子は秋に日照時間を稼げないせいか、良い色が出ていません!残念・・・。2016年の秋は長雨が続いたこともり、2017年はもうちょっと色を出せるよう、チャレンジです。
 「中国之華」は広く普及しているとはいうものの、どうも培養には気難しさがあるようで、蒸れて枯らしたり、ボロボロ葉が落ちたり、苦労話を聞きます。かくいう私も別の株で同じ憂き目に遭いました。
 この株はけっこう成績が良いです。挿し芽の自作苗から育てているので、我が家の環境に合っているのかもしれません??
 参考になるかは分かりませんが、我が家の培養状況をお伝えします。マンションのバルコニーの培養なので風にあたって乾きやすい(蒸れづらい)かもしれません。水はあげすぎないようにしています。「中国之華」は鹿沼土の中粒と大粒だけで植え込み、小粒は使っていません。毎年植え替えています。マグアンプとバイオゴールドを使っています。
 あくまで培養の一つの方法として読んで頂ければ幸いです。イワヒバは環境によって生育具合が大きく変わると思います。

| | コメント (0)

2016年12月 7日 (水)

中国之華 12月(2016)

20161204chugoku_no_hana
 登録外品種「中国之華」の12月の姿です。こちらも渋い色合いです。秋から冬にもっと日が当たっていれば、また違った結果になるのかなぁ、と思っています。それにしても、背景のコンクリートと似たような色合い。まるで「保護色」(!)。
 コントラストのない被写体を前にして、カメラが苦しんでいました。

| | コメント (0)

2016年11月21日 (月)

中国之華 11月(2016)

20161119chugoku_no_hana1
 今年の日照不足の影響か、我が家の棚は秋の日当たりが悪いせいか、「中国之華」が綺麗な紅葉を示してくれませんでした。葉元に紅色が差すことを期待していたのですが。しょぼーんweep
20161119chugoku_no_hana2
 上から撮影した画像。渋い色合いです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧